ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

ロンドンタウンだ!

ロンドンタウンだ!

何だ!?ロンドンタウン!?
エッ!?何か事件!?ん!?アーカイブ決定!まさかポール!?
なんて事を思われた方、スイマセン…全く違います…以前、ブログで熱烈に取り上げたこの内容を覚えていますか?


ロンドンタウンが勝った!


今日注目のレースがありました。2017年9月10日・韓国・ソウル競馬場で行われる国際重賞GⅠ「コリアカップ」距離:1,800m(ダート・左)です。
昨年は日本馬・クリソライトが後続を突き放し圧勝(2着馬と6馬身差)しています。

今年のコリアカップの一番人気は、岩田騎手騎乗のロンドンタウン!やはり前レースのレコード勝ちが効いていますね。

二番人気は武豊騎乗の昨年の覇者・クリソライト。この馬は近2レース連続で2着ですので、昨年の覇者で武豊騎乗とは言え、二番人気でした。尚、このレースの日に、「コリアスプリント」(3歳以上・韓国GI・ダート1200m)が行われ、武豊騎手騎乗のグレイスフルリープが圧勝していましたので、コリアカップでも一番人気かと思いましたが、二番人気でしたね。


さて、(私だけが)気になるレースですが、結果は!なんと!ロンドンタウン、圧勝です!

コリアカップ ロンドンタウン勝利

1着:London Town(11番ロンドンタウン)、2着:Chrysolite(10番クリソライト)、3着:Papa Shot




薪浦さん、ロンドンタウン、おめでとうございます!
しかも昨年に引き続き日本馬ワンツー・フィニッシュの達成です!


先行逃げ切り、しかも大差!こりゃ~スゴイ…っと言って良いのか、それとも韓国馬がイマイチなのか…それにしても圧勝です。日本に戻ってきて、JRA・ダートのGⅠレース狙えるかも!本当に大注目です。

レース後の勝利インタビューを紹介致します。
先ずは、先に行われたコリアスプリントでグレイスフルリープに騎乗して勝った武豊騎手です。




そして、コリアカップでロンドンタウンに騎乗した岩田騎手です。



武豊騎手はコリアカップでは2着でしたが、コリアスプリントの勝利者インタビューでは、「カムサハムニダ(ありがとう)」と韓国語であいさつするなど、インタビューでは国際レースに慣れている武豊騎手の方が上手でしたね(笑)。さすがタケちゃん!

ところで、韓国の競馬場で勝利者インタビューする方は女性なんですね。しかも肩の開いた赤いドレスとは…お国変われば形式も変わる…それもイイかな。カムサハムニダ。


With
本物のロンドンタウンは…今、アビイ・ロードの状況は?と思って、日本時間21時20分に見てみると、なんと!工事中!
でも、そのお陰で交通量がいつもよりも少なくになっている事や、工事現場を壁にして、ファンの方々は思い思いに写真を撮られています。

ABBEY ROAD 2017-9-10 工事中1

ABBEY ROAD 2017-9-10 工事中2

ABBEY ROAD 2017-9-10 工事中3

ABBEY ROAD 2017-9-10 工事中4

今だったら、競走馬のロンドンタウンがアビイ・ロード横断出来るかな?

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

あぃういる says..."スバラシイ!"
ロンドンタウン勝ちましたね!
管理人さんの情報通りこのオーナーの会社は姫路本社で、社長は社の創立記念イベントにビートルズのコピーバンドを招き自ら唄ったりするかなりのマニアみたいです。出来る事なら赤穂のグラスオニオンも含めて播磨発ビートルズムーブメントを発信する企画を実現してみたいです。


2017.09.11 01:18 | URL | #- [edit]
haru says..."たそがれのロンドンタウン"
競馬のことは全く分からないのですが、
「ロンドンタウン」中三の時のリアルタイムアルバムで、その時の空気まで思い出されるアルバムです。
おこづかいの少なかった私は、レコードなど買えなかったのです。
ただ、この時代強い味方は「FM放送」NHKFMで、アルバム丸1枚、ナレーション等を入れずに放送してくれて、それをラジカセでエアチェック(!)したテープを、それこそ擦り切れる位聞きこんだものです。
カリブ海上でのレコーディング、メンバーの脱退。
ラジオでは「メンバーが脱退するときに、ポールは名盤を出す」とアナウンスしていました。
今ではどちらかというと地味なアルバムと扱われますが「幸せの予感」などに代表する、シンセサイザーの音も印象的です。その当時やっと和音を出せるようになったアナログシンセが、とてもきれいに使われていて、私は名盤だと思います。

シンセはその後、YMOやチューブウエィアーミー、クラフトワークやELOなどで独創的に使われて、ポール自身も「マッカートニーⅠⅠ」でテクノポールになりますね。ヤマハのFM音源やサンプリング出現前の、なんかワクワクしたアナログシンセの時代でした。

記事の趣旨には合わない投稿で、申し訳ありません。思い出深いアルバムなので。
2017.09.11 20:50 | URL | #kKgNjozQ [edit]
管理人から、あぃういる様へ says..."Re: スバラシイ!"
あぃういる様 ロンドンタウンへのコメント、ありがとうございます。
オーナーさん、喜んでいるでしょうね!韓国とは言え海外GⅠ制覇は名誉な事です。
播州赤穂+ロンドンタウン+神戸Penny Laneの兵庫県連合体で輪を広げたいですね!
今度のロンドンタウンのレースが楽しみになって来ました!
2017.09.11 21:54 | URL | #- [edit]
管理人からharu様へ says..."Re: たそがれのロンドンタウン"
haru様 Wingsのロンドンタウンへのコメント、ありがとうございます。
綺麗な楽曲のアルバムと思います。レコード、持っています。
当時の3名Wingsの様子を感じさせるジャケットです。
ライヴ向きではないかもしれませんが、ライヴで聞きたいですね。
2017.09.11 22:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2201-bc98c581