ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ゆめ参加in北海道 Part5・花と動物のサロベツ編

ゆめ参加in北海道 Part5・花と動物のサロベツ編

※画像をClickして頂くと、画像が綺麗に見れます。

これまでサロベツはあまり観光した事がありません。つまり、どこに行けば良いのか…先に宿を決めました。ペンション「手打ち蕎麦の宿 朱鞠内湖そばの花」
その宿は北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内(湖南端)と行った事がない場所の為、Google mapで調べると、稚内から約200kmとの事。凡その計画を立てて移動する事にしました。


2017年6月17日、この日からは移動手段はレンタカー!車はホンダ・FITハイブリッド!燃費抜群ですので、走行距離を気にせずに運転出来ました。尚、当旅行は一泊のみJTBさんで予約したのですが、それはオリックス・レンタカーを1日4,400円で借りる事が出来る為です。節約節約…

9時頃、宿をスタート!旅館「山一」さん、お世話になりました。食事大変、良かったです。

サロベツ原野 牧場2017

サロベツらしく牧場を横目で見ながら向かったのは、「サロベツ湿原センター」10時過ぎに到着。
昔行った時は、湿原を見た思い出しかありませんが…今は立派な建物が建っているではないか!このセンター、意外や意外、素晴らしいロケーションと設備です。素晴らしいセンターです!しかも入場無料!


サロベツ湿原センター2017

サロベツ湿原センター 花一覧


サロベツ湿原センター 20170617

何もありません…ただ野原?湿原が広がっているだけです。この広大さが気持ちイイのです。
エゾカンゾウが綺麗!

サロベツ湿原センター エゾカンゾウ20170617

サロベツ湿原センター エゾカンゾウ2017年6月17日

カキツバタ

サロベツ湿原センター

たんぽぽに似ているので、デイジー?

サロベツ湿原センター たんぽぽ

花の写真を撮られている方や、バードウォッチングされている方、皆さん、思い思いに楽しまれています。遊歩道しか歩く事が出来ませんので、ご注意を。
そんな時に、「おっ!シマアオジだ!」


サロベツ湿原センター シマアオジ

一本木の上に止まるのですね。絶好のポジションを撮影出来ました。

遊歩道を歩いていると、鳥のさえずりが聞こえるなど、本当にここは自然の宝庫です。このような所があると、一日ゆっくりしてしまいます。しかし、いつまでもいるわけには行きませんので、11時に出発しましたが、「サロベツをコースに入れておいて良かった~」と思いました。

232号線を走っていると、名所?風力発電所が所々で見られます。(雨も降っており、それ程、興味がないのでスルー)

名所?風力発電所 サロベツ 北海道


11時45分に幌延ビジターセンターに到着。サロベツ湿原センターと異なり小じんまりとした所で観光客も私達以外に1名のみ。中は立派な資料・写真が豊富にありました。外よりも中の方が良いかも…時間のある方は、じっくり展示物をご覧になられるのも良いでしょうね。

幌延ビジターセンター

幌延ビジターセンター内

幌延ビジターセンター周辺図

時間があれば、遊歩道を歩くのですが、この日は風が強くて…時間的にも余裕がないので、忙しく次へ…


12時にパンケ沼に到着。全く観光化されておりません。駐車場と遊歩道

サロベツ パンケ沼 駐車場

サロベツ パンケ沼

パンケ沼は、眺める観光地ではないのですね…周りの自然を楽しみところです。満喫されたい方は遊歩道へ…
尚、自然の中に大きな水があって沼や湖がある…っと言っても、どこも全て良いロケーションとは言えません。天候や風景などで、その印象って変わるものです。この日の夕方、その素晴らしい自然と造形を融合した湖を見ると違いが明らかです。この話は最後に…


12時30分、トナカイ牧場に到着。北海道にトナカイ!?なんだか結びつきそうで結びつかないトナカイですが、この時期はトナカイさんは出張がないので、沢山見る事が出来ました。

北海道 サロベツ トナカイ観光牧場

北海道 サロベツ トナカイ牧場1

北海道 サロベツ トナカイ牧場

この施設「トナカイ観光牧場」もなかなか立派ですので、お子さんと行かれるには良いと思いますよ。この施設、広い花壇があり、多くの花が植えられていました。これを見るだけでも行く価値ありです!因みに、入場無料です。


ブルーポピー (ここでしか見れない?)

ブルーポピー

スズラン

北海道 サロベツ トナカイ牧場 スズラン

北海道 サロベツ トナカイ牧場 スズラン2017

ルピナス

ルピナス 北海道 サロベツ トナカイ牧場

赤い花

北海道 サロベツ トナカイ牧場 赤い花


サロベツの風景と言えば、湿原・牧場ですが、お忘れになっていませんか?サロベツから利尻島って近いのです。利尻島から利尻山を見るよりも、サロベツから利尻山を眺める…これで最高なんです…が、この日は天候が曇りがちでなかなか見れなかったのですが、12時51分、ついに利尻山の姿を捉える事が出来ました!

サロベツから見る利尻山2017

いつ見てもイイですね…雄大で…

長く単調な道路を走らせていると、14時08分に、ふと黄色い花が咲いている場所を発見!これは、エゾカンゾウ!しかも咲き乱れているではないか!
この場所は「金浦原生花園」


金浦原生花園2070617

金浦原生花園2070617案内図

金浦原生花園2070617エゾカンゾウ

シーズン的に最後の方だったかな…かなり枯れかけでした。6月17日ですので、まだ大丈夫と思う時期ですが、全体的に温暖の影響で開花シーズンに影響を与えていますので、今後行かれるご予定の方は、掲載されている時期よりも、少し早めに行かれる事をオススメいたします。

エゾカンゾウ金浦原生花園2070617

これはスゴイ…これ程までエゾカンゾウが咲いている所は初めてです。こんな場所があったんだ…観光リストには掲載される機会がない場所です。こういった意外な良い発見があると旅って楽しいな~と思いますね。

次目的地は、北海道の海産物の名物と言えば、蟹!イクラ!そして、これですよね!ウニ!
ウニ丼を食べに「ココ・カピウ」さんに行きました。このお店、ウニ丼のウニの量が格段に多くて美味しいと評判なんですが、売切終了の時もあるので不安になりながら、15時に到着…果たしてウニ丼はあるのか…


ココ・カピウ

ココ・カピウ うに丼メニュー

到着するとすぐに、「むらさきウニ」を注文!大丈夫、ありました。
あとから聞くと、本日6月17日が初漁だったようです。どうやら海が荒れて、漁が出来なかったのですが、本日は漁が出来たので、こうして出して頂けるようになったようです。良かった…Luckyです!
こういうLuckyが何度もありましたので、本当にツイてるな~と感心しています。


ココ・カピウ 注意書き

ココ・カピウ むささきうに丼

ココ・カピウ 貝たっぷりのお吸い物


お腹が満杯になったので、あとは本日の宿「手打ち蕎麦の宿 朱鞠内湖そばの花」へ向かいました。232号線を離れ、239号線へ…田舎道ですが、舗装はされていますので安全です。
曲がりくねった道を走らせると「おっ」っと言う動物を見掛けました。
「キタキツネだ…」


サロベツにて キタキツネ

サロベツにてキタキツネ


そう言えば、北海道に来て、動物に触れ合ったのは、礼文の猫、サロベツのトナカイ…なんだか北海道って感じがしませんね。これで、やっと北海道らしい動物を見ました。これもLucky!

そして、やっと17時30分にペンション「朱鞠内湖そばの花」付近に到着。でも、せっかくココまで来たので、予定にはなかった朱鞠内湖へ…これが意外と良いロケーションである事を発見!


朱鞠内湖 雨龍ダム2017

朱鞠内湖 雨龍ダム

なんだ!この静かな自然溢れる湖は!周りの風景も綺麗…天候が良かった事もあり、青空の青さが水面に映る澄んだ風景です。

湖の湖畔の方にも行ったのですが、これがまた良い風景!

朱鞠内湖 遠景

朱鞠内湖 白樺

時が止まっているかのようです…これまで何度も北海道に来ていながら、こんな素晴らしい湖があるとは知らなかった…驚きと美しさで興奮しました。時間があれば、ボートに乗っても良かったかな!
尚、冬場はワカサギ釣りで大勢の方が来られるそうです。


朱鞠内湖 遊覧ボート

朱鞠内湖 手漕ぎボート

この朱鞠内湖って、あとで知ったのですが、雨龍ダムと言うのです。つまり、ここは人工のダム。それが湖として、皆さんの憩いの場となっているのですね。
自然と造形が生み出した美しい湖です。もっと観光地化されても良いと思うのですが、場所が不便…でも、これ程美しい湖ですから、もっと有名になって行くでしょうね。


朱鞠内湖 雨龍ダム 案内図


そして、宿に到着!この宿については、語り尽くせない程、話があります。
若いご夫婦お二人だけで経営されていますが、なかなか素晴らしいペンションです。

ペンション「手打ち蕎麦の宿 朱鞠内湖そばの花 外観

ペンション「手打ち蕎麦の宿 朱鞠内湖そばの花 室内

夕食を一部のみ紹介致します。蕎麦づくめの夕食です!下記の画像だけでなく、まだ料理があるのですが、それは宿泊されてお食事を堪能して下さい。


ペンション「手打ち蕎麦の宿 朱鞠内湖そばの花 夕食

ペンション「手打ち蕎麦の宿 朱鞠内湖そばの花 蕎麦


ふと、外を見ると何やら動物が…あっ!子鹿だ!
普段、奈良にいますので、鹿は見慣れていますが、北海道で見る鹿はまた格別ですね。
(画像をClickして頂くと、子鹿だと分かります。


ペンション「手打ち蕎麦の宿 朱鞠内湖そばの花 子鹿


そんな長~い一日となりましたが、無事終了。
お陰で、今日も長編旅行ブログでしたが、ご覧になって頂き、ありがとうございます。
明日は、美瑛・富良野編となります。こちらの方もご覧になって下さい。宜しくお願い致します。


With
北海道旅行記の掲載に時間が掛かってしまって、ポール話が途絶えてしまったが…
オーストラリア2追加公演決定!もうチケット販売されている(早い!)…よりも、ロンドンタウン(競走馬)JRA・G3で優勝!の方が興味があります。なんせ、この次は…こりゃ~面白いレースになりそうだ…って、この話は、また今度かな…

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2179-1dbc35ec