ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ゆめ参加in北海道 Part3・礼文島 桃岩騒動記 編

ゆめ参加in北海道 Part3・礼文島 桃岩騒動記 編  2017年6月15日
(過去最高の長編です。盆休みですので時間を掛けて読んで下さい。)

※画層はClickしてご覧になって下さい。

14日、雨と霧と風の利尻編、如何でしたでしょうか?
と言っても、これでは「利尻ゆめ参加」気分にならなかったと思います。聞く所によると、島巡りっと言うのは、元々無いもない所にも関わらず、風景の良さを楽しみに観光される場合が多いのですが、その観光は天候で左右されるのです。
つまり14日のような天候だと正しく「何もない」に満足出来る方はほとんど居られないわけで、雨・風だと怒って、「もう二度と来ない!」と言われるツアー客の方が居られるそうです。でも仕方がないでしょう…天候だけはどうにもなりませんので…そんな話もありながら、6月15日の朝を迎えました。


旅館「雪国」のボリュームパワー食事は続きます。朝食の目玉は、「イクラの食べ放題!」

利尻島 旅館「雪国」 朝食

利尻島 旅館「雪国」 朝食 イクラ

美味しく頂きました。ありがとうございます。
今朝は雨が上がり、やっと利尻山が見えました!


2017年6月15日 利尻島


さて、次の目的地はお隣の島、礼文島です!9時20分・鴛泊発(利尻)のフェリーに乗船して、10時05分・香深着(礼文)へ
この礼文島の観光はトレッキング&花探索が目的です。
この礼文での観光の問題は、1泊2日で、どこまで観光出来るのか?移動手段はバスと徒歩!宿泊の「ペンションう~に~」さんに電話で相談し、日程を決めました。ありがとうございました。


フェリー乗り場で、「う~に~さん」と待ち合わせ、荷持を預けて、「香深・レブンウスユキソウ群生地林道」に午前中、行く事にしました。
元地側林道入口まで車で送って頂き、小雨が降る中、10時26分スタート!
林道ですので…何もありません…ただ山道と野原道を進むだけ…海岸が近いのですが、霧で先が見えない…ん…一体到着地点はどこだろうか…ほとんど人とも出会わない…平日のこんな天候ですからね…途中で見掛けた花を撮影するのが唯一の楽しみでした。


香深・レブンウスユキソウ群生地林道 20170615-2

香深・レブンウスユキソウ群生地林道 20170615

香深・レブンウスユキソウ群生地林道 20170615-1


やっと11時02分、山小屋らしき所に到着!

香深・レブンウスユキソウ群生地林道 20170615 山小屋

ここが折り返し地点なんですね!トイレもありますので安心です。
36分のトレッキング…いや…もっと長く感じましたけどね…天気が良ければ、最高の風景なんですが、ご覧の通り、霧で見え難い…癒やしてくれるのは花だけ…


レブンウスユキソウ群生地林道 20170615

・レブンウスユキソウ群生地林道 20170615 看板


レブンウスユキソウ群生地を折り返し、香深の港に戻ってきました。
ここに来た目的は、昼食!食堂「ちどり」で、ホッケのちゃんちゃん焼きを食べる事!
う~に~さんで教えて頂いたのですが、このお店は「うに丼」と「ホッケのちゃんちゃん焼き」の発祥のお店なのです。
注文は勿論、ホッケのちゃんちゃん焼き!


礼文 ちどり ホッケのちゃんちゃん焼き

炭火でじっくりと焼くホッケは美味しい!小骨も砕ける美味しさです。ただ、このホッケを注文される方が多いので、店内は煙でモクモク…観光客だけでなく、地元の方にも愛されるお店なので店内満員でしたね。安心して来店して下さい。

さて、午後の日程は、「桃岩展望台コース」のトレッキングです。
スタート地点の「北のカナリアパーク」までは、う~に~さんに送迎して頂きました。再々ありがとうございます。
この「北のカナリアパーク」は、2012年に公開された映画「北のカナリアたち」のメインの舞台になった場所です。監督は阪本順治。1989年、赤井英和主演の映画「どついたるねん」がインパクトありました。主演は吉永小百合さん、共演は森山未來さん、満島ひかりさん、勝地涼さん、宮﨑あおいさん、小池栄子さん、松田龍平さんと豪華俳優陣です。勿論映画見ました。公開前から舞台が礼文・利尻・稚内と知っていました。特に、このロケ地には行きたかったのです。


礼文 北のカナリアパーク

この映画についての地元話を少し…

映画のスタッフが物語に合うロケ地を日本全国探していた所、礼文の町長が誘致して、この礼文に決まったようですが、小学校の撮影は既存の校舎を使う予定だったが、今時の校舎はどこも綺麗でイメージに合う校舎はなかったようです。ところが、阪本順治監督?が利尻島が見えるこの場所(上記画像)を気に入り、何も無かった野原に、町の協力(資金)で校舎を建てる事になったようです。実はこの誘致の為に援助金額が掛かったようで、税金かなり使ったようです…ロケ地誘致も楽ではないのですね。

礼文 北のカナリアパーク 小学校


その後、インフラを整備して立派な公園にしています。
小学校内に映画の案内や衣装、パネル、出演者のサインなどがあります。詳細は訪問されてお楽しみ下さい。
そして、小学校の側に休憩所があるのですが、これも立派です。綺麗なトイレも自動販売機もありますので、助かります。
雨が降っても、雪が降っても、ぜひ、この場所に行って、雄大な利尻山をご覧になって頂きたいです。素晴らしい場所です。時間があったら、半日くらい利尻山を眺めていたい程のロケーションです。今は周りに何もありませんが、数年後にはホテル・民宿・飲食店が建って、もっと立派な観光地になるでしょうね。


礼文 北のカナリアパーク 休憩所


さて、桃岩展望台コース(知床口)を13時30分スタート!
歩き始めて気が付きました…本当に何もない…一面野原…山道…30分経過しても、まだこのような路…


桃岩展望台コース 路

綺麗で可愛らしい花を見ながら、トレッキング

桃岩展望台コース 花の案内図

レブンキンバイソウ

桃岩展望台コース レブンキンバイソウ

チシマフクロウ

桃岩展望台コース チシマフクロウ

…っと聞くと優雅な感じがしますが、小雨&強風&霧…これでは利尻島の再現か…しかも、人っ子ひとりもいない道…夫婦二人で歩く道なのか?これは…一時間後、辿り着いたのは、元地灯台。

桃岩展望台コース 元地灯台

灯台だ~って言っても、小雨・暴風・霧でじっとして見ている事なんか出来ません。
その間、ず~っと、このような風景です。
14時34分の風景…


桃岩展望台コース 路


14時40分、あの紅色の屋根が、懐かしのユースホステル桃岩荘だ!

桃岩展望台コース 桃岩YH

1泊したかったが、今回は趣向が異なるのでヤメにしました。私が頻繁に行っていた30年前は超話題のYHで、宿泊者全員で歌う!踊る!観光は「愛とロマンの8時間コース」とハチャメチャで元気なYHでしたが、時代には勝てず、今は大変なようです…頑張れ!桃岩荘!



桃岩展望台コース 長路

この道を延々と歩きました…霧と風が酷くて観光気分ではありません。耐久トレッキングって感じです。途中、断崖絶壁の道の所で強風!!安全ロープがないと崖から落ちるのでは?と思い、ロープをしっかり握りしめていました。しかも霧で見えない…この道、どこまで続いているのだ!?桃岩って、どこ?見えないのだが…

なんとか歩き始めると、道の先から一人のトレッキングされている方が、こちらに向かって歩いてくるではないか!
「元気な方だな~強風なのに…」、近づいてくると、その方、若い女性の方ではないか!装備はトレッキング完全装備!かなり慣れている方とお見受けしました。すれ違い時に、「こんにちは!大丈夫ですか?」と声を掛けると、ニッコリして「大丈夫です!」と明るく答えてくれました。
「大丈夫なんだ…」こんな強風と霧なのに…と励まされたと言うか、歩くことが出来る道が、この先にあることが分かったので、一安心?


道もご覧の通り…

桃岩展望台コース 泥道

あ~あ、靴もドロドロ…

桃岩展望台コース どろんこの靴


そんな状態で、桃岩が見える展望台に到着!
図面の下方「知床」の右側が、「北のカナリアパーク」スタート地点です。

桃岩展望台 案内図

桃岩が見える場所にいる…はずですが…霧で見えません…桃岩どこだ!


桃岩展望台 到着

さあ!帰ろう…と言っても霧道です。

桃岩 案内矢印

先は全く見えないが、矢印があるので間違いないだろうと思い、この道を下り…歩いて…歩いて…15時44分・桃岩展望台コース(桃岩口)に到着!2時間14分掛かりましたが疲れましたね…歩いた事よりも、強風と霧に悩まされた事で疲れました。

桃岩展望台コース(桃岩口)


でも、これがゴールではありません。宿泊のペンション「う~に~」まで歩きました。途中、高山植物に癒やされながら…

桃岩 高山植物


無事、到着して良かったです。強風と霧の中でしたが、う~に~さんから頂いた案内図と教えがあったお陰です。ありがとうございます。
ペンション「う~に~」さんの事も掲載しなければ…家族経営のアットホームなペンションです。
洋風の建物、食事はフルコース!


ペンションう~に~ 礼文島 メニュー

前菜

ペンションう~に~ 礼文島 前菜

本当にお腹いっぱいになりました!
料理の数が多すぎて、残される方も居られるくらいです。注意!ビールを飲むと食事が全て食べる事が出来ません!


ウニのお値段が年々高くなっているにも関わらず、ウニもメニューに入っています。頑張っています!

ペンションう~に~ 礼文島 ウニ

最後に、メニューの「オリジナル・う~に~」は、これです!

ペンションう~に~ 礼文島 オリジナル・う~に~

エッ!?中身は…どんな味?それは、「う~に~」に宿泊してご賞味あれ!

繁忙期は、なかなか予約が取れないと聞いていますが色々な意味で納得します。このようなペンションさんに、本当に長く続けて頂きたいです。
そう言えば、う~に~さんのキャラクターは、部屋だけでなく、食器にも!これも、このペンションの良さかな!


ペンションう~に~ 礼文島 キャラクター


礼文島の初日は、強風と霧のトレッキングで、一般の観光客なら、「もう嫌だ…」と思われるような天候でしたが、それが自然のある礼文島の楽しさです。そんな礼文と分かって、明日(6月15日)も礼文トレッキングです!
う~に~さんには、15日にも助けられます!ありがとうございました!
この話は、また明日!


With
ゆめ参加in北海道 Part3・礼文島 桃岩騒動記 編 
長編ですが、最後まで読んで頂けた方に感謝致します。
まだ続きますが、呆れずに読んで頂けますように、宜しくお願い致します。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2177-bf684532