ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ふしぎ発見・ポールのステージ・ジャケットの裏地

ふしぎ発見・ポールのステージ・ジャケットの裏地

今年の夏は、暑い…暑い…暑い…暑さでグッタリです。
クールビスが普及したお陰で背広を着なくても良いので、その分、気が楽ですが、一昔はどんなに暑くても仕事中は背広を着用、または持参が常識でした。


生地がウール素材の背広は暑苦しい代名詞ですが、袖を通すと意外や意外、さらっとしていて気持ちが良い時がありました。その理由は…裏地があるからです!
特に、素材がベンベルグであれば、滑りがあって、吸湿性があり、柔らかくて軽い…って特徴があり、裏地に最適な素材として、多くの背広に使用されていました。
私も若い時に買った背広の多くは、ベンベルグやトリアセテートでした。でも、今は安い背広しか買わないので、裏地はポリエステルですけれども…
そんな裏地の事を思い出したのは、この画像を見たからです。



7月10日・フロリダ州・Amalie Arena.Tampa ポールマッカートニー

7月10日・フロリダ州・Amalie Arena.Tampaでの公演で着用していたジャケットの画像です。
発見:tebichi様(ありがとうございます。)


裏地に注目!

7月10日 タンパ 裏地 Paul McCartney

薄い色使いでありながら鮮やかな絵柄です。青い花びらは紫陽花かな…紅色は何だろか…今ではなかなかお目に掛かれない織物です。古絹布を裏地に使っているのですね。
ん!?この柄どこかで見たような…そうだ!今年の武道館公演で着用していたジャケット!
念のため確認すると…


2017ポール武道館 jacketの裏地


同じだ!!表地も、滑らかな白ライン、裏地の絵柄も…
USツアーの初日は「軍曹ワッペン」、二日目は、この古絹布を使ったジャケットと日本公演で着用したジャケットやワッペンを再び活用しているなんて、嬉しいではありませんか!
日本で着用したジャケットをポールは気に入っているって事なんでしょうね。


ステージに上るアーティストは派手な服装や流行りの衣装を着たり、時にはシンプルな服装で登場する人もいますが、ポールのように表側だけでなく、裏地にもセンスが見られるステージ衣装を着用するアーティストは、なかなかいませんね。
しかも、その裏地を見せてくれるなんて!嬉しいですね。


2017 Paul McCartney 武道館 裏地を見せる


この流れからすると、ホワイト・ソフト・ラインのジャケットであると、裏地に注目か!?と思いきや、そうでもない時もあります。
7月18日 Chesapeake Energy Center, Oklahoma City


チェサピーク・エナジー・アリーナ ポールマッカートニー1

アップにすると…ん…裏地が無地ですね…

裏地が無地


それでも、気になるポールのステージ衣装の裏地!無地だと素材が気になるのは私だけか…
隠れた所にオシャレがある!そんなジャケットの発表を今後も期待したいです。
そして、白跡のストレッチ・ブラック・ジーンズの謎についても、発表して欲しいですね!


With
本来なら、今日の話題は、これだったかな…

AbbeyRoard ポールマッカートニー公演

Penny Lane ROAD

カンザス州ウィチタでポールの公演が開催される事を記念しての限定通り名ですね。

ポール・マッカートニー公演を記念して米カンザス州ウィチタに“ペニー・レイン通り”と“アビイ・ロード通り”が期間限定で登場

日本でもポール歓迎として、このような名称を付けて欲しいですね。
多くのファンが見に来られると思いますよ…もしかして、このような団体の方々も来られるかも…

パイレーツ・オブ・カリビアン&ポールマッカートニー

皆さん、いい笑顔ですね!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2157-ffa67b96