ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
6

100歳でヒットチャート!?Vera Lynn100 (ヴェラ・リン100)

100歳でヒットチャート!?Vera Lynn100 (ヴェラ・リン100)

音楽はどんな時に聞かれますか?
楽しいひと時を過ごす時?気持ちを高ぶらせたい時?悲しく落ち込んでいる時?そして、気持ちを落ち着かせたい時…その時その時で状況が異なりますね。
今、このアルバムを聞いて、あの時、あの頃を思い出して聞かれている英国の方が大勢居られるでしょう。
そのアルバムは、「Vera Lynn100」


ヴェラ・リン100


ヴェラ・リン…ご存知ですか?いや…?見たことないと言う方が日本では大半だと思いますが、英国では国民的大スターです。でも、彼女の活動は1935年からで、第二次世界大戦中には、「イギリス軍の恋人」と言われていました。

彼女は1917年3月20日生まれ、現在99歳。
その彼女が3月17日にニューアルバムを発売しました。タイトルは「Vera Lynn100」
3月20日の誕生日で100歳になる事を記念してもアルバムです。
これまでのヒット曲をオリジナルのヴォーカルをフィーチャーしつつ、オーケストラで再録音しております。
アレキサンダー・アームストロングやアレッド・ジーンズとのデュエットも収録しています。





AmazonUKでは既にアルバム・チャート3位です。全英ヒットチャートとしても間違いなくランクインし、1位も!?ヒットチャートにランクインすると、最高年齢の更新となりますが、最高年齢としては破られない記録になるでしょうね。

早速、Spoifyで聞くと…何とも落ち着いた感じの良い歌声です…良いですね…ポールのチケット騒動で疲れた私の心を癒やしてくれます。

あと2日で100歳。おめでとうございます。
長生きしていれば、こんなに素晴らしいアルバムが発表出来るのですね。
長生きバンザイ!!


あれっ!?今日はポール話は…
それは、「また、逢いましょう」
We'll Meet Again





 また会いましょう、どことも知らず、いつとも分からないけれど
 でもいつかまた晴れた日に会いましょう
 いつものあなたのように笑顔を絶やさないで
 青空が暗い雲を吹き飛ばしてくれるまで

 知ってる人に会ったら、ハローと言って
 もうじき私に会えると伝えてちょうだい
 私がこの歌を歌っていたと知れば
 きっとみんな嬉しがるでしょう

 また会いましょう、どことも知らず、いつとも分からないけれど
 でもいつかまた晴れた日に会いましょう

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

みっち says..."One after 909"
今日はいい事ありそうです。
何せ久々の1拍手が取れたのですから。
99歳素晴らしいですね。
ちなみに私の母は88歳。
ポールはまだまだ若いです。

2017.03.18 15:22 | URL | #- [edit]
管理人から、みっち様へ says..."Re: One after 909"
みっち様 1番拍手、ありがとうございます。
1拍手で良いことがある!?夢参加神社みたいですね(笑)。
お母様、お元気で良かったです。みっち様のお母様に1拍手!
そして、多くの拍手をポールへ!

2017.03.18 15:46 | URL | #- [edit]
haru says..."(祝)ポールマッカートニー500号"
管理人様、カテゴリーの「ポールマッカートニー」が、気が付いたら501でした。
300号の時は、すぐにお祝いやカウントダウンを申し上げたのに、すっかり落としていました。

でも、改めて、500号、おめでとうございます。
間違いなく偉業です。

そして、ポールのカテゴリーも、以前より細かくなっているので、実数は600を超えていらっしゃるかもしれません。

次は王貞治氏の868号を目指して、その次は1000号突破
1000号を突破することには、次の次の来日記念になるでしょう!!

しかし、ポールの記事でないのに、場違いな投稿になり、申し訳ありません。

改めまして、管理人様、500越の幸せをありがとうございます。
2017.03.18 20:29 | URL | #kKgNjozQ [edit]
管理人からharu様へ says..."Re: (祝)ポールマッカートニー500号"
haru様 お祝いメッセージ、誠にありがとうございます。
長年アクセスして頂き、そして熱意のあるコメントにも感謝致します。
Paul McCartney中心のブログになろうとは…定番の更新が出来る事は有り難いことです。
目標は1,000号ですか…ポールの公演もありますので楽しみは続きますね。
そして、1on1ツアーの皆様からの投稿を応募して、掲載する事も楽しみです。
haru様、そして、皆様に楽しんで頂けるブログを更新して行きますので、よろしくお願い致します。
2017.03.18 20:57 | URL | #- [edit]
KK says..."Vera"
ベラリンさんの記事ありがとうございます。ベラさんのことを知ったのはピンクフロイドの大ヒットアルバム、The Wallです。まさしくVeraというタイトルの曲があります。メンバーのロジャーウォータースの実体験から生まれた作品で、2枚組アルバムとボブゲルドフが演じた映像作品は衝撃的でした。
戦争の悲劇、冷戦についても描かれていますが、この曲はWe will meet againのアンサーソングと言われて、再会がかなわなかった悲しさが伝わります。
コンセプトアルバムとしても優れているので、久しぶりに聞いてみたくなりました。

李香蘭さんの歌にも共通する歌声ですね。
2017.03.18 23:55 | URL | #VhNaT.1s [edit]
管理人からKK様へ says..."Re: Vera"
KK様 ヴェラ・リンさんへのコメント、ありがとうございます。
ピンク・フロイドのThe Wall、衝撃的なアルバムです。テーマ、サウンド、ジャケットetc
Vera!Vera!と悲壮な叫びが印象的です。アンサーソングetc さすが!KK様、鋭い指摘!
日本でthe wall tourがあったら行きたいですね。ロジャー・ウォーターズさん、待っています。
2017.03.19 08:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2036-dc61a174