ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

ドキュメント作品は監督次第!?

ドキュメント作品は監督次第!?

ポール&O2様のコメントの通り、来年?Ringo Starrのドキュメント映画が公開されるようです。




まだ内容や公開日が発表されていませんが、coming soonですので、近々?いやいや来年中だったら早いほうかな…という感覚です。
このニュースを見ると、「そう言えば、ジョージの作品を見てなかったな~」と思い、やっと観ました「ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」(George Harrison: Living in the Material World)


George Harrison: Living in the Material World


Amazonプライムで観たのですが、この作品、208分もあるのですね…長い…
長いのですが、前半はジョージの事を踏まえながらビートルズの話満載、なんと言ってもライヴの映像において臨場感があって楽しめましたね。ただライヴの順序が…?でも前半はまた観ても良いかな…で、後半は…インタビューが多くて、ちょっとダレてしまいます…最後の方は…とあまり記載するとネタバレになってしまいますので、まだご覧になっていない方、今度観て下さい。感激しますよ。でも長いので時間がある時に。


ジョンレノンは…沢山ドキュメント作品がありますので、どれが良いやら…これらの作品はAmazonプライムでは観れません。残念…
ビートルズは、なんと言っても、「EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」!この作品は映画館では観ましたが、今度はBlu-rayで観ます。12月21日発売が楽しみです。
ジョージの作品と、ビートルズの作品と違いますよね…その違いはどこから生じてくるのか…それは…監督です。


ビートルズ・「EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years」はロン・ハワード監督でしたが、この監督が選ばれたのは、アップル社がアカデミー監督に作品を依頼したかったと言われています。まあ「アカデミー賞」は権威がありますからね…でも、もしかして、ジョージ・ハリスン・Living in the Material Worldがマーティン・スコセッシ監督であった事を意識したかもしれませんね。

Mスコセッシは、「タクシードライバー」、「レイジング・ブル」、「ハスラー2」、そして監督賞の「ディパーテッド」など社会派、娯楽だけでなく、音楽でもザ・バンドやストーンズの作品もあります。

レイジング・ブル 映画


そして、アメリカ作品が上手なRハワードは、「バックドラフト」、アカデミー賞監督賞・作品賞の「ビューティフル・マインド」、「ダ・ヴィンチ・コード」、上映中の「インフェルノ」と話題性の高い作品が多いです。


ビューティフル・マインド


で、リンゴのドキュメントで気になるのは、公開日は?未発表ライブ映像?音源?そして、監督は誰?
エッ!?監督って重要なの?って、重要なんですよ、作品全体の構成が絡んで来ますので。
さて、こちらも方のドキュメンタリー作品を撮られても良いと思うのですが…そうです。ポール・マッカートニーです。


手始めに、ライヴ映像化からされませんか?そして、このツアーから…
今日の「Paul McCartney Back in 1on1」は!


Paul McCartney 5月30日 フランス パリ 12区…ベルシー・アリーナ 16,000人 Accor Arena, Bercy, Paris

5月30日 フランス パリ 12区…ベルシー・アリーナ 16,000人 Accor Arena, Bercy, Paris

ネット・ライヴ観ていましたが、良かったですね~
現地で観られた方は、もっと良かったでしょうね!!

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

FAB says...""
lightnews says..."FAB様 Re: タイトルなし"
FAB様 オススメのDVD,ありがとうございます。
イマジン ジョン・レノン 特別版 [DVD]
まだ観ていないので、今後観てみます(レンタルですが)。
11月はポール来日を願う月、12月はジョンを想い出す月ですね。
2016.11.27 22:22 | URL | #- [edit]
KK says..."マテリアルワールド"
ジョージを襲った暴漢の事件、この映画を見るまでは生死を分けるような事件とは思っていませんでした。ジョンのイマジンでは侵入者に食事を与えるシーンが印象的。スーパースターも1人の人間、ストーカー的に追い詰めるファンはどんなものかと思います。
ロンハワードさんはアポロ13でも有名ですし、ドキュメンタリー、さすがの出来栄えでした。
リンゴの映画、楽しみですね。自ら演じると言い出しそう^_^
2016.11.28 18:39 | URL | #VhNaT.1s [edit]
lightnews says..."KK様  Re: マテリアルワールド"
KK様 マテリアルワールドへのコメント、ありがとうございます。
暴漢…ゾッとします…海外ではあり得ることなのでしょうか…ジョンの事もありますし…
そんな事を払拭したポールやリンゴは素晴らしいです。
リンゴの映画も期待しましょう!
2016.11.28 22:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1938-cd4a8a16