夢参加NAブログwithポール・マッカートニー2017 Budokan&Tokyo Dome

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
6

今年、ビートルズ本を何冊買われましたか?~祝!ノーベル文学賞・Bob Dylan

今年、ビートルズ本を何冊買われましたか?~祝!ノーベル文学賞・Bob Dylan

ビートルズではないのですが、以前からの注目している本があります。それは、Bruce Springsteen 「Born To Run」(ボーン・トゥ・ラン:ブルース・スプリングスティーン自伝)上下巻・各2,592円・上364ページ・下357ページ
価格もページ数も立派な本です。発売されると各国でBookチャート・1位を獲得するなど話題の本です。


Born To Run」(ボーン・トゥ・ラン:ブルース・スプリングスティーン自伝)

ボーン・トゥ・ラン:ブルース・スプリングスティーン


ボス自身も精力的にPRしており、雑誌へのインタビュー

ボス自身も精力的にPRしており、雑誌へのインタビュー

朗読会

Born To Run 朗読

本屋でファンと交流会

ボーン・トゥ・ラン:ブルース・スプリングスティーン自伝 交流会 本屋

ボーン・トゥ・ラン:ブルース・スプリングスティーン自伝 本屋

meeting fans and celebrating

meeting fans and celebrating

Born To Run」(ボーン・トゥ・ラン:ブルース・スプリングスティーン自伝 交流会

TV番組への出演

ボーン・トゥ・ラン:ブルース・スプリングスティーン自伝 TV

などなど、自伝と同じく発表されたCD「チャプター&ヴァース」よりも本の方が話題です。それ程、本の影響力って大きいのですね。

ところで、こちらの本は皆さん、買われましたか?ビートルズ来日50周年と言うことで、多くの本が発行されましたので、私も数冊購入しました。
「ビートルズ来日学」宮永正隆 (著) 448ページ・2,700円


「ビートルズと日本」大村 亨 (著) 528ページ・2,916円

「ビートルズを観た」野口淳 (編集) 藤本国彦 (編集), 福岡耕造 (写真) 208ページ・2,160円

「THE BEATLES in TOKYO」(お預かり本)1986年発行・シンコーミュージック

まだ全て読んだわけではありませんが、一年間に4冊もビートルズ関連の本が手元に増えた事なんて初めてです。もうこれだけで満腹ですが、今度はこんな本が発行されます。
「ザ・ビートルズ史 誕生」マーク・ルイソン(著) 上下巻
上下各836ページとこれまた膨大なページ数ですが、それ以上に膨大なのが、お値段です。なんと各5,292円。上下買われると、合計10,584円


ん…読むのも大変ですが、買うのも大変です…先程の購入した3冊の合計金額より高いのです。まあ、ページ数も多いので仕方がないかもしれません。
また家族の者に「またビートルズ!?」と言われるのが予想されます…置き場所の問題もあります…
ビートルズの新事実が発覚するかもしれないので、注目の1冊、いや2冊になるので興味津々ですが…まだ読めていない本があるので、購入は来年かな…


それでもファン心理と言うのは怖いもので、先日、ビートルズ写真集「EIGHT DAYS A WEEK」(ロバート・ウィテカー)、ビートルズ1966年最後のツアー・ドイツ&アラスカ&日本&香港&フィリピンで撮影された写真集(洋書)を注文しました。(現在、輸送中)

これも映画の影響?この話はまた今度…


Encore
今頃気が付きました…遅れましたが、「祝!ノーベル文学賞・Bob Dylan」記念とさせて頂きます。
おめでとうございます。

Desert Trip 開幕!Bob Dylan、Rolling Stones

今度のデザート・トリップ、盛り上がるでしょうね!

そう言えば、ブログ…本の話題だった…「しまった!タイトル間違った…」と言うことで
サブタイトルで、「祝!ノーベル文学賞・Bob Dylan」と付けさせて頂きました。

本編の掲載内容を凌ぐ、話題だったのに、ディランさん、スイマセン、Encoreで済ませて頂きます(笑)。

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.13 21:47 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.10.13 22:40 | | # [edit]
haru says..."なんとボブディラン"
(本来ならば管理人様からの記事が先なのですが、失礼します)

本日ノーベル文学賞の発表があり、なんとボブディランが賞を取りました。
ビートルズ、スプリングスティーンとブログで話題になる中で、小説家でない、歌手のディランが「文学賞」とはとても不思議な気がします。ビートルズとの関係で(??といえるの??)は「ノルウェーの森」の作者、村上春樹氏は、何年も「本命」視されてき続けているのに、いきなりディラン!びっくりしました。そういう私、ディランはほとんど知らないので。偉そうなことは言えません。

今年4月来日ラッシュで、クラプトン、ブライアンウイルソンと続いていたので、ディランまではいけなかったのでした。まあ仕方がないとは思いますが。

でも、ともかく、おめでとうございます。
2016.10.13 22:47 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."haru様 Re: なんとボブディラン"
haru様 ノーベル文学賞・Bob Dylanへのコメント、ありがとうございます。
先程、TVニュースを見て、知りました…ニュースを見ていた嫁さんがいきなり「エッ!」と言うので気が付きました。
驚きです。本人も驚いているでしょうね。
ところで、関東打ち上げ会、明日ブログに掲載致します。よろしくお願い致します。
2016.10.13 22:53 | URL | #- [edit]
KK says..."Re:今年、ビートルズ本を何冊買われましたか?~祝!ノーベル文学賞・Bob Dylan"
ボブディラン、おめでとうございます。ハルキストには残念なニュースだったかもしれません。ボブディランについて知っていることはあまり多くありませんが、学生時代の米文学授業の教授が熱く語っていたのを思い出します。Blowin' In The Wind, The Times They Are a-Changin'などを授業で聴きました。中でもSubterranean Homesick BluesのPVの先駆けとなる映像は画期的に思いました。このニュースは文学界には衝撃かもしれません。これから音楽界からの候補者はまだまだ出てきます。文学的で広い影響を与えたという意味からするとPaul SimonやRoger Watersなども候補者かもしれません。

ビートルズ本・・・キリがないですよね(笑)
ミュージックライフもまだじっくりと読み通していないですが、6月に亡くなったトニーバーロウの「ビートルズ売り出し中」を今頃になって読んでいます。なかなか興味深いです。ルイソンの本は1つ持っていますが、また買ってしまいそうです~
2016.10.14 00:22 | URL | #hoJw6rrM [edit]
lightnews says..."KK様 Re: Re:今年、ビートルズ本を何冊買われましたか?~祝!ノーベル文学賞・Bob Dylan"
KK様 ノーベル文学賞・Bob Dylanへのコメント、ありがとうございます。
確かに衝撃的ですね。今回の受賞も、今後の候補者にとっても。
「文字」に携わている方にとっても嬉しい受賞かもしれませんね。
ところで「ビートルズ売り出し中」の本、登場人物が複雑でストーリーよりも「人」の事を理解するのが大変でした。
2016.10.14 06:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1895-651ae8c7