夢参加NAブログwithポール・マッカートニー & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

LIVE AT THE HOLLYWOOD発売前々夜祭

LIVE AT THE HOLLYWOOD発売前々夜祭

あと2日で、The BeatlesのCD「LIVE AT THE HOLLYWOOD」が発売になります。
皆さん、購入の準備は出来ていますか?勿論!当然!当たり前!と言われる方が多いと思うのですが、「まだなんです・・・」って方も居られるでしょうね。私もその一人です。


先日、haru様からAmazon JPにて1800円台ですよ!ってコメントを頂いて、第一候補です。でも、もう少し楽しみながら、予約したいな~と、のんびりしています。

実はこのCDもまだなんです。「Cafe Society Original Soundtrack」ウディ・アレン監督作品のサウンドトラック盤ですが、こちらは当初、AmazonUSで購入する予定でしたが、なんと!AmazonJPのマーケットプレイスで、998円+送料350円=1,348円。この金額はAmazonUSよりも安い!

両方合わせて、1,822円+1,348円=2CDで3,170円!なんと1CD1,585円也!安い。
実はAmazonUSで2CDを購入した場合も見ていたのですが、価格は合わせて、3,654円でしたから、上記の方がお買い得!


でも欠点は、到着するのに数週間掛かるかな?これまでカナダから早ければ一週間で届きましたが、遅い時はアメリカから二週間以上掛かった事もありますので、気長く待つしかありません。
CD購入としては、こちらも如何でしょうか?
ビートルズに憧れる青年たちを描いたノルウェー発の青春映画『イエスタデイ』(原題:Beatles)のサウンドトラックです。


興味があったので、価格チェックをすると、3,090円!?なんだ!?と思っていると、これは日本盤なんですね。こうして見ると、やっぱり日本盤、高いですね・・・大体、日本盤のCDが2,000円後半以上するのは、その昔、レコードが2,500円の時代を受け継いだ価格になっているだけで、当時のレコード生産事情と、今のCD生産事情は異なるので、もっと買い易い、衝動買いしても良いと思う価格帯にすべきです。昔のレコードのような高級品ではないのですよ、CDは!

さて、話は戻りまして、LIVE AT THE HOLLYWOODですが、あとから映画・EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring YearsのDVD・Blu-rayが発売されるとしても、DX Editionがあっても良かったのに・・・どうしてないのかな…ライヴ映像付きとか、豪華写真集付きとか、別Ver収録とか・・・何だか映画に気を使って、地味な感じがしますね。

それでも刻一刻と近づいている発売日!
発売当日、私は聞けませんが、気にせず、皆さん、感想・ネタバレをお寄せ下さい!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1857-dd555a0e