夢参加NAブログwithポール・マッカートニー2017 Budokan&Tokyo Dome

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

ポール・マッカートニーと観客が一体となれる方法は・・・

ポール・マッカートニーと観客が一体となれる方法は・・・

先日、高校野球でPL学園の野球部の試合がTVのニュースで見ました。PLと言えば、桑田・清原のKKコンビの活躍が印象的ですが、PL名物の応援である「人文字」も印象的です。
試合の状況も気になりながら、次はどんな人文字が現れるのか気になる程、人文字って印象に残る応援スタイルだと思います。


ポール・マッカートニーの1on1ツアーが順調に行われておりますが、ポールは観客に歌で気持ちを伝えますが、観客はポールにどのようにして気持ちを伝えるのでしょうか。
拍手、歓声、合唱、各自のサインボードなどありますが、このようなアピールもなかなか良いですね。それは人文字です。


7月17日のUS・マサチューセッツ州ボストンでのフェンウェイ・パーク公演の人文字は印象的でした。事前に観客に渡された(恐らく座席に置いてあったと思われます。)ボードを掲げ、ポールにファンの気持を伝えました。

WELCOME BACK PAUL 



フェンウェイ・パーク公演 2016 ポールマッカートニー 人文字


素晴らしい気持ちの伝え方ですね。このようにファンからポールに気持ちを伝える方法として思い出されるのは、先ずは2015年の武道館です。
この時は、リストバンド型ライト(無線コントロールペンライト)を会場全体で表現しましたね。ポールの公演ではこのような方法は初めてだったでしょう。


その昔、ポールの来日公演で、パキっと曲げて発光する「ルミカライト」が準備されており、それで声援した記憶もあります。因みに私、ペンライトは初めてだったので、恥ずかしながら、お隣の女性の方に使い方を教えて貰いました(笑)。

韓国公演の「ハート・マーク」(裏がNAマークでした)も印象的でしたね。The Long and Winding Roadの時に一斉に掲げたのですが、ポールの投げキッスや仕草が印象的でした。まさか初の韓国公演で、そんな演出をされるなんて思わなかったのでしょうね。



自撮の記念の1枚です。お茶目な表情をするのですね…

Paul McCartney KOREA 2015 The Long and Winding Road

このあとにBCCにも掲載された「ファンを見つめるポールの瞳」奇跡の1枚を撮影出来たのです。

話は戻りまして、フェンウェイ・パーク公演ですが、このボード、ユニークです。ちゃんと先が見えるように繰り抜いてあるのですね。

フェンウェイ・パーク公演 2016 ポールマッカートニー ボード白

フェンウェイ・パーク公演 2016 ポールマッカートニー ボード赤

フェンウェイ・パーク公演 2016 ポールマッカートニー 赤ボード

便利で日除けにもなる?実用的なボードを準備したものです。スタンドの方のみというのも珍しいです。しかも、スタンド全体というのがイイですね。デザインのセンスもGOODです。


次回に備えてポールと観客が一体となれる方法を考えたいものです。最新機器でなくて、手軽で手作り感のあるボードがイイですね。

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

haru says..."At ハリウッドボウル"
まったく関連性のないコメント失礼します。

ついにビートルズの公式ライヴ版「At ハリウッドボウル」がCD化、LPも、9月に販売されるようですね。アメリカアマゾンに出たそうです。

64年65年のライヴを、ジョージマーティン氏か巧みにつなげた、今や幻の公式ライヴ。私が初めて買ったビートルズは、これでした。

この時代大事件でした。当時のライナーノーツには、当時の音楽評論家全てが文章を寄せていました。

ただ、今は64年65年共に完全な音源が聞けて「何で今更」感もあります。

せっかく出すのであれば「64年版」「65年版」「マーティン編集版」とセットで出せばと思いますが、それは一部のマニア向けですか?
2016.07.19 21:23 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."haru様 Re: At ハリウッドボウル"
haru様 ハリウッド・ライブへのコメント、ありがとうございます。
いよいよ出ますね。「Live At The Hollywood Bowl」、 Remasterかな?
CDの発売が9月9日とは狙ったような日…価格は、18.98ドル(なんで、こんなに高いの!?)
Vinylが11月18日で24.98ドル
映画「EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」の前祝い発売?
Live At The Hollywood Bowlも良いけども、映画のサントラを発売して欲しいです。
2016.07.19 21:54 | URL | #- [edit]
haru says..."「Live At The Hollywood Bowl」"
日本ユニバーサルHPでも詳細が出ましたね。
http://www.universal-music.co.jp/the-beatles/news/2016/07/20_release/


ここであまり書きすぎると、新たなスレの「ネタバレ」になってご迷惑をおかけしますが、少し書かせてください。

「米キャピタルで発見されたテープの状態が、ロンドンで父が使ったものより良く…」とジャイルズ氏が言っていますが「発見」といっても元々キャピトルがレコーディングしたものなので、いつでも「発見」できたはずですのに「ふしぎ」ですね。

それにジャケットは変わってしまうのでしょうか?
かつてのジャケットは、ハリウッドボウルにチケットをアレンジした、想像力を掻き立てる素晴らしいジャケットだったのに、このHPにある写真がジャケットだと、悲しいです😢。

4曲プラスというのも、なんだか中途半端で、11曲しかやらなかった当時のライブの再現とは、遠ざかるような気がします。でもこの4曲で、ハリウッドボウルでやった曲はすべて網羅できるのかな?(うちにあるブートで調べればいいのですが)

でも、やっぱり公式版、買わないわけにはいかんでしょう。ブートでも素晴らしい音が、さらにどこまで素晴らしくなるのか??期待半分の楽しみです。
2016.07.20 22:51 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."haru様  Re: 「Live At The Hollywood Bowl」"
haru様  Live At The Hollywood Bowlのコメント、ありがとうございます。
ユニバーサルのHP、拝見しました。結構、情報満載の文面ですね。
4曲プラスも気になりますが、ジャケットの方は気がかりです。
確かに期待半分の楽しみデスね。
2016.07.20 23:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1812-1faced34