ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney 1on1 US Tour & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

アルゼンチン公演はするのか?しないのか?長引く交渉。ポールの南米ツアー。tebichi様からの便り

アルゼンチン公演はするのか?しないのか?長引く交渉。ポールの南米ツアー。tebichi様からの便り

3月下旬だと言うのに日本に帰ってくると寒い…インフルではなかったのですが、疲労を含めてI'm downの一日です。
しかも、TVを見るとベルギーで連続テロがあるなど痛ましい事件がありました…被害に遭われた方々、負傷した方々にはお気の毒だと思います…そしてお悔やみ申し上げます。
ベルギーではポール・マッカートニーが6月30日のフェスティバル・Rock Werchterに参加を表明していますので、無事開催される事を願っています。
さて、21日から更新をお休みしておりましたが、久しぶりに確認すると、tebichi様からメールを頂きました。


「南米公演が決まったのでしょうか?」

下記のアドレスも送って頂いたので、ご参照下さい。

エスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペスで公演?

エスタディオ・シウダ・デ・ラ・プラタで公演か?

と言っても、なんて書いているのか分かりませんので自動翻訳で確認した所…

Paul McCartneyはアルゼンチンに帰って来ます。元ビートルズ1一人で、エスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペスに、彼のOne On Oneツアーの一環として、5月15日にコルドバにやって来ます。

ポール・マッカートニーはアルゼンチンに帰って来ます。英国のアーティストは、エスタディオ・シウダ・デ・ラ・プラタにて、彼のツアー"One onOne"の一環として、2公演(5月17・19日)を行う予定です。

エスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペスは57,000人収容、
エスタディオ・シウダ・デ・ラ・プラタは53,000人収容とどちらも大型のスタジアムです。
以前、アルゼンチン公演は外貨が準備出来なくて公演出来なかった事がありましたので、本当に実現するのか?したのか?よく分かりませんね…
そう言えば、ローリング・ストーンズが2月にアルゼンチン・ブエノスアイレス公演をしています。


新春企画PART5・Paul McCartneyとRolling Stonesとブラジルとの関係…

これが良いきっかけになれば良いのですが、ジカ熱の事もありますので、実現に油断は出来ないと思います。サンパウロ?ロサリオ?も噂されていますが交渉が長引いている気がします。実現したら、一度に南米ツアー発表なのかな?
海外の公演ばかりの発表と噂が続いていますので、日本公演はまだまだ先かな…


さて、どうなる…

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1687-81f365d5