ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney 1on1 US Tour & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

Paul McCartney on George Martin

Paul McCartney on George Martin

I’m so sad to hear the news of the passing of dear George Martin. I have so many wonderful memories of this great man that will be with me forever. He was a true gentleman and like a second father to me. He guided the career of The Beatles with such skill and good humour that he became a true friend to me and my family. If anyone earned the title of the fifth Beatle it was George. From the day that he gave The Beatles our first recording contract, to the last time I saw him, he was the most generous, intelligent and musical person I’ve ever had the pleasure to know.

「ジョージ・マーティンの訃報を聞いて、とても悲しい気持ちでいます。偉大な人物である彼とは、本当にたくさんの素晴らしい思い出があり、その思い出は永遠に僕の中から消えることはありません。彼は本当の紳士であり、僕にとっては二人目の父親のような存在でした。技術と気の利いたユーモアでザ・ビートルズのキャリアを導いてくれた彼は、僕と僕の家族の真の友人になりました。もし誰かが5人目のザ・ビートルズの座を得ることができるとすれば、その座はジョージのものです。彼がザ・ビートルズの最初のレコーディング契約を結んだ日から、僕が彼に最後に会った日まで、最も寛大で、聡明で、音楽に精通した彼と知り合うことができたことを光栄に思ってます。

It’s hard to choose favourite memories of my time with George, there are so many but one that comes to mind was the time I brought the song 'Yesterday’ to a recording session and the guys in the band suggested that I sang it solo and accompany myself on guitar. After I had done this George Martin said to me, "Paul I have an idea of putting a string quartet on the record". I said, “Oh no George, we are a rock and roll band and I don’t think it’s a good idea”. With the gentle bedside manner of a great producer he said to me, "Let us try it and if it doesn’t work we won’t use it and we’ll go with your solo version". I agreed to this and went round to his house the next day to work on the arrangement.

ジョージとすごした日々の中で、一番気に入っている思い出を選ぶのは難しいことです。たくさんの思い出がありますが、一つ思い浮かぶのは、僕がレコーディングの場に自分で書いた”Yesterday”を持って行った時のことです。ギターを弾きながら、僕が一人で歌ったらどうかと、メンバーが言ったことがありました。一人で歌った後、ジョージ・マーティンは僕に『ポール、この曲に弦楽四重奏を加えるという考えがあるんだ』と言ってきました。『いやいや、ジョージ。僕たちはロックンロール・バンドなんだ。それはいいアイディアとは言えないな』と僕は答えました。労わるような優しい口調で、偉大なるプロデューサーである彼は僕に言いました。『試してみよう。もしうまくいかなかった時は弦楽器を入れずに、君のソロ・ヴァージョンでいけばいいじゃないか』。僕は彼の意見に同意して、次の日にはアレンジを加える作業をするために、彼の家に行ったんです。

He took my chords that I showed him and spread the notes out across the piano, putting the cello in the low octave and the first violin in a high octave and gave me my first lesson in how strings were voiced for a quartet. When we recorded the string quartet at Abbey Road, it was so thrilling to know his idea was so correct that I went round telling people about it for weeks. His idea obviously worked because the song subsequently became one of the most recorded songs ever with versions by Frank Sinatra, Elvis Presley, Ray Charles, Marvin Gaye and thousands more.

彼は僕が見せたコードを使って、ピアノで音符の幅を広げ、低いオクターヴのチェロや高いオクターヴでの第一ヴァイオリンを付け加え、弦楽四重奏がどんな音を持っているか、初めてのレッスンを僕にしてくれたのです。彼のアイデアが生きていたのは明らかで、その曲は結果として、フランク・シナトラやエルヴィス・プレスリー、レイ・チャールズ、マーヴィン・ゲイをはじめとした何千ものアーティストによって、最も多くレコーディングされた曲の一つとなりました

This is just one of the many memories I have of George who went on to help me with arrangements on 'Eleanor Rigby', 'Live and Let Die' and many other songs of mine.

ジョージについて僕が持っているたくさんの思い出のうちの一つでしかないですが、彼は“Eleanor Rigby”や“Live and Let Die”をはじめ、たくさんの僕の曲のアレンジを手助けし続けてくれたのです。

I am proud to have known such a fine gentleman with such a keen sense of humour, who had the ability to poke fun at himself. Even when he was Knighted by the Queen there was never the slightest trace of snobbery about him.

鋭いユーモアのセンスを兼ね備え、自分自身を嘲ることもできた、あんなにも素晴らしい紳士と知り合えたことを誇りに思っています。女王からナイトの称号を送られた時でさえ、彼については鼻にかける様子は微塵もありませんでした。

My family and I, to whom he was a dear friend, will miss him greatly and send our love to his wife Judy and their kids Giles and Lucy, and the grandkids.

彼の親しい友人であった僕と僕の家族は、彼のことを非常に惜しみ、彼の妻であるジュディと、子どもたちのジャイルズとルーシー、そして孫たちに我々の愛を送ります。

The world has lost a truly great man who left an indelible mark on my soul and the history of British music.

私の魂とイギリス音楽の歴史に消えることのない跡を遺した真に偉大な人を世界は失いました。

God bless you George and all who sail in you!

ジョージ・マーティンと、あなたの港に入港したすべての人々に神の御加護がありますように」

Paul

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

haru says..."Re:Paul McCartney on George Martin"
泣かせるポールコメント、全文掲載、ありがとうございます。
(原文を電車の中で読んで、強く印象に残ったところを引用した)私がいい加減な投稿の罪滅ぼしをしてくださり、ありがとうございます。
詳細な和訳に助けていただけました。
本当に感動的なコメントです。

ライトニュースご愛読の皆様と、共有したいと思います。

サージョージのご冥福をお祈りします。
2016.03.09 23:22 | URL | #kKgNjozQ [edit]
みっち says..."Re:Paul McCartney on George Martin"
イエスタディのエピソード、泣けますね。
最後の一文、ジョージを港に例える言葉も素晴らしいです。
心よりご冥福をお祈りします。
2016.03.10 09:11 | URL | #- [edit]
lightnews says..."haru様 Re: Re:Paul McCartney on George Martin"
haru様 George Martinへのお悔やみ、ありがとうございます。
感情のある和訳、分かりやすくて良かったですよ。
これからも、即訳、宜しくお願い致します。
2016.03.10 23:30 | URL | #- [edit]
lightnews says..."みっち様 Re: Re:Paul McCartney on George Martin"
みっち様 ジョージ・マーティンへのお悔やみ、ありがとうございます。
そうですね…感慨深いですね…泣けますね…
一層、Yesterdayに深みを感じるようになりました。
2016.03.10 23:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1675-bdc388a2