ゆめ参加NAブログ with ポール・マッカートニー & Sgt Peppers NA Dreamers Club Band

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
8

George Martin (ジョージ・マーティンさん)死去 90歳

'Fifth Beatle' Sir George Martin dies, aged 90

残念な訃報です。
ご冥福をお祈り申し上げます。

ジョージ・マーティンさん死去 90歳

ジョージ・マーティンとリンゴ・スター

God bless George Martin peace and love to Judy and his family love Ringo and Barbara George will be missed xxx 😎✌️🌟💖☮


George Martin 死去 90歳

「ザ・ビートルズ」の作品をほぼプロデュースしたことから「5人目のビートルズ」と呼ばれた英音楽プロデューサーのジョージ・マーティンさんが亡くなった。90歳。9日、海外メディアが報じた。

ビートルズのドラマー、リンゴ・スター(75)はツイッターで「ジョージ・マーティンに神のご加護を。あなたの愛に感謝します」などと追悼。

 故ジョン・レノンとオノ・ヨーコ(83)の息子、ショーン・レノン(40)もツイッターで「言葉がありません。安らかに眠ってください」などと追悼メッセージを送った。

 マーティンさんは1962年、ビートルズを見いだし、96年、音楽界への貢献からナイトの称号を贈られた。98年、ビートルズのトリビュート盤「イン・マイ・ライフ」をプロデュースし、発表した。




ビートルズの数々の名曲・名盤のプロデューサーで、「5人目のビートル」とも呼ばれるサー・ジョージ・マーティンが亡くなった。90歳だった。元ビートルズのリンゴ・スターさんが9日早朝(日本時間同日午後)、ツイッターで明らかにした。

リンゴ・スターさんはツイッターで、「ジョージ・マーティンに神様の祝福を。ジュディ夫人と家族に平和と愛を。リンゴとバーバラから愛を。ジョージがいないとさみしくなる」と書いた。さらに「たくさんの愛情と優しさをありがとう、ジョージ。平和と愛を」と付け加えた。

1926年にロンドン北部ホロウェーの大工の息子として生まれたサー・ジョージは戦後、大手レコード会社EMIの系列レーベル「パーロフォン」のプロデューサーとなる。

リバプールの人気バンドだったビートルズのデモテープを1962年に聴き、レコード録音契約を交わした。以降、最初のシングル「Love Me Do」を皮切りに大ヒット曲や名アルバムを次々とプロデュース。ポピュラー音楽を一変させた世界的人気バンドの音楽に、欠かせない存在だった。

グラミー賞を複数受賞したほか、映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」の音楽でアカデミー賞を受賞している。

50年以上にわたる音楽界のキャリアで、ビートルズのほかにジェリー・アンド・ザ・ペースメーカーズ、シャーリー・バッシー、シラ・ブラックなどと組み、700枚以上のレコードを製作した。

1999年には「ロック名誉の殿堂」に名前が刻まれた。

元ビートルズの故ジョン・レノンさんの息子、ショーン・オノ・レノンさんはツイートで「安らかに、ジョージ・マーティン。あまりに悲しくてあまり言葉が出てこない」と書いた。



この訃報は、ご家族、親戚の方々、元ビートルズのメンバーや音楽関係者、全世界のファン皆さんにとっても、深い悲しみとなります。

George Martin (ジョージ・マーティンさん)死去

そして、ポールにとっても残念な事でしょう。この事でツアー発表が少し延期される事と予想しますが、それは仕方がない事です。追悼ライヴ・ツアーとして、Gマーティンの事を想いながら、合唱(合掌)となることでしょう。

Paul McCartney on George Martin

George Martin (ジョージ・マーティンさん)死去 90歳

George Martin thanks

該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

Toru says..."Re:「5人目のビートルズ」ジョージ・マーティンさん死去 90歳"
とてもとても残念でなりません。

もちろんご高齢ですし誰もが避けられない事なので仕方がないという思いもふと浮かびますが、
それ以上に悲しくて残念な気持ちが強くなってしまいます。

12月31日のナタリー・コールの訃報から今年は週に一回は大物アーティストやその関係者が亡くなっています。時代は移り変わりゆくものなので、いずれはそんな時が来るのでしょうが、それにしてもこの経て続き方は単なる偶然としてすませるにしては悲しすぎます。

生前のジョージ・マーティンのご活躍を偲ぶと共に、ご冥福をお祈りいたします。
2016.03.09 17:44 | URL | #kEawCMz. [edit]
lightnews says..."Toru様  Re: Re:「5人目のビートルズ」ジョージ・マーティンさん死去 90歳"
Toru様 お悔やみ、ありがとうございます。訃報の連続で、悲しい2016年です。
時代ですか…本当に「時代」を作られましたね。
本当に残念です…90歳…感謝するだけです。
ご冥福をお祈りします。
2016.03.09 17:57 | URL | #- [edit]
KK says..."合掌"
最近では息子さんのジャイルスが前面に出てきてLOVE以降、お見かけしないと思ってましたが、昨年のタッグオブウォーデラックスやメイキングオブサージェントペパーズなどで映像はよく見かけておりましたので、とても信じられない気分です。
ポール、リンゴはじめ関係者の皆さんショックに違いありません。気持ちを考えるのこちらも悲しくなります。5人目のビートルとしては、ブライアンエプスタイン、ビリープレストン、スチュアートサトクリフ、ピートベストなど色々名前があがりますが、マーティン氏が一番相応しい気がします。後世に残る素晴らしい作品群をプロデュースしてくれました。ご冥福をお祈りします。
2016.03.09 18:02 | URL | #VhNaT.1s [edit]
lightnews says..."KK様 Re: 合掌"
KK様 お悔やみ、ありがとうございます…残念な訃報です。
昨年のTug of warが追憶アルバムになったような気がします。
5人目のビートルと言われる程、貢献されました。
合掌…
2016.03.09 18:13 | URL | #- [edit]
わか says..."Re:George Martin (ジョージ・マーティンさん)死去 90歳"
うまく言葉が出てきません。

Toru様の仰る通り誰しもいつかは迎える事とは言え、及ぼした影響が余りにも大きい方でしたので…
兎に角訃報続きの昨今ですがビートルズの根幹に関わる方の訃報は流石にこたえます。

ビートルズメンバーの中でも最も彼に才能を引き出してもらったのはポールだと思います。
ポールの今年の活動にも何らかの影響を及ぼすでしょうね。

キリスト教では死とは神様の元に「帰る」事です。
確かに残された者にとっては悲しい事ではあるのですが、天上と来世で会える事を祈念しながら偲びたいと思います。
2016.03.09 18:23 | URL | #n493e61A [edit]
lightnews says..."わか様 Re: Re:George Martin (ジョージ・マーティンさん)死去 90歳"
わか様 お悔やみ、ありがとうございます。
皆さん、うまく言葉に表せないと思います。ポールも同様です。
ビートルズにとっては大きな存在の方でしたから…
私は、こうしてBlogに書くことで追悼とさせて頂きます。
2016.03.09 18:43 | URL | #- [edit]
haru says..."Re:George Martin (ジョージ・マーティンさん)死去 90歳"
悲しいニュースです。

ポールの出したコメントが泣かせます。
=彼が弦楽四重奏でのアレンジを提案した時「俺たちはロックバンドだ、そんなのだめ」とダメ出ししたが「とにかく一度やらせてみてくれ。気に入らなかったら使わなくていいから」と提案されたんだ。=

イエスタディも、エリナーリグビーも、ビートルズだけでは出てこなかっのです。

偉大な人です。

そして作品は死ぬことも色あせることもありません。

そして息子さんのジャイルズ、偉大なプロデューサーを「世襲」できたことも、偉大な功績です。

Tag Of Warや1のリミックス、Pipesのリマスターは、はなむけになりました。
今夜はこれを聞いて偲びたいと思います。
2016.03.09 21:38 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."haru様 Re: Re:George Martin (ジョージ・マーティンさん)死去 90歳"
haru様 お悔やみ、ありがとうございます。
ポールのコメントは、Gマーティンへの想いと愛情のある言葉ですね。

He was a true gentleman and like a second father

そして、敬意を払うように…
If anyone earned the title of the fifth Beatle it was George.

Gマーティンとビートルズの出会いを想像しながら、アルバム「Please Please Me」を聴きます。

2016.03.09 22:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1674-b8e045de