ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
5

ライブDVD発売!ポール!?いえ、Elvis Costello 「Detour Live at Liverpool Philharmonic Hall」

ライブDVD発売!ポール!?いえ、Elvis Costello 「Detour Live at Liverpool Philharmonic Hall」

Elvis Costello 「Detour Live at Liverpool Philharmonic Hall」

これまでCDやDVDをあれこれ購入していますが、購入先は、日本、アメリカ、イギリス、カナダと多方面ですが、気になるのがレートです。
つい最近まで、1ドル120円でしたが急速な円高で1ドル112.64円(2016年2月20日現在)になっています。ん…この機会に何か購入すべきものがあれば…と思っていると、欲しいDVDがありました。
Elvis Costello 「Detour Live at Liverpool Philharmonic Hall」


Youtubeにトレーラー映像(映画用)がアップされていましたので視聴すると、「これは欲しい!」と思い、いつものAmazon価格チェック!尚、日本盤はありません。チェックはBlu-ray。



Amazon JP 2,346円
海外からの発送では、¥1,572+配送料・手数料:¥350=1,922円


Amazon US 19.98ドル=2,250円(spipping別)
used & new $11.99+ $3.99 shipping =1,800円


Amazon CA 29.41カナダドル=2,406円(1カナダドル=81.81円)

以上でしたので、今回は、この中から、日本のAmazonで海外からの発送を選択。1,922円ナリ。このBlu-rayはリージョンフリー(全世界共通)ですので安心出来ます。あとは無事、アメリカから届くのを待つだけです。
しかし、Blu-rayが1枚、2,000円位なら購入しようと思いますね。
この国内盤と輸入盤の価格差があっても仕方がない…いや、本当は価格格差をなくして欲しいのだが、根本的には、Import盤で2,000円前後は魅力的です。


まあ肝心なのは価格よりも、内容の方ですが、これは大丈夫でしょう。トレーラー映像を見る限りでは楽しめる映像である事は間違いないでしょう。
内容については見てから…として、このBlu-rayのカバー画像、変わっていますね…何で、こんなデカイ・ラッパ(拡張)を持っているのだ?蓄音機のつもり?
以前、来日した際も拡張器を持って歌うシーンがあったが、今度はそれよりも大きい…いや、デカイ!しかも、バックが昔のTV!?ん…前回の来日が披露されたルーレットも度肝を抜かれが、今回も相変わらず、愉しげなステージです。


この方、本当にこまめにCD、DVD発売されますね。これまでのCDについては、ここから試聴する事が出来ますので、お聞き下さい。

elviscostello.com

右上の「OPEN PLAYER」をClickして下さい。
個人的には、「My Aim Is True」「painted from memory」「King of America」「Almost Blue」「Get Happy」、そして名盤「Punch the Clock」がお気に入りです。


ポールも敏速に「Out There Tour」DVDを発売して欲しいですね!期待しております。

該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

haru says..."Re:ライブDVD発売!ポール!?いえ、Elvis Costello 「Detour Live at Liverpool Philharmonic Hall」"
おはようございます。
朝起きてPCをつけたら、拍手一番乗りをいただきました。
たまたま管理人様がお書きになった直後のチェックインでした。
いつもいつもこのようなわけでなく、何かの五円なので、記念に書き込みます。

エルビスコステロ、いいですね。

もとはパンクブームで出てきた人ですが、生き残っているのは、この人とスティング、ポールウエラー(この人はバンドは変わって、音楽スタイルも変わりましたが)それと地味に残っているジョンライドン(この人はバンドが変わったら、より過激にマニアックになったから、生きのこっているといえるのか??)という位ですかね??

コステロは「パンク」時代も、メロディアスな曲風で、89年「フラワーズインザダート」でのポールとの共演で「ルーツはビートルズ」であることがよくわかる、実力派だから生き残っているのでしょうね。

ポールと共作したミュージシャンは結構いますが、物おじせずにポールにダメ出しで来たのは、コステロ位しかいないとのこと。「フラワーズ」のときは、コステロがジョンレノンっぽくみえました。

いろいろ書きましたが、私は最初のころくらいしか聞いておらず、もっと勉強しなくては。このライブビデオ見てみようと思います。情報ありがとうございました。
2016.02.21 07:52 | URL | #- [edit]
lightnews says..."haru様 Re: Re:ライブDVD発売!ポール!?いえ、Elvis Costello 「Detour Live at Liverpool Philharmonic Hall」"
haru様 コステロへの早朝コメント、ありがとうございます。
コステロについては、これまで色々書いていますが、奇人・変人・超人・音楽人です。
バラエティー過ぎる楽曲と、多くのコラボ、多彩なアルバムで、ファンを飽きさせないのが彼のスタイルです。
なんと言っても彼の「声」が心に染みます。演歌風にも聞こえる時がありますけども…
そんな事よりも、ダイアナ・クラールが奥さんである事が一番…納得出来ない…(笑)。
2016.02.21 08:13 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.02.21 08:57 | | # [edit]
lightnews says..."みっち様 Re: Re:ライブDVD発売!ポール!?いえ、Elvis Costello 「Detour Live at Liverpool Philharmonic Hall」"
みっち様 ご指摘、ありがとうございます。
あれ!?ですね。朝からボケていました(笑)。
2016.02.21 09:30 | URL | #- [edit]
KK says..."She"
日本ではShe、ポールとの共作ヴェロニカ、アリソンくらいしか知名度がないですが、渋くてよい曲をかくイメージがあります。XTCと並んで、なぜか日本で知名度が低い代表格ですね。ノッティングヒルの恋人で使われたSheは一度聴いたら忘れられないスマイルみたいな名曲かと。

ポール情報はさっぱりですが、年末に関連の海賊盤を排除させたことからアウトゼアツアーはまもなく出るのではと予想しますが、考えるとNEWからの曲は少ないのですんなり出るのかどうか。
この冬はグラミー賞のケンドリックラマーに影響受けたり、デビッドボウイ、イーグルスを追悼の意味で聞いたり、キンクリやツェッペリンの初期アウトテイクを楽しんだりしてますが、昨年の今頃はポール公演の発売時期だったな、と回顧しています。
2016.02.23 21:20 | URL | #VhNaT.1s [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1664-23366636