ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

ビートルズの本を再読。

ビートルズの本を再読。

以前、購入していた本を読み直す事など、これまでほとんどありません。
たまに雑誌で興味のある記事だけ読み直す事がありますが、100ページ以上もある本、小説を見ることは余程の理由がない限り見ません。
ところが気になる事があって本を手に取ってしまった。その本が、「ビートルズ 売出し中!」(JOHN,PAUL,GEORGE,RINGO&ME)トニー・バーロウ作と、「ノーザン・ソングス」です。


前者は392ページ、後者は333ページ、いずれも長文です。以前、購入した時に、1ヶ月以上も掛けて読んだが、もう詳細を忘れています…
今年は、ビートルズ来日50周年なので、本来なら、ビートルズ来日関係の本を選ぶべきですが、彼らのデビュー当時の様子に改めて興味が湧いたので、平行して読んでみようと思いました。


先程読んだところは「LOVE ME DO」が発売された所までです。その内容までは、前者は48ページ、後者も凡そ同じく48ページ。ところが、両方読むとちょっと内容が異なる部分があります。
1962年10月5日に販売された、このレコードについて、噂になっていたエプスタインが全国チャートに送り込む為に買い込んだ枚数について、前者は「何千」と表現し、後者は、「1万枚」と書いている。


ん!?どちらが真実に近いのかな…と思い、もう1冊本を引っ張り出してきた。それは、「the complete BEATLES Recording Sessions」(今後「レコーディング本」とします。)です。
その本では、「1万枚」と記載されているので、多数決で1万枚に決定!
ん…両方読むと、そんな些細な事が気になってしまいます。しかも、レコーディング本、改めて読むと面白いです。


レコード会社EMIのパフォーフォン・レーベル担当として、ジョージ・マーティンがエプスタインに提示した契約書には、「1962年6月4日から」であると、前者の本は記載されており、その通りですが、レコーディング本では、実は6月6日に契約を結んでいると記載されています。

この日は、初めてビートルズがアビイ・ロード・スタジオでセッション(オーディション?)した日です。その日に契約したのですが、これはセッション・テープの権利を得ようとした為か、単なるミスか?と書かれています。
本来なら、後者の本が、著作権についての専門書になるので、契約の事について書かれているべきですが、この部分は、レコーディング本での記載です。


本によって、集点を当てる内容が様々ですので、全てを網羅する事は困難ですので、色々と読み比べてみないと分かり難いです。
他にも、ビートルズ関連の本を持っているので、全て並べて読み比べると、面白い…でも、大変…


細かく読んでいると、1962年から抜け出せないかもしれません。

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

KK says..."関連本"
管理人さまと同様に読まなくなっております。活字離れは深刻です^_^;
2000年に7000円くらいしたアンソロジー本は縦35センチという大きさと300ページ以上の重さもあり、読まずに飾る本になっています。
ただレコーディングセッションと全歌詞、対訳はたまに手にすることがあります。簡単にスマホで見られる時代ですが、本は本の味わいがありますね。
そういえば小林克也さんのビートルズ関連のFM番組は2年以上もシンシアの著書から取り上げています。深く語ると長くなりますね。
活動期間よりも長く、語られ尽くされてますが、話は尽きないところが偉大な証しだと思っています。

2016.02.08 09:22 | URL | #VhNaT.1s [edit]
lightnews says..."KK様 Re: 関連本"
KK様 ビートルズ本へのコメント、ありがとうございます。
アンソロジー、あります。忘れていました。
色々な本や物が、本棚の奥深くに眠っていますので、
掘り起こして、使い古した方がイイかな。

2016.02.08 22:23 | URL | #- [edit]
meg says..."Recording Sessions"
アンソロジー、私は箱を開けて中をパラパラ見ただけでしまったままです。

かなり前の話ですが、東京に出張に行ったついでに八重洲ブックセンターに行き、レコーディングセッションの原書を見つけて、見たことのない写真満載に感動して買ってしまいました。まだ邦訳版も出ていない頃でした。(確認したところ、'88年に5000円位でした)
貧弱な英語力ながらも、それまでは知る由もなかった情報満載で食い入るように読んだものでした。その後、日本語版も購入しこちらも愛読書でした。日本語版には原書の華やかさは全くありませんでしたが。
その後では、ジェフ・エマリックの本もレコーディングの裏が分かって面白かったですね。
今でもビートルズ関連の雑誌に目が行くのは言うまでもありません。
大人のロックなんて大して目新しい記事も載ってねーなとか思いながらも時々買ってます。(笑)
2016.02.09 09:19 | URL | #hnxtAVvM [edit]
lightnews says..."meg様 Re: Recording Sessions"
meg様 Recording Sessionsへのコメント、ありがとうございます。
原書をお持ちとは!それ程、あの本の内容は貴重なのですね。
色々なビートルズ関連の本がありますが、今読んでも楽しく興味深い1冊です。
これからも貴重な内容の本の発行を期待しています。(読むのが大変ですが…)
2016.02.09 22:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1655-c84c7ca9