ゆめ参加NAブログ with ポール・マッカートニー & Sgt Peppers NA Dreamers Club Band

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
6

クリント・イーストウッド監督作品「ジャージー・ボーイズ」はグループの物語です。

クリント・イーストウッド監督作品「ジャージー・ボーイズ」はグループの物語です。

クリント・イーストウッド監督作品「ジャージー・ボーイズ」はグループの物語です。

今日のブログは、本来なら、FOIL GALLERYで開催されています「長谷部 宏 写真展 in KYOTO~日本を愛したロックスター~」と、特別イベント「長谷部宏×東郷かおる子」の事を記載する予定でしたが、先程、DVDでクリント・イーストウッド監督作品の「ジャージー・ボーイズ」を見た所、痛く感激してしまったので、その話を…

クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)と言えば、ダーティハリー(Dirty Harry)のイメージが強く当たり役で、5作も作られています。その他「夕陽のガンマン」が有名ですが、個人的にはドンパチ作品は好みでないので、メリル・ストリープと共演した「マディソン郡の橋」の方がイイかな。この作品はイーストウッド監督作品です。

俳優としての作品よりも、監督業としての作品の方にインパクトがあります。「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」「グラン・トリノ」「ヒア アフター」
見逃している「インビクタス/負けざる者たち」「ミリオンダラー・ベイビー」、そして、チャーリー・パーカーを描いた「バード」(Bird)については、見逃しているのに、サントラ盤(レコード)は持っています。音楽関連では、バードに次ぐ作品が「ジャージー・ボーイズ」です。


1960年代に大ヒットした「シェリー」、あの甲高い声はインパクトがあります。そして、多くのアーティストが歌っている「Can't Take My Eyes Off You」も未だに有名です。
それらの曲を歌ったフォー・シーズンズというグループの話ですが、曲は勿論ですが、彼らの一人一人の物語が奇想天外で単なる成功物語ではない事が伺えます。ラストは本当に感激する話です…名曲は人生を語るのですね…


グループは成功と裏腹に、騒動、借金、グループ内の確執などの問題を抱きながら活動して行くのですが、家族の事や感情的な問題から争い、脱退、不幸な出来事などをありながら、その悲しみを乗り越える為に曲が出来上がり、歌われる事となる場面には感激します。

ある個性のある集団がいつまでも一緒に継続し続ける事は難しい事も感じます。ビートルズもそうですが、個性があればある程、方向性が異なり、個々の方向性に向かって行くのは当然の事です。これまでの良いイメージの状態を継続して欲しいのは、外部の人だけであって、本人達は違うのですね…

日本ではSMAPの事が話題で、新聞・週刊誌などで色々と報道されていますが、本人達しか分からない事があるのだがら、いくらパラリンピックの事があるとは言え、財政界まで口出し過ぎのような気もします。事務所もちょっとね…と言っていると、SMAP話になってしまいますので、そんな話は置いといて…

イーストウッド監督は人の心を打つ話を映像化するのが素晴らしいです。高齢(今年で86歳)ですが毎年1本映画を撮っています。これからも作品を見続けたい映画監督の一人です。

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

KK says..."大好きなミュージカル"
2012年に2度渡英して2回見ました。素晴らしいミュージカルです。フランキーヴァリのハイトーンボイスやフォーシーズンズのコーラスも完璧にカバー出来てます。ニューヨーク、ロンドンのミュージカルは歌、動き、表現力、優れてます。セリフを完全に理解するのは難しいですが、動きや雰囲気から察しつくのも良いですf^_^;) アングルを変えた演奏、小道具の使い方などシンプルながら凝っています。
映画は見ておりませんが、キャストが同じなら素晴らしいはず。もちろん近年は社会風刺にも定評のあるイーストウッド監督というのも期待出来ます。
この完成度からするとレットイットビーは脚本に深みがありません。メンバー間の確執、エプスタインとのエピソード、インドでの逸話、アランクラインとのトラブルなんかはあまりうまく描けないからでしょうか。
付け加えて、シェリーを知ったのは、80年代のジョディフォスター主演の映画、君がいた夏のサントラなのですが、その収録曲は使われ方を含めてどれも良いです。
2016.01.18 21:29 | URL | #VhNaT.1s [edit]
lightnews says..."KK様 Re: 大好きなミュージカル"
KK様 ジャージー・ボーイズへのコメント、ありがとうございます。
ミュージカルを観られたのですか!素晴らしい!
映画はキャストだけでなく、一部スタッフも同じですので映画も楽しめると思います。
メンバー4人が4人とも語る話が異なって、あのような4シーズンの語り口調になっているのはユニークなストーリーです。

2016.01.18 22:28 | URL | #- [edit]
エム says..."Re:クリント・イーストウッド監督作品「ジャージー・ボーイズ」はグループの物語です。"
映画のお話!私Four Seasonsのファンなので、DVDとても楽しかった。こういう映画はいいですね!懐かしい「Bird」、劇場で観ました。10代だったのでうーん大人な内容だったと記憶しております。
最近の訃報でアラン・リックマンまでも・・去年「ヴェルサイユの宮廷庭師」を観て老けたな・・と思っていました。グレン・フライも・・(TT)
しかしそんな寂しい気分を吹き飛ばす、とんでもない映画を観ました!「キングスマン」コリン・ファース主演。007ばりのスパイ映画・・と言っていいのやら!?とにかくぶっ飛んだ映像なのです!あれ?このオジさんは確かスターウォーズの・・が出ていてびっくりです。
劇場公開で観た秀作もDVD化。ティム・バートン監督の「ビックアイズ」とブライアン・ウィルソンの半生を映画化「LOVE&MERCY 終わらないメロディー」の2本は同じような内省的な空気を感じました。「ビックアイズ」はエイミー・アダムズの演技が素晴しい。好きな女優さんです。監督の独特の世界観もすごく良いです。
そして私はビーチボーイズの大大ファンなので、LOVE&MERCYは本当に泣けます・・感動します(TT)当時の雰囲気満載です。
いつかお時間のある時に、是非ご覧下さい!!
2016.01.21 17:57 | URL | #iNF5TQ8k [edit]
lightnews says..."エム様 Re: Re:クリント・イーストウッド監督作品「ジャージー・ボーイズ」はグループの物語です。"
エム様 映画のコメント、ありがとうございます。
多くの映画満載のコメントで、参考になります。
DVDがレンタル出来る作品から、順番に見てみます。
そして、まだ見ていないイーストウッド作品も。
2016.01.22 06:08 | URL | #- [edit]
KK says..."ブライアンウィルソンコンサート"
わたしもビーチボーイズのファンですが、ブライアンウィルソンが4月12日、13日東京、4月15日大阪にやってきます。先行販売でかなり前に購入しましたが、残念ながらチケットがまだ売り切れないようで、表参道にも告知看板が出ています。
ペットサウンズ完全再現するので必見ですよ~。
3月にマイクラブのビーチボーイズも来ますが、合流はやはりないんですね~。
ラブ&マーシー、今月DVD発売なのでレンタルももうじきと思います。残っている写真と再現された映像がそっくり。
2016.01.26 10:48 | URL | #VhNaT.1s [edit]
lightnews says..."KK様 Re: ブライアンウィルソンコンサート"
KK様 ブライアンウィルソンコンサートへのコメント、ありがとうございます。
VIPミート&グリートパッケージもあります。TIER1が$389、TIER2が$139
チケットは別に購入する必要です。
一般チケットでも、VIPでも、どれでも楽しめそうですね。
2016.01.26 23:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1642-4c9cfec1