ゆめ参加NAブログ with ポール・マッカートニー & Sgt Peppers NA Dreamers Club Band

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

RINGO STARR'S UK 1st MONO PRESSING WHITE ALBUM NO.0000001は、$790,000!!

RINGO STARR'S UK 1st MONO PRESSING WHITE ALBUM NO.0000001は、$790,000!!

RINGO STARR UK 1st MONO PRESSING WHITE ALBUM NO 0000001

ビートルズのLPレコードを何枚か?所有していますが、1枚1枚想い出深いです。
中でも、「The Beatles」通称、ホワイトアルバムは2枚組みでしたので、その分値段が高く、学生の頃、なかなか買えなかったのですが、当時輸入盤が大流行で、多少は安かったので、購入したアルバムの1枚です。


レコードはCapital Records アメリカ盤ですが、あとから知ってのですが、このアルバムにはシリアル番号があると聞いたので、「何番かな?」と思ってみると、番号…ありません…アメリカ盤。発売されて十年以上も経過しているので、番号の印字はされてなかったのかな?それとも、番号オーバー?
この事を思い出したのも、このアルバムがリンゴ・スターのオークションに出品されたからです。


WHITE ALBUM NO 0000001

PRESSING WHITE ALBUM NO 0000001

Factory Sample Not For Sale ホワイトアルバム




リンゴ・スター、オークションにかけるシリアル番号1番のホワイト・アルバムについて語る

元ザ・ビートルズのドラマーであるリンゴ・スターと妻のバーバラ・バックが所有する800点以上ものアイテムが、12月3日から5日にかけて行われるジュリアンズ・オークションで競売にかけられることが明らかになっている。
800点の中には、星型の宝石、”Can’t Buy Me Love”のレコーディングなどで使用されたヴィンテージのドラムセット、映画『ア・ハード・デイズ・ナイト』で着用していたスーツや、何十年もの間世界中を旅した際の思い出の品などが含まれている。

12月2日にビバリーヒルズで行われたオープニング・ナイト・パーティーで、リンゴ・スターは競売にかける自らのコレクションの前でポーズをとり、訪れていたゲストが撮影する際には、バリ島の木の彫刻をあたかも自分が持って帰るかのように抱きかかえたり、「彼らは絶対に気づかないよ」と話し、笑いながら近くに掛けてあったツイードのモッズ・ジャケットの襟元を指でなで、「これ、試着しようかな」と話すなど、人々を和ませていた。

また、会場には親友であり義理の弟でもあるイーグルスのジョー・ウォルシュの姿もあった。
今回のオークションで特に注目されているのは、ジョン・レノンがリンゴ・スターにあげた1964年のリッケンバッカーのエレクトリック・ギターを含む、リンゴ・スターがザ・ビートルズやソロの作品で使用した楽器だという。また、全てのザ・ビートルズのライヴでリンゴ・スターが着用していた指輪さえもコレクションの中に含まれており、更には、リンゴ・スターが所有していたシリアルナンバー「No.0000001」の『ホワイト・アルバム』も出品されるとのこと。

出品されるコレクションを3ヶ月の間鑑定していたローラ・ウーリーは、このヴィンテージLPが、これまでのレコード盤の最高価格の記録を破るのではないかと予想しており、ジュリアンズ・オークションは、このLPの最高価格は6万ドル(約735万円)になるとの予想金額を明らかにしている。

一方リンゴ・スターは、このアルバムを35年もの間金庫室に入れたままにしており、それ以前は純粋に彼の家にあったアルバムの一枚であり、ターンテーブルの上でもいくらかの充実した時間を過ごしたと話している。

リンゴ・スターは、「当時は、レコードをかけていたよ」と、『ローリング・ストーン』誌に語り、次のように続けている。「50年もの間保管したのに、こんなにピカピカの状態をキープ出来てるとは思わなかったよ。これを手にいれる人には、僕の指紋も付いてくるよ」
今回出品される1枚目のコピーはジョン・レノンの物だったと噂されており、ポール・マッカートニーによれば、バンドが番号を印字することを決めた時に「最も大きな声を上げて欲しがった」という。

1枚目から4枚目までのコピーはすべてザ・ビートルズのメンバーが所有しており、2008年にはオークションで印字番号「No.0000005」が3万ドル(約368万円)弱で落札されている。

すべての売り上げは、リンゴ・スターと妻のバーバラ・バックが設立したロータス基金に寄付されるという。


前置きが長くなりましたが、本日、そのアルバムが落札されました!
落札金額は、790,000ドル!!
エッ!9,677.5万円!!
1ドル 122.5円での計算ですので、落札価格は、1億ではなかったのですが、ここまで来たら、「1億」って報道されるのかな?
でも、小市民にとっては、322.5万円の差は大きいです。このオークションで競った方、80,000ドルは「敵わん」と思ったので、790,000ドルになったのかな?でも、持っている人は、そんなの関係ねー!?


RINGO STARR'S UK 1st MONO PRESSING WHITE ALBUM NO.0000001


レコード1枚では最高金額です。しかも、トンデモナイ金額です。予想金額は、6万ドル(約735万円)でしたので、その10倍以上ではないか!
物事には相場と言うものがあります。不動産でも株式でも絵画…しかし予想金額の10倍以上と言うのは、何かの間違いでは?と思ってしまうほどです。
先日、リンゴ・スターがビートルズ初期の数十曲のレコーディングに利用したドラムキットが211万ドル(2億5848万円)で落札されましたが、この時も予想金額が、50万ドル(6,200万円)でしたので、これも驚きました。予想の4倍ですか…


ん…世界的にも注目される出品はネットで見るだけですが、ポールの「耳栓」だったら、参加出来るかな…(笑)

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

みっち says..."Re:RINGO STARR'S UK 1st MONO PRESSING WHITE ALBUM NO.0000001は、$790,000!!"
久々の1拍手いただきました。
ホワイトアルバム約1億ですか・・
うちにも眠ってるホワイトアルバム、
あれって白ゆえに周囲が黄ばんでくるんですよね。
写真の様な真っ白な状態で保存なんて、通常じゃとても出来ないです。
いやはや、さすが。

2015.12.06 10:36 | URL | #- [edit]
lightnews says..."みっち様 Re: Re:RINGO STARR'S UK 1st MONO PRESSING WHITE ALBUM NO.0000001は、$790,000!!"
みっち様  WHITE ALBUMの拍手とコメント、ありがとうございます。
確かに黄ばんで来ます。レコードは聞いてナンボ、ジャケットを眺めてナンボですから
金庫に入れて保管なんて、お宝プレミアですね。
聞いてナンボのレコードも、プレーヤーがないので意味ないか…
2015.12.06 11:07 | URL | #- [edit]
haru says..."Re:RINGO STARR'S UK 1st MONO PRESSING WHITE ALBUM NO.0000001は、$790,000!!"
リンゴがモノ版ホワイトアルバムの、シリアルナンバー1を持っていたのですね。
ステレオ版のNo1は、ジョンが持っていると聞いたことがありますが、詳しい方いらっしゃいますか??(そもそもステレオとモノで、それぞれシリアルナンバーがあるのか??も私はわからないのですが…)

私はシリアルも何にもない、CDで楽しんでいますが、真っ白なジャケットは、ラバーソウル→リボルバー→SGT→マジカルと続く、摩訶不思議なジャケットと見比べると、シンプルイズベスト、と感じさせてくれるものです。それにCDジャケットは、何年たっても色あせないです。印刷技術もデジタル化したおかげ?それが「きれい」と思うか「味がない」と思うかは、人それぞれでしょう。(私はリミックス音が好きで、色あせないのも好きですが、それではマニアではないのでしょうね)

音的には、ホワイトアルバムからステレオ版のほうがよくなってきます。ボーカルが真ん中に聞こえるようになりますし「オブラディオブラダ」の手拍子や「ヘルタースケルター」のリンゴの叫び!は、ステレオでしか聞けません。

ジャケットのアートワークでも、音としても、どんどんサイケになっていくビートルズが、我に返ったようなホワイトアルバムですね。

製作者側にとってホワイトアルバムは「険悪なレコーディング」「まとまりのない作品群」となるのでしょう。(ジェフエマリックの本でのデスられ方はすごい=この人あまりのひどさに、仕事放棄しているので。その気持ちわからなくはない)
しかし聴く側からすると、高価なレコード代を払っても、それ以上に十分におつりがくる、バラエティ豊かな「音楽の博物館」ともいえる楽曲群で、たっぷりと楽しめるアルバムです。

ポールは、いまだにこのアルバムから何曲もライブでやっています。もしビートルズが解散しなかったら、このアルバム中心のライブをしたように思います。
2015.12.07 23:36 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."haru様 Re: Re:RINGO STARR'S UK 1st MONO PRESSING WHITE ALBUM NO.0000001は、$790,000!!"
haru様 ホワイト・アルバムのコメント、ありがとうございます。
このアルバム、変わっています。製作者側にとっては迷惑、レコード会社としても2枚組
買う方としても2枚組みで値段が高い。音楽はシンプル&サイケ&ロック&バラードとなんでもあり。
そんな複雑なアルバムでも評論家だけでなく、ファンからも評価が高いアルバム。
確かにポールもライヴで演奏する曲がある。
ん…なんとも不思議で魅力的なアルバムだと思います。
2015.12.09 20:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1606-1d0dd632