ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney 1on1 US Tour & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ポール・マッカートニーのOUT THERE 2015 IN NORTH AMERICAのT-Shirtで学ぶ洗濯絵表示④

ポール・マッカートニーのOUT THERE 2015 IN NORTH AMERICAのT-Shirtで学ぶ洗濯絵表示④

途切れ途切れで更新しています「ポールのTシャツで学ぶ洗濯絵表示」ですが、いよいよ最後になりました。
エッ!?まだあるの?と思われた方…そうですよね、最後に残された絵表示は誰がどう見ても分かる絵ですので、③で終わりかと思われた方がおられて、当然だと思います。
先ずは、確認の為、Tシャツに付いているタグを確認しましょう。


ポール・マッカートニーのOUT THERE 2015 IN NORTH AMERICAのT-Shirtで学ぶ洗濯絵表示

アイロン仕上げ処理はできない。」新洗濯絵表示


もうお分かりですね。「アイロン仕上げ処理はできない。」の意味になります。これは2016年12月からの変更と同じ絵です。
勿論、日本の絵表示と同じだろうと思われた方、ちょっと違うのですよ。
日本の「アイロン掛けはできない。」は、下記の絵です。


日本の「アイロン掛けはできない。」

ん!?どこが違うのか…取っ手が違います…形が若干違います。まあ、でも意味は同じですから、イイかな…
それでは、「アイロン可」の場合は、違いはあるのでしょうか?


日本の場合は…
アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80~120℃まで)で掛けるのがよい。


アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80~120℃まで)で掛けるのがよい。

アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140~160℃まで)で掛けるのがよい。

アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140~160℃まで)で掛けるのがよい。

アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180~210℃まで)で掛けるのがよい。

アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180~210℃まで)で掛けるのがよい。


来年12月からのアイロン仕上げ処理の記号は…
底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げ処理ができる。


底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げ処理ができる。

底面温度 150℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。

底面温度 150℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。

底面温度 200℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。

底面温度 200℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。


となります。限度温度が10℃下がります。ん…微妙…だな…気温だと10℃はかなり違いますので、10℃の違いは大きのですが、アイロンで10℃の違い…分かりません…我が家のアイロンは、低・中・高の表示なので、何度だろうか…
まあ、気にする程でもないのかな…(最後はアバウトです。)


そう言えば、エルヴィス・コステロのアルバム「Punch The Clock」の最後の曲に、「コステロ音頭」(おんど)と言う邦題が付いている曲がありましたが、原曲名「The World And His Wife」で、遠くに離れていった奥さんの事を題材にコステロが明るく?(滑稽に)歌うのですが、これ程、温度差がある曲も珍しいです。
チャンチャン

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1605-fcbdfcd2