ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney 1on1 US Tour & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
10

メープル様からのエピローグ~Amtrak Maple Leaf Trainで、びっくりぽん!

メープル様からのエピローグ~Amtrak Maple Leaf Trainで、びっくりぽん!

「ポール・マッカートニーとメープルとアメリカ・バッファロー公演」Part1 チケット入手は大変!

「Paul McCartney&Maple&BUFFALO」Part2 Let's go to First Niagara Center

「Paul McCartney&Maple&BUFFALO」 Part3 Memory of Hey Jude

昨日まで、メープル様から投稿頂いた「ポール・マッカートニーとメープルとアメリカ・バッファロー公演」をお送りしました。拍手をなんと普段より多い「22拍手」(11月24日21時現在)も頂き、誠にありがとうございます。メープル様、良かったですね!

この投稿には、公演以外の事でも興味深い事が記載されていました。それは、「アムトラック」の事です。アムトラックについての概要は、Part1で記載しましたが、補足説明をメープル様より頂きましたので、エピローグとして掲載させて頂きます。(ポール公演の事と期待された方、スイマセン)


(エピローグ)
アムトラックの記事ありがとうございます。実は鉄子なので列車で国境を越えてみました。今回のパリのテロでも分かったように、ヨーロッパでは簡単に国境を越えられるのに対してアメリカは厳しいです。

私が乗ったのはメープル リーフ号(Amtrak Maple Leaf Train)と言って、トロントとNYマンハッタンの間を一日一往復しています。トロントを出発!

メープル リーフ号


トロントの出発のユニオン駅。この駅の南にあのair Canada centerがあります。

トロントの出発のユニオン駅


ユニオン駅:出発案内。全て英語と仏語表記な所がカナダです。

トロントの出発のユニオン駅 出発表示

NEW YORKとは、私が乗ったアメリカのNY行きのアムトラックですが、それ以外は全てカナダ国内行きです。LONDONとかWINDSORなど、イギリスと同じ地名もたくさんあります。

約2時間で、カナダ側のナイアガラ フォールズ駅に着きます。
ナイアガラの滝です。


ナイアガラの滝。右側がアメリカ、左側がカナダ


国境を越える時の車窓からの写真です。

ナイアガラ川

右側がカナダ、左側がアメリカ、遠ーくにナイアガラ瀑布の水煙が見えます。下はナイアガラ川です。
島国の私達は、あまり国境を意識したことがありませんが、境って面白いですね。


そして国境を越えてアメリカ側のナイアガラ フォールズ駅に着き、ここで2時間停車し、全員降りて入国審査をして、その間に列車内に置いてきた荷物の検査があります。ここからバッファローエクスチェンジ駅(first naigara centerのすぐ近く)までは約30分です。という訳で入国審査がなければ、トロントまで2時間半なのです。
ちなみに反対のカナダ入国はもう少しゆるいようで、停車時間は1時間15分です。




行ってみないと分かりません。聞いてみないと分かりません。乗ってみなければ分かりません。あさちゃんも「びっくりぽん」の列車の話です。
列車の旅と聞くと「優雅だな~」と思うのですが、2時間以上も乗っていると、大体寝てしまいます…

これまで海外で地下鉄や鉄道、バスにこれまで何度か乗りましたが、乗り場、到着駅、料金が分かり難いなど、実際寝ている余裕なんてありませんでしたが、2時間以上はしんどい…それでも、鉄ちゃんであれば楽しめるのかな?

列車で別の国に入国出来るなんて日本ではあり得ません。カナダ・アメリカ間で入国審査があると言っても、列車の駅を降りて入国審査とはグローバルと思います。ヨーロッパに行けば、もっとグローバルでしょうから行き来は良いでしょうね…しかしテロ犯を侵入させる事にも繋がる可能性もありますので難しい問題です。
最近、ヨーロッパで発生している悩ましい事柄が、ポールの来年の世界各国の公演予定にも当然影響する可能性があります。現時点では来年EUツアーは日程が組めないでしょう。

この事はEU、北米だけでなく、日本にも影響を与えそうです。
仮に日本公演が計画されるとしても日本では武道館など各会場の改装による会場不足の問題もありますので、早め早めの日程を組む必要性があります。にも関わらず、このような情勢であると、先々の日程を決め難くなる…その間に会場の予約が取れなくなる…悪循環です。

それでも日本は安全・安心である事はポール側も感じているでしょうから、来年も日本公演が実現する事を期待続けるしかありません。
いや、もう既に日程が組まれているとか…!?期待ばかりが先行してしまいます。

スイマセン…楽しい海外公演レポートの最後に辛口のエピローグで…
メープル様、アムトラックでの移動、ポール公演参加、お疲れ様でした。
来年、またポールに会える平和な世界情勢になる事を願っています!

と、言う言葉で、落ち(オチ)着きますかね?

該当の記事は見つかりませんでした。

10 Comments

ローズ says..."わーーー!びっくりぽん!や~!!"
まず、メープル様のハンドルネームが、メープル・リーフ号からきていること 
私はてっきり...
次に、メープル様が鉄子であること!
私の家族が鉄ヲタなので、親近感わきマシタ! 
そして、最後に管理人様の落ち(オチ)!
現在の世界情勢~からの、これからのポール世界各国の公演~からの、世界平和祈願!
あさちゃんは石炭掘って、これから蒸気機関車走らせるところでっせ~
管理人様の壮大なる人類愛(ポール愛)に改めてびっくりぽん!!!

2015.11.25 02:28 | URL | #- [edit]
KK says..."入国審査"
メープルリーフ号で旅してみたいです。カナダは紅葉の時期だったのでは?94年のNAFTA調印以降は審査はスムースかと思ったら1時間以上もかかるのですね。80年代に車でメキシコ国境越えて米国に帰る時にF1ビザがなかったので大変でした。欧州はEU調印からスムースですが、その前は国境越える旅にパスポートコントロールがあり、大変でした。二等寝台は夜起こされました。言葉も通貨も変わる醍醐味もありました。
ジョンの言葉のようにグローバル化で世界は一つになりつつあったのですが、テロで冷水を浴びせられています。音楽や国際スポーツイベントが狙われたのもショックでした。平和的に解決できることを願っています。
2015.11.26 21:01 | URL | #VhNaT.1s [edit]
lightnews says..."KK様 Re: 入国審査"
KK様 入国のコメント、ありがとうございます。
時代と国で様々な状況です。その異なる文化を知り得て、良い経験をされたのですね。
最近、インバウンドの影響で日本でも入国審査に時間が掛かっているようです。
イライラせずに、これも安全の為だと思って並んで下さい。と…言いながら、私、小走りで並びます。
2015.11.26 22:40 | URL | #- [edit]
lightnews says..."ローズ様 Re: わーーー!びっくりぽん!や~!!"
ローズ様 びっくりぽんのコメント、ありがとうございます。
ついにメープル様の秘密を知ってしまいましたね…
今度、メープル様とお会いした時は、鉄子・話をお楽しみ下さい。
♪てっちゃん、てっちゃん、かねてっちゃん、ちくわとかまぼこ、ちょうだいな♪
意味が違うか…(笑)
2015.11.26 22:55 | URL | #- [edit]
haru says..."Amtrak Maple Leaf Train"
メイプル様、充実のアメリカ公演のおはなし、ありがとうございました。
私も「てっちゃん」なので、アムトラックの投稿、とても面白かったです。

私はアムトラックは経験ないですが、シベリア鉄道やインディアンパシフィック(豪の大陸横断)には乗ったことがあります。いつかアムトラックも乗りたいです。

ヨーロッパでは国境越えを何度かしたことがあります。今はEUに一度入るとパスポートノーチェックかと思いますが、かつては西欧でもその都度見せていたことがあります。

一度『アムステルダム盗難事件』の投稿をしたことがありますが、これにはその後の話もあります。
アムステルダムで盗難に遭い「もう嫌だ」と、駅から列車に飛び乗りました。うとうとしていると係員に起こされました。半分寝ぼけていたので、ユーレイルパスを示しても、どうも違うよう。「Japanese」の問いに「Yes」と答えると行ってしまいました。そしてまたひと眠りすると、列車はの終点「ケルン中央駅」に到着。よく考えるあの人たちは入国管理官。気がつかないうちに「初ドイツ体験」でした。

しかし到着は深夜0時ごろ。ユーロではない時代「お金を持っているのにない(ドイツマルクの現金がない)」悲惨な事態に。夜中の両替所を探すのも困難で、仕方がないからフランクフルトまで列車で往復して、水も飲めない一夜を過ごしました。列車で「アムステルダムで盗みにあった」と隣に座った若い女性に話したら「フランクフルトも危ない。気をつけて」と言われて、帰る列車をホームで待つときは、ビビりながら過ごしました。

「恐怖の一夜」を終え、明け方のケルン駅につき、駅前には巨大な大聖堂!!圧倒されました。

どうでもいい情けない話ですが、後から考えるとおかしな話で、長い投稿になり申し訳ありません。
2015.12.03 21:33 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."haru様  Re: Amtrak Maple Leaf Train"
haru様 てっちゃんの話、ありがとうございます。
各国の鉄道も良さそうですね。大滝詠一の「さらばシベリア鉄道」なら歌えますが…
鉄道と盗難で「長い夜」。ん…松山千春、この歌なら歌う時もあります…
でも、コメントを読まして頂くと、You Never Give Me Your Money かな…

2015.12.03 23:47 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.07 20:39 | | # [edit]
lightnews says..."◯◯◯様 Re: びっくりぽん!な話"
◯◯◯様 びっくりぽんな話、ありがとうございます。
びっくり過ぎて、なんて言ったらイイのやら…
エッ!ん!?へっ?おっ!はっ?
そして、関西本部…これも、ん!?かな
(スイマセン、何の事かわからなくて…)


2015.12.07 22:42 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.08 17:36 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.08 17:37 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1598-4c4602af