ゆめ参加NAブログ with ポール・マッカートニー & Sgt Peppers NA Dreamers Club Band

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

Paul McCartney OUT THERE 2015 IN NORTH AMERICAのデザインは感慨深い!

Paul McCartney OUT THERE 2015 IN NORTH AMERICAのデザインは感慨深い!

Paul McCartney OUT THERE 2015 IN NORTH AMERICAのデザインの謎!?

ポール・マッカートニーのOUT THERE Tour2015が終了した後、Beatles1+が発売されるなど、話題に事欠かない様子ですが、それでもポールロス・シンドローム状態の方も居られると思います。
そんな中、このような素晴らしい衣類が我が家にやって来ました!
OUT THERE IN NORTH AMERICA -T Shirt


OUT THERE IN NORTH AMERICA -T Shirt


このデザインは、このツアーの為に新しく採用されました。看板やネットなどのPRデザインにも使われています。これまでの従来の両手を挙げているOUT THEREのデザインとは異なります。
ブルーのジャケットにホワイトシャツですが、このスタイルは、OUT THERE2015スタイルかな?と思い調べてみました。


調べると…2015年のツアーでは、このようなデザインのジャケットもシャツも着用していません。下記の画像は、2015年10月13日 公演の時です。

ポール・マッカートニー 2015年10月13日

では、いつのかなと…さかのぼると、どうやら2014年のデザインです。ジャケットもシャツも2015年タイプと明らかに異なります。

ポール・マッカートニー2014年8月12日


ジャケットの左の胸にポケットがあります。両肩にバンド?(専門用語が分かりません)があります。このタイプは2014年の北・南米ツアーの時に着用されたデザインです。上着はジャケット・タイプですが、気温が低いとコートタイプを着用している時がありますので、公演会場や季節により、ジャケット・タイプとコートを使い分けています。

ブルー・ジャケットと同じと思われるジャケットを着用した公演はあります…でも、でも、違うのですよ…ジャケットは「これだ!」と言うのはありますが違うのですよ…何が違うかと言うと、シャツが違うのです。

ポールのシャツは、2015年は襟が立っています。2014年は襟が折り曲がっています。この違いがあるのですが、2014年のポールのシャツは、中央に「黒いライン」が入っているシャツが多いのです。
新しいデザインは、ジャケットから見えるシャツは、ホワイトです。この「白」のシャツの公演も、なかなか見つからないのです。


そんな状況で、ニュー・デザインとなっている着用公演が、なかなか見つかりません。ジャケットはあるが、シャツがない…ジャケットも色違いが多くて、なかなかピッタリがない…現在から公演日の近い順に見ていましたがない…おかしいな~まさか、わざわざ撮影した?色調整?なんて事を考えながら調べていると…
これか…!?8月2日公演

ポール・マッカートニー2014年8月2日

でも、よ~く見ると、シャツの真ん中に、ブラックのラインが入っています。
ん…違いました…で、その後、諦めずに調べると…やっと見つけました!そのデザインは…


2014年7月5日 Times Union Center, Albany, NY, での公演です。
それが分かった瞬間「あっ!!」と思い、ポールの意気込みと、このデザインを選んだ事に敬意を払いました。


Times Union Center, Albany, NY, Paul McCartney


どうしてかと言うと、2014年7月5日…この日は、ポールが2014年の日本公演直前に病気になり、日本公演は愚か、その次に予定されていた北米公演も延期となり、その後、回復し、復活公演となった公演日が7月5日です!

Paul McCartney OUT THERE in America 2014 Albany ネタバレ注意

Paul McCartney OUT THERE 2015 IN NORTH AMERICAのデザインの感慨深い!


このデザインを選んだのは、ただ単にジャケットのカラー、シャツのスタイル、ポールのポーズだけではないと思います。ポールの苦難を乗り越え、ステージに対する意気込みが感じる公演の時であったので、このデザインを選んだのではないかと思います。

そして、2014年5月の日本公演が、もし行われていたら…このデザインのジャケットとシャツを着用してステージに登場したかもしれません。ん…何だか嬉しくもあり、悲しくもありますが、そのデザインがTシャツのデザインになっているとは感慨深い気持ちです。

そう思うと、今すぐ着用出来ません…飾っても良いくらいです。
Thank you!Paul!Thank you!◯◯◯◯様!

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

わか says..."Re:Paul McCartney OUT THERE 2015 IN NORTH AMERICAのデザインは感慨深い!"
なるほど!
これは納得です。
管理人様、大捜索お疲れ様ですm(_ _)m

私はTシャツは「着てナンボ」派ですので基本的に「ポールの顔ドン!」的な物は敬遠しているのですが、これは色あいが綺麗なので気に入っています。
正に「飾ってもいい」デザインですよね。

復活の象徴とも言えるデザインがアウトゼア最後の(?)ツアーで使われるとは…
「来年も期待していてよ!」というポールのメッセージのような気もします^_^
Thank You ◯◯◯◯様!

それはそうと、このTシャツ、タグ付いてますね…
2015.11.15 17:19 | URL | #QEQxHeIk [edit]
lightnews says..."わか様 Re: Re:Paul McCartney OUT THERE 2015 IN NORTH AMERICAのデザインは感慨深い!"
わか様 Tシャツのコメント、ありがとうございます。
OUT THEREのTシャツの中では、一番のデザインです。
まさか・・・このデザインで、来年再スタートしたりしてOUT THERE!?
ところで、ベテラン・コメンテーターになると、
次のブログの内容が分かるのですね(笑)。
2015.11.15 18:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1589-31159179