ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

OUT THERE Tourで観客もステージも大爆発!feat."Live And Let Die"

OUT THERE Tourで観客もステージも大爆発!feat."Live And Let Die"

2015年10月22日で、北米ツアーの日程が終わり、長きに渡るOUT THERE Tourが終了と噂されています。日本に三年連続で来日し、印象に残る日本公演となりましたが、皆さんにとって、どの曲に注目されていましたか?
ファースト・ソング?大合唱のHey Jude?武道館初披露曲は何か?とか…色々な事柄や想いで注目されていたと思いますが、この曲に注目されていた方が多いと思います。
そうです。Live and Let Dieです。


ポールの公演では、演出で一番盛り上がる曲です。その演出は「大爆発」です。
その爆発について、tebichi様より資料を頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。


先ずは、この画像からご覧になって下さい。(下地の画像は、武道館公演でのBack In The U.S.S.R.です。)

OUT THERE Tourで観客もステージも大爆発!feat.Live And Let Die


機材については、画像にも記載して頂きましたが、意味が分かりませんでしたので、調べると…
赤枠がFreamと言い、火薬を使った炎のような効果があります。
黄枠がPyrotechnics(Mortar Hit)。パイロテクニクスと読みます。瞬時に閃光を放つような効果。空中に丸い火の玉を作る効果などもあります。
青枠はSmoke、つまり煙ですが、この煙はCO2です。CO2は炭酸ガスです。
「ジェットホーン」と呼ばれる装置から瞬時に空中に噴出し、その力強い白煙で インパクトのあるシーンを演出します。


tebichi様曰く…
Mortar Hit?は使い切りタイプの様で3発、使用後は筒先の白い蓋?が無くなっていました。
今回調べたところ”爆音+閃光~火球~大量の白煙”という盛りだくさんな仕様で、ポールが左腕を上げるポースで、最初に2回、中盤で1回使用され、エンディングでポールが耳を塞ぐ爆発では使用されていません。





あの演出で色々な機材・技術が使われているとは驚きです。
ニューヨーク州バッファロー公演では、武道館公演と演出が異なります。


N W Live And Let Die


画面の左側・ステージ奥側が、Freamです。ほら、火柱のようでしょう。
ステージの全面で光っているのが、Mortar Hitです。
白い煙が、炭酸ガス、Smokeでしょうね。
花火のような高く立ち上るのもありますが、あれはMine(マイン)かな?


こちらのブログにアップしたyoutubeを見て頂くと、またよく分かります。

Paul McCartney OUT THERE IN NORTH AMERICA 2015 Nationwide Arena in Columbus

McCartney's world tour OUT THERE・the last stop?


専門外の事を調べながら、記載していますので、間違いがあるかもしれませんので、何かお気付きの点がありましたら、お知らせ下さい。
今日は、Live And Let Dieの爆発でお楽しみ下さい。



ところで、海外公演に行かれていた皆様、日本に無事、帰国されましたか?
お疲れだとは思いますが、お時間をある時に、こちらへの投稿をお願い致します。
会場に到着するまでのあれこれ、チケット、ファンの方、サウンド・チェック、本公演、グッズなどなど、シリーズ化で掲載致しますよ!!


大募集!「ポール・マッカートニーと私と海外公演」、投稿企画第二弾!!

ご応募・投稿、宜しくお願い致します。

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

KK says..."ステージ演出"
知らないことがたくさん。勉強になります。使い捨ての最新爆破技術で演出されてるのですね!興行成績も良いし、盛り上がるわけです。
パイロというとパイロマニア(放火魔)というアルバムを出したバンドのファンでした。高熱で燃えやすいという意味の接頭語と認識しておりました。
80年代から外タレを見てきましたがステージ上に観葉植物一つみたいな超シンプルなもの、静止画プラス動画、エアバルーン、回転ドラムなどいろいろありましたが、ボストンのライブでのヴァリライトには改めて魅了されました。最近では空間に3D動画のように見せる技術もあるらしく、見てみたいです。
ポールのライブでは動画や静止画でノスタルジックな気分になるので今のままで十分ですが、次は何を見せてくれるのか?という期待もありますね。
2015.10.28 09:25 | URL | #VhNaT.1s [edit]
lightnews says..."KK様  Re: ステージ演出"
KK様 演出のコメント、ありがとうございます。
ポールの演出としては、上がるステージ、ゴンドラ、ファン交流、シルク・ド・ソレイユ
次は、NEWマンの登場か?(まさか…)
気分的な事でブログ・本文は休憩致します。これも演出?
2015.10.28 21:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1575-46fb5828