ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

あらら様の「ポール・マッカートニーと私と武道館公演」~気合のMaybe I'm Amazed

あらら様の「ポール・マッカートニーと私と武道館公演」~気合のMaybe I'm Amazed

当ブログの初投稿企画・「ポール・マッカートニーと私と武道館公演」が、いよいよ終盤となり、「ソロソロ カエルジカンデス」の頃です。

本日は、昨日、緊急・初投稿して頂いた方からの投稿です。
「あまりに素晴らしい企画に感動し、投稿させていただきます。」なんて、管理人泣かせの事を書いて頂き、嬉しいやら、照れくさいやら、恥ずかしいやら…
さあ、行きましょう!本文のスタートです。



①ペンネーム:あらら
②お住まいの都道府県:東京都
③テーマ:気合のMaybe I'm Amazed



「Maybe I'm Amazed」
という曲は、私にとってポールの全キャリアを通じて最も好きな曲の一つです。
ところが、1990年の初来日の時には、来日直前まで海外では演奏していたのに、「日本向け」ということでLet'Em Inに差し替えられてしまったのは本当に残念なことでした。
また、1993年の来日の時も演奏されることはありませんでした。


そしてついに! 2002年、東京ドームでこの曲を生で聴くことができたのです! 
この頃のポールは喉も絶好調で、まさにめまいがするほどの感動を覚えました。
さらに2013年、もう一度聴くことができ、やはり大感激でした。


そして今回、2015年です。
アリーナほぼ正面の、自分史上最良の席をゲットすることに成功した私は、意気揚々と東京ドーム公演に臨みました。
が、その日のポールは明らかに喉の調子がよくありませんでした。
音響の良い席ゆえ、そのことが「わかってしまった」のです。


この曲の冒頭歌いだしの部分では、声が裏返るんじゃないかと心配になるほどでした。
そしてその時、キーボードのウィックスが、ポールの方を向いて喉に手をあてて、苦しそうなジェスチャーをしていることに気づきました。ポールの声が出ていないことを表現しているのか、いずれにしても大胆なジェスチャーだな、と思いました。
そんなこともあり、個人的な事情も重なって、この日のライブは良席だったにもかかわらず不完全燃焼に終わってしまったのです...


複雑な心境で迎えた武道館公演の日、座席はポールを斜め後ろから見る変わった席で、ポールがピアノを弾く時は、手前にウィックス、その向こうにポールが同じラインに見えるような感じでした。
そこでわかったのが、この曲の要所要所でウィックスがポールにジェスチャー?サイン?を送り続けていたということです。


この日のポールは、気合の入った素晴らしいヴォーカルを披露してくれました! 
特に冒頭の「Hung me on a line」のところなどは、少し力んで声を絞り出すような感じで、アルバム「マッカートニー」のオリジナルバージョンを彷彿とさせるものでした。(この部分はスカパーでは残念ながら...。)


そしてこの時、私の記憶では、ウィックスは両手を大きく上に広げ、「すばらしい!」と言わんばかりのジェスチャーをしていたのです。
ウィックスと視線を交わすポールがなんともいえないいい表情に見えました。


また、2回目のギターソロの前の、裏声で「ウ・ウ・ウ・ウ・ウ・ウ・ウ・ウ・ウゥゥ~」のところ(わかります?)では、ウィックスが音階に合わせて手を上下に動かし、あたかも指揮をとっているかのようでした。

ウィックスの手が空いた時のパフォーマンスとして始めたのか、ポールが気合を入るよう にとウィックスに頼んだのか真相はわかりませんが、ウィックスがポールを煽るような様子は、この曲の見どころの一つだと思います。

この日一番のハイライトは間違いなくAnother GirlからGot To Get You~の流れだったと思いますが、私にとって

Maybe I'm Amazedはもう一つのハイライトとなりました。

そして他の曲も文句なくすばらしく、全編を通じて興奮しっ放し。
会場の盛り上がりも凄まじく、セットリストもいい意味でコンパクト、まるでライブハウスにいるかのようです。これ以上ありえないくらいの最高のライブ体験となりました!




あらら様、ありがとうございます。
Maybe I'm Amazed、いい曲ですね…


♪ベイビー 驚くよ
君がそんなに僕を愛してくれるってことに
なんだか怖いね
こんな風に君のこと好きだったってことに♪


ラブソングなのに、熱烈な歌い方をする この曲に説明は要りませんね。
ポールの歌声を聞きましょう。



Thank you PAUL!

さて、明日は、この企画のアンコール投稿があるかどうか…それとも、新企画発表か!?それとも、アーカイヴ話?

その前に!皆さんに大事なお知らせがあります。
「関東支部 第四回・オフ会の開催」のお知らせです。
詳細、お申し込みは、こちらの方まで…⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

関東支部 第四回・オフ会の開催のお知らせ

皆様のお申し込みをお待ちしております。


投稿された方に、あたたかい「拍手」を、お願い致します!! 管理人より
「ポール・マッカートニーと私と武道館公演」 皆様の投稿欄

この企画は、当ブログに投稿、アクセス、コメントして頂いた方々で、成り立っています。
投稿されたみなさんに、「ハクシュ ヲ」Clickして下さい!

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

haru says..."Tag Pipes 聴き比べ会に参加しました。"
haruです。

少し前「Tag Of War Pipes Of Peace展」をお知らせしましたが、昨夜そこで展示されているレコード(世界各国のビニール版)の聴き比べ会がありましたので、その御報告を投稿します。

「レコードコレクター10月号」掲載のコレクション主の方(コイコイブラザース様)の各国のレコード。見るだけでなく聴くことができました。

傾向としてUK版が中音域のバランスがとれていて聴きやすく、US版は広い家で大音響で聞くのがよく、ドイツ版が最高との声が高いですが、低音部が強く、私には過剰でした。インド版が好評ということでしたが、軽い音に思えました。私個人はUK版が好み、という感想です。

「コアラの唄」(Say say sayのシングルB面曲で、今回のPipesのボーナストラックで初CD化)は、オーストラリア版の7インチシングルだけ、違うミックスになっているというのも聞かせてもらいました(コアラを呼ぶような呼び笛みたいな音が聞こえる)

Pipesタイトル曲の中で出てくるタブラー(インドの太鼓)や、ほかにもいくつかの音については、古いアナログ盤の迫力は、今回の新CDでもかなわないものがあるように思いました。(家では大音量で聞けないせいもあるのでしょうね)

レコードはプレスされた国にによって音が違うのと、音に深みがあるのが面白いと思いました。ただ、我が家にはレコードプレーヤがないし、置くスペースもない!

「レコードマニアの方はすごい!」と感じさせられたイベントでした。うらやましくもあり、怖いから入りたくないという思いアリです。

連休中はTag Pipes三昧、ヘビロテ状態で楽しみました。(ほかにやることがあまりなかったので)Tagのリミックスは、ボーカルにエコーがかかりすぎなような感じで、最初なんとなくなじめませんでした。もう一枚のオリジナルのほうがいいと思いました(Pipes同様のリマスター)。しかし何度か聴いているうちに、リミックスもありだなと思えてきました。Pipesは素晴らしくきれいな出来だと思います。

特にTagは出された当時から「音がいい」ことで有名なアルバムなので、今回のアーカイブで楽しめること間違いありません。

2015.10.12 13:24 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."haru様 Re: Tag Pipes 聴き比べ会に参加しました。"
haru様  聴き比べ会のコメント、ありがとうございます。
各国によって違うのですね。カッティングの差かな?それがコレクターを駆り立てる事にもありましたが…
我が家にもレコードが眠っています。でもプレーヤーがない…
その内、Tug、Pipesのレコードとアーカイヴの聴き比べなんてしてみたいです。
それよりも、レコード・マニア様の話、聞きたかったです。
2015.10.12 13:43 | URL | #- [edit]
haru says..."聴き比べ会追伸"
管理人様、レスありがとうございます。
管理人様のレスで、一言追加があります。

今回のアーカイブシリーズ、ビニール版も出されていて、前記の版との聴き比べもありました。

音全体はきれいにまとまって悪くないですが、昔のレコードに比べて「鮮度が落ちて」全体的にこじんまりまとまった感じです。迫力は昔のレコードの方かなという感じです。(ただレコードはよほど状態がよくないと、ノイズばかりが気になります)

ビニール版はそうでしたが、CDやハイレゾとの聴き比べをすると、どうなのでしょうか?

Tag Of War以降はデジタル録音が始まっていて、CDとの相性がいいという話です。
まあ一般家庭で普通の音量で聞くのであれば、デジタルメディアが間違いないのかなと思います。
2015.10.12 18:19 | URL | #ZQQxuXf2 [edit]
lightnews says..."haru様 Re: 聴き比べ会追伸"
haru様  聴き比べ会のコメント、ありがとうございます。
昔のVinylか、最新のVinylか…その内、どちらもノイズが気になりそうです。
アーカイヴについては、Vinylは、ハイレゾ・Downloadが出来るので魅力的です。
ところで、CDやハイレゾ…ん…どちらも綺麗な音です。(回答になっていませんね)
2015.10.12 20:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1558-4216564d