ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

宝音流LOVE様の「ポール・マッカートニーと私と武道館公演」~キターーーッ、ドキドキ、近っ!!!

宝音流LOVE様の「ポール・マッカートニーと私と武道館公演」~キターーーッ、ドキドキ、近っ!!!

今日のブログは、私が京セラドームで大変お世話になった方からの投稿です。
彼女(達)の良席運は、努力と優れた才能と強運かと思うのですが、今回も、そのような結果が得られた事に感服致します。
それでは、お楽しみ下さい。



① ペンネーム 「宝音流LOVE」
② 東京都
③ PAULと私と武道館公演
④ 添付写真・・・武道館公演終了後に撮影(スマホ)


2015年3月19日、いよいよ武道館公演発表か??? Twitterの情報をかぶりつきで見ていたのに、いつのまにか睡魔に襲われ...はっ!っと飛び起きたのが、翌20日の午前3時!そして…

キターーーッ!!!


あわててキョードー東京へ向かうべく支度をするも、手はブルブル、心臓はバクバクで、頭は真っ白状態に(笑)
なんとか支度をしてタクシーに飛び乗り、表参道のキョードー東京へ向かいました。昼頃には整理券が配布されました。


翌日に、SS席を購入でき、ほっと一安心。でも座席は、いわゆる「ガラガラポン」…SS席とはいえ、1階席 の可能性もあり、ずーーーっとドキドキでございました。
そして、4月26日のチケット引き換えは、友人に無理やり選んで貰った所…


なんと見事に、アリーナ GET!!!

えびさま、本当にごめんなさい、そして ありがとう!!!

今回は、人生初めてのホテル出待ちを経験致しました。管理人様の待ち位置を参考にさせて頂き、(たぶん)同じ位置からのスマホ動画撮影にも成功致しました。
(ただ、コーフンした私の叫び声がはいりまくりなので とてもお見せできるシロモノではございません)


さてさて、武道館当日。やっと入場でき、自分の座席へ行くと・・・

えっ??? 近っ!!!うれしすぎる!!!

アリーナの真ん中より少し後方でしたが、Paul のマイクがまっすぐ前にある!うふふっ!
1990年の来日時から、「Paulのコンサートだけ見ることが出来ればいいんです。


できるだけ近くで…」と神様にお誓い申し上げておりますので、Paul 以外のコンサートの経験がほぼないのですが、
いやーーー!!!すごかったです!!!ブドーカン!!!みんなの熱気とコーフンが ものすごく伝わってくる!!! 圧倒されてしまいましたネ。


特に、私の隣におひとりで参加なさっていたお兄さん(スーツ姿だったのでお仕事帰りですね)、もうPaul と一緒に歌いまくりで、しかもきちんと歌詞があっていて感心してしまいましたヨ。スローな曲はもちろん静かに聴いていらっしゃいましたし、ガンガンのりまくった後は、タオルでブンブン顔を拭いていらっしゃいました(笑)。楽しかったです!!!

あれから もう5カ月が過ぎた今も、ブートを毎日聴きながら余韻に浸っております。

「Paul、ホントーにありがとう!でも、絶対また来てね~~~!」

と願いながら。。。

宝音流LOVE」様の「ポール・マッカートニーと私と武道館公演」~キターーーッ、ドキドキ、近っ!!!




宝音流LOVE様の興奮状態が伝わる文面で、楽しく拝見させて頂きました。
それにしても、これまでのVIP参加を含め、強運と言うか、執念と言うか、思いが現実になる結果に感心します。持っていますネ!
「真ん中より少し後方」って、アリーナE-2?スバラシイです。このような座席でしたら、サイコーですね。

思い起こせば、武道館はSS席を購入するのも大変で、整理券を入手したにも関わらず、SS席を購入出来なかった方、ネット抽選でSS席がハズレたり、整理券配布時間に行けず、完全に諦めた人(あっ!?私です)もいるなど、整理券、しかも、早めの番号を入手するだけでも大変な状況でした。

ポールの武道館公演は、座席もサプライズ、演奏曲もサプライズ、演奏時間もサプライズ?と話題豊富で想い出深い一日になったと思います。飛び跳ねるような投稿内容で、私も楽しませて頂きました。

明日は、名古屋から参戦された方からの投稿です。この画像を見れば、観客の興奮度が分かります!
お楽しみに!

追伸
ようやく、Amazon CAから、Pipesが到着!でも、Tugは、まだまだです。Tugを先に聞くべきだと思うので、Tugが届くまで…封印です。


投稿された方に、あたたかい「拍手」を、お願い致します!! 管理人より
「ポール・マッカートニーと私と武道館公演」 皆様の投稿欄

この企画は、当ブログに投稿、アクセス、コメントして頂いた方々で、成り立っています。
投稿されたみなさんに、「ハクシュ ヲ」Clickして下さい!

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

haru says..."到着"
「カナダからの手紙」我が家も到着しました‼
日本Amazonだと一つしか入っていないような箱に、梱包材がほとんどなく、二箱並んで入っていました。

これからよく見ますが、破損等なさそうです。

連休は、これで楽しみます。
「武道館」頑張ります。

あ、管理人様「Pipes」凄くいい音になっていましたよ。「Tag」待たないで是非聴いてみてくださいませ。
2015.10.08 23:54 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."haru様 Re: 到着"
haru様 Amazonのコメント、ありがとうございます。
無事、到着、おめでとうございます。
Pipes、噂通りのイイ音なんですね!
Tugのスパデラが連休中に届かなければ、Pipesを先に聞こうかな…
その前に、Download、トライします。
2015.10.09 22:19 | URL | #- [edit]
KK says..."Tug Of War Remix"
宝音流LOVE様のライブレポート、ステージ正面とは羨ましくなりますが、午前3時にタクシー飛ばして9時間並んで整理券ゲットした努力が実を結んだのでしょうね。おめでごうございます。

話は変わりますが、Tug Of War をじっくり聞いていくと今まで気が付かなったところも見えてきて楽しいです。共作と思われがちなエボニー&アイボリーはポールの作品で、89‐90年のツアーでも演奏されます。What's that you're doing はスティービーワンダー色が強く、スティービーワンダー&ポールの共作になっています。6分強の大作ですが、緊張感があって、改めて魅力を確認しました。このアウトテイクを聞きたかったです。

ウィングス時代にベースの曲は出来ていたため、デニーレーンも参加していて演奏でクレジットされています。フュージョン系の曲があるわけですが、スティーブガットらの影響も感じます。ビリープレストンが加わったときのレットイットビーセッションを思い起こさせます。ドラマーは少なくとも4人クレジットされていますが、リンゴのドラムが、ジョージマーティンのプロデュースに似合います。

テイクイットアウェイのボーナストラックは、歌詞の一部が違い、Faded Flowers wait in the jar till the evening is completeが、To more customers ...Request from last weekといった仮歌になっているようです。最後の最後にオリジナルへ変えたんですね。オリジナル歌詞はPVの映像にも忠実に反映されているので、重要なシーンですね。最後まで残る・・・、照明が消えるまで・・・、夜が明けるまで・・・といったフレーズはトリは大物が務めるというところから来るのでしょうか。

Take it away は俗語で、さあどうぞ、本番をはじめてください、といった意味ですが、CD化されたときのライナーノーツではそれを取り去ってくれ、と文字通りの意味がかかれています。新訳では、さあ始めてくれ、と訂正されています。

The Pound is Sinkingは今の情勢ともリンクして考えると興味深いです。ジョンの訃報、サッチャー政権、ロイヤルウェディング、フォークランド紛争等、色々あった時期です。アルバムは1982年4月発売なので3月末から4月はじめの紛争は直接影響はなさそうですが。

RaincloudsとI will Give You A Ring いい曲ですね~。Raincloudsの方はジョンの訃報があった頃の録音していた。思わず歌詞に悲しくなります。かつてhelloとgoodbyeの対比をしたようにrainとsunを対比しているようです。Rainclouds hide the sun で終わる歌詞も印象的です。Good Day Sunshine, Here Comes The Sun, Rain, Sun Kingなど天気がらみの曲はありますが、JohnはSunだったのかな。
2015.10.09 22:52 | URL | #hoJw6rrM [edit]
lightnews says..."KK様 Re: Tug Of War Remix"
KK様 Tugのコメント、ありがとうございます。
1曲1曲、ポールの想いがある、意味のある楽曲になっているのですね。
楽しめて、考えさせられる…そんな大切なアーカイヴになります。
私のTugは、まだまだ到着する気配がありません(船便?)が、気長に待ちます…
2015.10.10 09:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1552-bfe98fd9