ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
10

東京ドーム公演二日目・2015年4月25日、Live Let Dieと、ポール・マッカートニーが装着する耳栓

東京ドーム公演二日目・2015年4月25日、Live Let Dieと、ポール・マッカートニーが装着する耳栓

2015年4月25日・回顧録。ポール・マッカートニーがホテルを出発!

4月25日・東京ドーム公演・入待ちとサウンド・チェック。ポール・マッカートニー feat.風太郎さん

2015年4月25日・東京ドーム・25ゲートは想い出の場所。

2015年4月25日・東京ドーム2日目・ポール・マッカートニー公演実回想で、ポールのシマッタ!?

2015年4月25日・東京ドーム2日目・ポール・マッカートニー公演実回想・PART2

2015/4/25 東京ドーム公演二日目・Here Todayのマナーと、観客の反応と、ポールの大人の対応

東京ドーム公演二日目・2015年4月25日・演出と、後ろ姿と、ウクレレの置き場所

東京ドーム公演二日目・2015年4月25日・モコモコと指タッチとヘフナーポーズ!

お待たせしました。「Live Let Die」に突入です!
大音響!大爆発!大歓声!と公演のハイライトの1つです。この大爆発、観客席でも音が激しいと思うので、ポールはどのように対処しているのかな?と思っていましたが、当然、「耳栓」しております。でも、いつ耳栓して、いつ外しているのか?そんな、どうでも良いことを検証しました。


ポールがYAMAHAのピアノに座る頃に、シンセ、ドラム、ギターなど各バンドが繰り広げられる前奏が、Baaaaan(と言うのかな?)と流れる中、ポールは、落ち着いた様子で、演奏前に、耳栓をします。

paul Live Let Die 2015 東京 耳栓

実は、このシーン、スモークがたかれるので、ポールの姿が見えない場合があるのですが、この日は、(自前のカメラズームで)確認出来ました。
左手に2つの耳栓を持っており、始めに左手で左の耳、そして、もう1つの耳栓を左手から右手に握り替えて、右手で右の耳に耳栓をするのですね。


paul Live Let Die 2015 東京 耳栓2


エッ!?その耳栓は、始めどこにあったのか…?ん…それが分かりません。ピアノ上か?ポールのポケット?私の予想では、ピアノの上かと思っています。ポッケなら座って取り出すのは大変だと思うので…そして演奏…

♪When you were young and your heart was an open book
You used to say live and let live♪


paul Live Let Die 2015 東京


観客、大歓声です。でも、カメラアーム、スモーク、演奏者(スイマセン)が重なってポールが見えない時が多いのです。それ程、火薬が多いのですが、年々、多くなっている気がします。初来日の時は、ライティングが中心で、たまに「ボン!」と言う音(火薬?)があった事を比べると、日本の規制が穏やかになってきた事と、MPLのスタッフの信頼度なのかな。

増刊号では「地獄の黙示録」を例えに出していますが、こんな感じかな…

paul Live Let Die 2015 東京 fire


そんな事よりも、ラスティが大爆発の間奏の時に、倒れこんで…

paul Live Let Die 2015 東京 ラスティ

♪You used to say life and let live♪で立ち上がり…
♪(You know you did, you know you did you know you did)♪のコーラスでLive・蘇り歌い出すシーンは、名演技の1つです。ここに増刊号は、どうして記載しないのかな?


最後は、連打の爆発と、ポールのピアノの乱れ打ち!そして、フィナーレの大爆発!
そして、ポールは耳をおさえて「No!No!」とユーモアなジャスチャーと、そのポーズに喜ぶ観客…増刊号記載の通り、ポールが「サイコー」と正しく叫んでいますね。


ところで、あの耳栓、どうなったのでしょうか…
どうやら、最後の大爆発が終わった瞬間、耳から取り外しています。その瞬間です。


paul Live Let Die 2015 東京 耳栓外し

外した耳栓は、右手に持っていますので、左手で、No Noの仕草をします。その後、両手を広げて…

paul Live Let Die 2015 東京 oh no


そして、ピアノの右手に持っている耳栓をピアノの右側に置いたと思われます。(耳栓が見えたわけではありません。)あの耳栓、どんなタイプなのかな?高反発ウレタンかな?欲しいアイテムの1つです。

paul Live Let Die 2015 東京 耳栓置き


次は、名曲の大合唱…ですが、またまた字数となりました…
エッ!?今日は1曲だけ!?段々、1回に検証する曲数が減っているこの企画です…

該当の記事は見つかりませんでした。

10 Comments

すーさん says..."Re:東京ドーム公演二日目・2015年4月25日、Live Let Dieと、ポール・マッカートニーが装着する耳栓"
いつも楽しく拝読しております。
耳栓、確かにピアノの右側に置くんですよね。武道館のオーディエンスショット
(2階東のステージ裏あたりから撮ったもの)に、しっかり置いたところが
映っていて確認しました。もともと右側に置いてあって、それを元の位置に戻すのかな?
「欲しいアイテムの1つです」とおっしゃるセンスに大笑いさせてもらいました(笑)
2015.09.12 13:53 | URL | #- [edit]
lightnews says..."すーさん様 Re: Re:東京ドーム公演二日目・2015年4月25日、Live Let Dieと、ポール・マッカートニーが装着する耳栓"
すーさん様 耳栓のコメント、ありがとうございます。
ピアノの右側に置いたことが確定出来て、良かったです。
ポールの行動は、ドームよりも、武道館ステージ裏の方が
観やすかったでしょうね。座席については、また別の機会に…
2015.09.12 14:22 | URL | #- [edit]
haru says..."Live Let Die"
4/25だけで、大変細かな検証、ありがとうございます。30倍ズームで写真を撮影されながら、コンサートもしっかり楽しまれておられて、すごいと思います。私なぞは歌って絶叫して…何が何だか覚えていないので、これだけ冷静なコンサートの報告をされていることに頭が下がります。

さて「Live Let Die(死ぬのは奴らだ)」の爆発は、確かに年々エスカレートしていますね。そしてとても熱い。ポールやバンドメンバー、毎回で慣れているにしても、よく耐えているな、と思います。すごい音なので耳栓が必要です。熱さは前方で見ていると感じます。

武道館では南東の上段でも熱さを感じました。
おそらく北東、北西のお客さんは、メンバー並みの熱さや衝撃を感じられたと思います。
「武道館でもやるのか」という衝撃を、あの日の観客皆が受けていました。

会場の条件に合わせて、最大限に衝撃を与えられるように、スタッフも頑張っているのですね。

ただ、私個人としてはOver Americaのストロボフラッシュの演出を、またやってほしい気がします。

後本編1曲、そしてアンコール6曲、どれも個性的な曲ばかりなので、今後の展開も楽しみにさせていただきたく思います。
2015.09.12 18:35 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."haru様 Re: Live Let Die"
haru様 Live Let Dieへのコメント、ありがとうございます。
今回のような事を記載する事が出来るのは撮影許可が得られているお陰ですので、ポールに頭が下がります。
そして、ファンの方を満足させるスタッフの努力があってこそです。
私としては、こんなマイナーな話でも読んで頂ける方、あってこそです。ありがとうございます。
2015.09.12 22:31 | URL | #- [edit]
kenpapa says..."Re:東京ドーム公演二日目・2015年4月25日、前回9月11日のモコモコについて"
こんにちは、頻繁の更新ご苦労様です。私も参戦した25日公演について詳細に解説されておられますが本当に頭が下がる思いです。私はほとんど細かいことは覚えていませんので、曲の解説、合間の状況など、そうだったんだーと感動しながら拝見しています。私はVIP席だったのでAブロック中央7か8列だったのですが、Here Todayの時の笑い声とポールの対応は記憶にありません。行けなかった武道館のBOOTはスカパー画像含め異なるレーベルをたくさん収集してしまいましたが、自分が行った日のものも良質なDVD,ブルーレイがあれば欲しいとは思っています。
それでモコモコについてのお話しですが、実は私の真ん前の男性が一人で来ていて、布製のモコモコしたポール人形(自作と思われます)をステージに向け突き出して盛り上がっていました。で確かに上に放り投げてキャッチしていました!!邪魔ではなかったですがすごいなと結構観察していました。後ろの席からも見えていたのですね!ポールもほんとに気付きましたか!?気付いたなら私のサインボードにも気付いてくれたでしょうか!この公演のプロショット映像があれば確認できるかもしれないのに・・・BOOTでもスクリーンに映った自分のボードを確認できればすごい思い出になるのにと、どこかにないでしょうかね。
25ゲートで私のサインボードの写真を撮られた方記憶にありますでしょうか。わか様はスクリーンに出た私のボードに気付いて下さいましたね!ありがとうございました。
2015.09.13 12:58 | URL | #hqKcF6Dg [edit]
lightnews says..."kenpapa様 Re: Re:東京ドーム公演二日目・2015年4月25日、前回9月11日のモコモコについて"
kenpapa様 モコモコのコメント、ありがとうございます。
ポール人形だったとは!ポール、あの方向を間違いなく見ていますので、
あの位置なら、kenpapa様のボードも必ず気が付いています!確証有り!
ところで、武道館BOOTについては、また武道館の話になった時にコメント頂ければ、嬉しいです。
P.S Youtubeを見れば、ボード、映っているかもしれませんね。
Hey Judeの自撮の写真を掲載しておきますので、ご参考まで。
2015.09.13 21:33 | URL | #- [edit]
KK says..."耳栓"
詳細なレビュー、何度もコンサートを楽しめて、感謝感謝です。
耳栓をしているという事実、初めて知りました。
自分の音や他のメンバーの音もミュートされてしまうと思うんですが、イヤモニ内蔵でホワイトノイズで爆発音だけカットする、すっごい耳栓なんですかねー。それとも
ピアノ周りのモニターアンプの音量上げてカバーしてるんでしょうか。
また色々と知りたくなってしまいました。
派手になっていく「死ぬのは奴らだ」。ファンが喜ぶ最大限のサービスをしてくれるのは嬉しいかぎり。また見たくなってきました^_^
2015.09.15 21:21 | URL | #VhNaT.1s [edit]
lightnews says..."KK様 Re: 耳栓"
KK様 耳栓のコメント、ありがとうございます。
そうですよね、気になりますね。ポールの耳栓。
耳栓に興味を持つのは私だけでなかったので、安心しました(笑)。
もし、耳栓、貰えたら、KK様に片方、お渡ししますよ(続・笑)。
2015.09.15 23:12 | URL | #- [edit]
KK says..."Yamaha"
いつも丁寧なコメント返しありがとうございます。
ポールの使ってる楽器の中でグランドピアノについてYAMAHAということでしたが、いつ頃定着したのでしょうね。YAMAHAのホームページでは古くはビートルズ時代からとなってますが、英語のwikiではステインウェイandサンズやバックステインは出てきます。歴史があり、世界的な楽器メーカーですが、海外のミュージシャンに広く認知されだしたのは60年代という話も聞きます。よい日本の楽器メーカーはほかにもありますが、認知度と利用度は一番ですね。(ほかローランドも人気ですが、ほぼ全てのバンド楽器はYAMAHAだけ)
べースではメーカーからポールに進呈したBBというモデルがありますが、現在はヘフナー回帰で見ませんね^_^
またグランドピアノの運搬ってどうするんでしょうか。ドームから武道館の夜間移動もすごかったと思いますが、韓国への空輸も大変だと思います。台風シーズンは無理ですね。一部は現地調達の機材もあるんでしょうかね。日本のアーティストでも10トンから20トンの機材を空輸されることもあるようです。(嵐のハワイコンサートなど)
グランドピアノは幅を取るし、山積みするためのハードケースなんてみたことないし、本当大変そうです。日本でレンタルしてたり?なんてことはあるんですかね。

前の記事に散文で失礼しました。
2015.09.18 09:43 | URL | #VhNaT.1s [edit]
lightnews says..."KK様 Re: Yamaha"
KK様 こちらの方こそ、丁寧なコメントありがとうございます。
いつから定着したのでしょうね…かなり遡らないといけませんが、
beatlesに詳しい方、お分かりになりますか?
運搬に関しては、その職業に携わっている方が居られたら、教えて頂きたいですね。
2015.09.20 11:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1526-2bc397e0