ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

夢参加と幻参加。ポール・マッカートニー東京公演4月23日とファンイベント。

夢参加と幻参加。ポール・マッカートニー東京公演4月23日とファンイベント。

OUT THERE IN NORTH AMERICAのチケットが発売されたので、気になっているのですが、この話もThe Endまで記載する必要がありますので、再復活です。
2015年4月23日・東京ドーム公演の最終章です。


印象に残ったのは、この日は東京初日でもあり、開演前から大いに盛り上がった公演であった事と、当ブログのコメントでもありましたが、ポールの喉の調子が良くなった事です。
YoutubeでFULL動画がありませんので、断片的に見たのですが、ポールのパファーマンスは立派です。他のアーティストで連日で喉がガラガラ、曲数短縮を経験していますので、ポールが全曲歌い上げたのは立派です。


心配だったのは、ラストのGolden Slumbers / Carry That Weight / The Endです。
出だしのポールのギターソロは空ピックだった!動画を見ると、「ん!?」とギターを見つめる瞬間があります。それでも、ラスティとブライアンがフォローしているのが分かります。いつも息の合った共演ですね。





そして、ラスト…ポールの最後の言葉…増刊号には「Thank you Tokyo. You're beautiful. マタアイマショー、トーキョー。マタネ See you next time」の記載になっていますが、あとに「Tokyo」と言っています。

ポールの復活・2014年のリベンジ東京公演を待ち望んでいた方々が集った初日ですので、皆さん、大変楽しまれたと思います。私も関東に居たら行っていたと思います。スポーツ新聞も東京ドーム公演の中では記事が大きかったです。

さて、二日目の4月25日・東京公演との間の4月24日、ポールはどうしているのだろうか…と言う事も注目の的でした。
2013年の時は、完全休養日、自転車でサイクリング、相撲観戦などがあり、もしかして…ステラさんのお店が六本木にオープンしたので、ポールが現れるのか?なんて事を期待されていた方が居られたと思います。
噂ではホテルから一切、外出しなかった?日比谷公園にサイクリング?とも言われていましたが、もう皆さんご存知の通り、ナンシーさんと日比谷公園でサイクリングを楽しんだと増刊号に記載されております。でも、プライベートな事なので、増刊号でも詳しくは記載されておりません。


増刊号を読むと…基本は静養で、喉の治療…と記載されています。この事がBCCに伝わっていた事を考えれば、来日時、BCCとポール・MPLの連携が出来ている事になりますね。
そして、なんとBCC会員のために「ある企画」が予定されていた!?との事です。
その幻となった内容が増刊号に記載されています!
エッ!?内容が気になるって…スイマセン、それは増刊号をご覧になって下さい。


でも、この話を読むと、このイベントは4月23日の東京公演の前に告知しなければいけない事になります。
応募の事も考えれば、本来なら、来日前(4月20日)までに募集があっても不思議ではありません。実際、2013年の時も、韓国公演の時も、ファン・ミーティングは一週間以上前から応募がありました。


韓国の時は、5月2日開催で、応募期間が4月8日から14日でした。これが普通ですよね…でも、日本では告知がなかった。なぜ?4月上旬、韓国ではファン・ミーティングの告知があって、日本公演の時にはなかったのか不思議、いや、不満でした。これはスポンサーの有無の違いかな?なんて思ったのですが、まさか企画があったとは…

ポール・マッカートニー、韓国でファン・ミーティング開催!


直前まで検討したとしても、来日後の20日以降の応募では直前過ぎる…もし、応募があったとしても、BCC側も大勢の応募で当選する方を選ぶには、抽選ではなく審査をしたと思います。
当選者を決めるには日数が必要だし、ポールが来日してからではBCCも多忙でなので、それどころではないはずです。また、当選した方も、準備も必要だろうから、「ギリギリの段階」がいつであったのか…と言う事は気になります。


でも告知がなかった…と言う事は、ポールの喉の調子が良くない事は、来日前から分かっていた!?と言うように推理します。それ程、調子が良くない上に、友人のリンゴの為にロックの殿堂に出席をしていたという事になります…よく乗り切りましたね。
でも、韓国のファン・ミーティングは企画発表されていた!?何だか矛盾を感じます。


おっと…東京公演初日の夢参加のはずが、ファンクラブ・イベントへの幻参加の話になってしまいました。(笑)
日本公演3日目への夢参加に突入するかどうか…!?乞うご期待。
来日ファン・ミーティングについても、答えが出るのは、次の来日の時かな…

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

わか says..."Re:夢参加と幻参加。ポール・マッカートニー東京公演4月23日とファンイベント。"
あの日は開演前のウェーブで昂まった気持ちがポールの第一声「ヤクソクシタネ、トーキョー!カエッテキタヨ‼︎」で爆発したのを覚えております^_^
後半は声が辛そうでしたが、まわりのサポートもあり、そこは流石に上手く纏めていたと思います。

確かにあの幻の企画はなんだったんでしょうね。
ご指摘されて初めて考えましたが、確かに疑問が満載です。
管理人様は来日前情報ではないかという推理ですが、昨年の公演中止のポール側と日本側のコミュニケーションの悪さを考えるとどうなのかなと感じる部分もあります。
まぁ、昨年はあまりにも突然すぎたとか、それを反省点として学習したとかも考えられますが…

あ、管理人様、実参加された25日は振り返らないのですか?
2015.08.29 21:33 | URL | #QEQxHeIk [edit]
lightnews says..."わか様  Re: Re:夢参加と幻参加。ポール・マッカートニー東京公演4月23日とファンイベント。"
わか様 ポール第一声コメント、ありがとうございます。
感激するポールの第一声ですね。

ファン・ミーティングが本当に企画されていたのか?疑問ですが、
ポール側からの企画だったと、増刊号で記載されています。
また記載通り、ポールとBCCが本当に会われているのなら、その内容を掲載して欲しいですね。

尚、25日実参加を振り返る…連載が長くなりそうですので書く方も読む方も疲れるでしょうね。
ショートVerにしようかな…それとも幻?(笑)
2015.08.29 22:27 | URL | #- [edit]
haru says..."Re:夢参加と幻参加。ポール・マッカートニー東京公演4月23日とファンイベント。"
「ファンミーティング」は13年来日の時、初日(だったか)の京セラではチケット売上げ打開策として開催(これは興行主の主催)。また東京ドーム1日目はBCC主催で、福島の被災地の方を招いたものが開催されています。福島の方の招待は、部外者でも感動するエピソードが記録されています。(この記事が読みたくて、13年のBCC増刊号を買いました)

でも、まずファンミーティングの前に、次の来日です。
次の来日、アリーナ主体の公演をすれば、ファンミーティングみたいなものです。
実際武道館公演は、ポールとの近さを感じました。ポールもそれを感じたからあの演奏、あのMCになったのだと思います。

1公演はBCCが主催して、ファンクラブ限定コンサートをやれば、すごい会員勧誘になるのにと思います。

来年はビートルズ来日50周年ですので、記念して来日をしてほしいです。
その際は、80年に煮え湯を飲まされたウドーさんにお願いしたいと思っております。

2015.08.30 06:56 | URL | #kKgNjozQ [edit]
lightnews says..."Re: Re:夢参加と幻参加。ポール・マッカートニー東京公演4月23日とファンイベント。"
haru様 ファンイベントのコメント、ありがとうございます。
2013年のファンミーティングの実績があったと言うことは、今年も可能性があったと言えますね。
2013年の増刊号を持っていませんので詳細は分かりませんが、福島の方の事は新聞に簡単に掲載されていました。

BCC主催公演!?あったら、驚きますね。

来年の来日も期待したいので、2年連続公演、呼びかけて行きましょう。
2015.08.30 08:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1514-fac05098