ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney 1on1 US Tour & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

The Long And Winding Road(長く曲がりくねった道) in kashima

The Long And Winding Road(長く曲がりくねった道) in kashima



今日は、久しぶりに雨でした。小雨でしたが、いつも以上に傘を差している方が多いと思ったのは、気のせいだろうか?
今日も鹿島の話を

過酸化水素の動向
ライトニュースのブログ


鹿島地区コンビナートの再生に向けた最大の課題は港湾機能の回復になりそうだ。
石油化学コンビナートは原油タンカーやケミカルタンカーで原料を受け入れて、工場で生産した製品の多くはタンカーを使い需要地に運ぶ。コンビナートの正常化には製品の大量出荷が可能な海上輸送の復旧が欠かせない。

JX日鉱日石エネルギーの鹿島石油製油所は3月15日からガソリンなどの海上受け入れを開始した。しかし、積載能力が1隻当たり5000キロリットルの比較的小さなタンカーである。

製油所が本来の機能を果たすには被害を受けた石油精製装置の修理だけでなく、原油を受け入れる港湾設備の復旧も欠かせない。

しかし、製油所の原油タンカーが着船する桟橋は津波で損傷している。また、津波で運ばれた自動車や鋼材などが港の航路に沈んでいると見られ、船舶の座礁を防ぐため航路の工事が必要になっている。
さらに液状化現象に伴う地盤沈下も起こっており、港湾の水深が変化している可能性もある。

三菱化学鹿島事業所も港湾設備やインフラ関連設備・機器の損傷を受け、復旧は早くて5月末になる見込みである。

陸送では各社が持つ在庫の出荷を開始しているが、4月中旬にはコンビナート内企業の多くで在庫が底をつきはじめる。

このコンビナートは幅広い工業製品に必要な素材を供給する一大拠点である。
産業資材から生活用品に至るまで広範囲に影響が及ぶので、コンビナート再生に向けた賢明な作業が行われています。


然しながら、計画停電が解除されれば、ADEKAは操業出来るだろうから、どのような電力計画をされるかが、今後のポイントになりそうですね。

さて、今日のクリーニング製品の紹介は、雨なので、撥水剤のご紹介

それが、「ライトガードFR-220S」共栄社化学品(水処理用フッ素系撥水撥油剤)です。
水を弾く

このライトガードFR-220Sは、紡績や染色工場向けに開発された繊維加工用フッ素系撥水撥油剤です。
水を弾く2

《処理工程》
衣類を洗濯した後に、濯ぎを2回した後に、最終濯ぎ工程に、このライトガードFR-220Sを投入、脱水後、乾燥して、必ず、熱処理(150℃以上)・アイロンがけ・立体プレスなどをして頂くと、とても優れた撥水加工が出来ます。


《特徴》
繊維・衣類用に開発されたタイプで、ソフトなフッ素皮膜を形成し、目詰まりせずに、水を弾く構造を作ります。つまり、この加工剤なら、通気性を維持していますので、衣類と外気の空気の循環が出来、蒸せる事なく、快適な着心地を維持します。


《撥水と防水》
パラフィン系の防水剤を使用した場合、防水効果はありますが、目詰まりをして、水の浸入を防ぐ事になりますので、衣類の快適性は失われますので、通気性に影響を与えない撥水剤とはタイプが異なります。


《使用量》
使用方法は、水50Lに対して、ライトガードFR-220Sを、500ccのみです。
水10Lだと、100ccになります。
処理時間は、3~5分。


《洗濯機》
クリーニング用の自動ワッシャー機でも、一般の家庭用洗濯機でも処理出来ます。
処理する衣類の数が少ない時は、家庭用洗濯機がお奨めですね。

この加工で、水だけでなく、雪、食べ零し、油などの汚れもガードします。しかも、一旦付いた汚れも、洗えば、落ち易いので、便利です。

衣類の素材は、ポリエステル、ナイロンのような合成繊維だけでなく、綿や、レーヨン、場合によっては、ウールにも効果があるオールマイティ型撥水撥油剤です。

撥水 防水 加工 クリーニング 付加価値 洗濯 ガード
撥水 スキーウエアー ジャンパー 水 ガード 加工 雪 雨

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/141-9c13f5ef