ゆめ参加NAブログ with 北海道旅行記

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
18

韓国公演の主役は、勿論、Paul McCartney!そして、Stuffでもあり、You&We!

韓国公演の主役は、勿論、Paul McCartney!そして、Stuffでもあり、You&We!

日本に帰って来ました。自宅に到着したのが、1時過ぎ…関空まで車で嫁さんに迎えに来て頂いたお陰で家に着きました。迎えに来て貰えなかったら、最終電車が間に合わなかったので、大阪で1泊でしたね。
気力体力の韓国ツアーが終了し、ポール公演の日々を思い返していますが、日本で2度も公演を見ておきながら、最後の韓国で、あのようなポールと会場全体のパフォーマンスを見てしまうと、どうしても韓国公演の事ばかり、思い返してしまいます。


さて、韓国公演…書きたいことが沢山ありますが、第二弾は、「現代、及び関係者の対応」です。
ポールの公演は、どの国でも高額なのが話題になります。日本でも、アメリカでも、ブラジルでも…当然、韓国でもそうだと思うのですが、それ程、高額な事が話題になったと聞きません。それは、スポンサー「Hyundai Card」の準備が周到であったと感じます。


その1、現代カードを持っていれば、チケットが20%OFFで購入する事が出来る事は、若い人を引き寄せる原動力にもなった。これは、本公演だけでなく、VIPでも同様したので、この為に現代カードに加入された韓国の方も居られました。

その2、その現代カード主催のコンサートは、アメリカの企画会社「LIVENATION」がエンターテイメントを担当し、行なっています。大々的な公演を韓国でも行なっていますが、日本でも、この会社はありますが、日本の主催はキョードーです。
主催会社が異なると、運営や観客に対して、多くの違いが生じる事が良くわかります。
ですから、チケットの販売方法も、日本式でなく、海外式(座席が分かる、場合によっては指定)なのかな。
韓国の公演会社と提携するのではなく、海外の企画会社と提携する事自身、現代の懐の深さを感じます。


尚、ポールが日本のサマソニに参加するのではという噂が近年ありますが、そのサマソニの運営は、LIVENATIONがおこなっています…と言えば、期待が膨らみますね。
今年は、日程が合わなかったとの噂でしたが、実際の所は…?


その3、サービス精神がある。2014年、無念の韓国公演中止となりましたが、それでも(飛行機の予約をしていた事もあり?)韓国入りされた方が多かったと、今回聞きました。
当時、公演が行われる予定だった日、オリンピック・スタジアムに行かれた方に、なんと、特設テントを作って、「ポールの韓国公演ポスター」を配っていたそうです!


「日本から来ました」と言われた方に、「わざわざ、ありがとうございます。ポスター、お渡しします。」と言われたそうです。その方、日本の友達の為に数枚欲しい旨を伝えると、「どうぞ」と頂けたそうです!この心意気を感じ取られたファンの方も居られると思います。知らなかった…当日、目の前を車で通り過ぎたのに…残念…
日本では、あり得ない事です…「中止だから、何もないよ!」と言う感じで、武道館、長居でも特別な事はありませんでしたので、サービスが違うな…と感じます。


サービス精神で思ったのは、今回の会場に設けられた大きな看板、受付、案内所、誘導カラーライン、係の人(カラーTシャツ)がしっかりと準備・配置・着用されています。
この看板、開場に到着したのだと実感させるのに、充分な演出の1つです。私、見た時に、「スゴイ…」と思いましたね。

ポール韓国看板

手前の大きな看板の奥に、白い横長看板の建屋がチケット交換所(Ticket Box)です。アップの写真が下記

ポール 韓国 Ticket Box

看板は、これだけではありません。誘導の為の看板、掲示板、沢山ありました。

ポール看板韓国2

よく準備したものです。インフォメーションは、こんな建屋でした。コンサート開場の割に立派だと思います。

ポール 韓国 インフォメーション

座席エリアへの誘導ライン(スタジアムの外)

ポール 韓国 誘導ライン



チケット交換まで、2時間以上もあるのに、もう十数人の日本の方が集まってきた時点で、韓国のスタッフとの方と相談…
と言うのが、VIPのチケット交換が14時から12時となったのですが、チケット交換後、開場するまで、その辺(案内所の近く)?で(適当に並ばずに)待ってくれとの男性の指示でした。彼らにとっては、まさか、早くから日本人が大勢来られるなんて考えていなかったと思います。しかも、VIPなんて制度は初めて?
日本人が200人も来る事、しかも、早くから来られている人もいるので、チケットを交換後は、スペースを確保して順番に並んでおいた方が良いと、日本人の方が交渉されました。(ありがとうございます。)
当初は、頑として受け付けない様子でしたが、結局、了解され、案内所の裏の庭にて、順番に並ぶこととなりました。
これは主催社か運営会社、スタッフの要因か分かりませんが、臨機応変に対応された事に運営の良さを感じました。


その4、VIPの食事についても、ただ、バイキング形式で食事を摂らせる感じでなく、レストランかのようなテーブルとおもてなしには感心しました。このVIPのおもてなしの話は、また後日更新しますが、パートのウエイトレスと言うよりは、コンパニオンらしい綺麗なお嬢さんが沢山居られたのには、費用かけたな…と思います。これも、現代パワー?

その5、本公演においては、韓国のファンの方が「NA&ハートマーク」ボードを多くの方に配られていました。この演出は、ポールに喜んで頂ける素晴らしい企画であったと思います。スタンドの方には「ライト」も準備されていました(これはファンクラブ?現代?企画会社によりものかは不明)。これらの事を認可される姿勢に感心します。

長くなってしましますが、その6、雨合羽の配布。
数日前から、雨が降るとの予報があり、観客に合羽を配布するとは聞いていましたが、本当に配布されていました。これには本当に助かった方が居られるでしょう。それくらい、雨降りました…スタッフ合わせて、45,000人としても、1枚70円として、3,000,000円位、しかも配布の準備と手間を考えると、経費が掛かっています。


この色々な事を含めて、私は現代パワーと称したのですが、運営や考えた方、対応の仕方で、観客の心を掴むのかどうか、公演が成功するのかどうか決まって来るでしょうね。
雨は降れども、心は清々しい、これは、ポールのパフォーマンスだけでなく、その周辺・関係者・スタッフによるものだとも思います。
主役は、ポールでもあり、You、Weでもあります。


良い体験しました。本当に。
日本も、もっと考えた方がイイのではありませんか…

エッ!?今日は、ポールの画像はないのかって…ここまで、お読み頂いた方へのプレゼントして、この画像を、For You!

Paul McCartney in KOREA  ポールレスポール

Thank you!

源田リキ様のコメントをわかりやすいように、追加画像を貼り付けます。
両端のテントのことですよね。

ポールSCステージ全体

夕方の野外サウンドチェックなら、このようにステージが良く見えます。
SCの事についての詳細は、また後日…

該当の記事は見つかりませんでした。

18 Comments

クイニー says..."「大人のロック」には、「お洒落な」演出を!"
ライトニュース様、お帰りなさい。楽しい旅日記ありがとうございました。haruさんが仰られていたように、ライトニュース学園の修学旅行を楽しませていただきました。

 武道館での感動をさえぎってはいけないと思い自粛していたのですが、今回コンサートの企画側のことについて書かれておられますので、私も日本のコンサートの在り方について少しだけ述べさせてください。

 ずっと気になっていたのは、大人が音楽を聴きに出かけるという行為が日本では「お洒落な」ものにはなっていないことです。コンサート開演前に、会場の近くで食事をしようとしても、近くにレストランやカフェ等がない所が多く、仕方なくコンビニで買ったおにぎり等を、会場近くで、ほおばってる方を多く見かけます。せっかくの「お出かけ」も雰囲気がぶち壊しです。音楽を聴くという文化的で「お洒落な」行為を演出しようという気持ちが行政にないからでしょう。コンサート会場とその周辺をお洒落に演出しようという気持ちで、都市計画、街づくりをしていれば、高額なチケットを買って出かけるお洒落な日に、コンビニのおにぎりなど食べなくて済むはずです。

 大阪フェスティバルホール、東京オーチャードホールでのコンサートに最近出かけたのですが、どちらの会場も、建物の中にカフェやレストランがあり、いいなと思いました。特に大阪は、コンサート終演後になってもお店が開いており、いい雰囲気だと感じました。

 韓国でのVIPへの「接客」や、スタッフの細かな心遣い等について御話を伺っていると、ポールマッカートニーの音楽という文化への敬意と、それを大切にしていこうという気持ちが表れているのではないかという気がしました。

 大人が音楽を聴きに行くという「お洒落な」行為をぶち壊すような、メガホンんでの誘導や、道路脇に座るような「下品な」行為をせざるを得ないようなコンサート会場、企画者の在り方を再考するときが来ているのではないでしょうか。

 野外フェスでは若者たちが環境に配慮したライブの在り方や、若者たちの「お祭り」の在り方を形作っていっているような気がします。素晴らしいことです。でも、大人には大人の「上品な」音楽の楽しみ方があるような気がします。

 ポールのコンサートでも、気持ちが湧きあがって立っているというよりも、ステージが観えなくて仕方なく立って観ている方が大勢いたように思えます。チケットの販売時から、座って楽しみたい人向けの座席、立ち上がってのりのりで楽しみたい人には座席のない広々とした空間チケットといった新しい形の販売があってもいいと思います。「最初から総立ちでノリノリで行こう!」的な、年齢を無視したロックの「固定概念」でコンサートを創るのではなく、年齢にふさわしい「お洒落な」コンサートを、座席、会場、列の作り方、警備の在り方、会場周辺のレストラン・カフェの整備、終演時刻に伴う臨時列車等の準備等も考慮して、総合的な「文化行為」として創っていけるような、そんな文化的な国であってほしいものです。

 長くなってしまいました。コンサートに出かける前には、その日に着ていく服までいちいちこだわる、そんな一ファンの私見を述べさせていただきました。雑誌にもありますが、「大人のロック」・・・今一度考えてみたいものです。
2015.05.04 14:12 | URL | #- [edit]
青井鳥子 says..."韓国サイコーですね"
またまた、お邪魔します。

韓国で、どこまでビートルズが浸透しているのか、
と思いきや、若者の熱狂ぶりと、ポールを喜ばせる術
においては、韓国の方が一流と感じました。
でも、日本には日本のやり方があるから仕方ないですね。
一度に5万人もの聴衆が集まり、誘導しなくてはいけない。
これも、けっこう大変だと思います。

食事については、ドーム周辺は食事する場には
こと欠かないのですが、行列につかなくてはならないから
レストランでゆっくりする時間がなく、道端で食べましたけれど
これはこれで、いい思い出です (^^♪
たとえ会場内にレストランがあっても、超満員で入場不可です。
2015.05.04 15:37 | URL | #0sX4mtTo [edit]
源田リキ says..."実を言うとひとつだけ欠点が・・・。"
夕方に帰国し、先ほど帰宅しました。


で、韓国公演の感想は、既に書いた書き込みや管理人様の感想のとおりなのですが、実を言いますと、1つだけ本当に残念な欠点がありました。個人的なものかもしれませんが。。。

それは、104エリアの右寄り(東京ドームでいえばA13辺り)2列目にいたにもかかわらず、ピアノを弾くポールの姿が全く見えなかったこと。

客席から見てステージの右側にあったであろうPA?とかの機材ブース用に黒い屋根のテントがそびえ立ち、かつ、そのサイドを黒い大きな幕が完全に覆っていたがために自分のいた席からは、それがポールが弾くピアノの右半分を完全に隠してしまってました。

つまり、ポールがピアノを弾きに行くたびに、ポールが完全に姿を消してしまった状態に。。。

Maybe I'mもLong And WidingもLet It Beも目の前にある大きなモニターを見上げるしかなく、Live And Let Dieでは、もうヤケクソで盛り上がるしかありませんでした。

最前列の先にいた現地スタッフに英語で訴えたものの苦笑いで終わり(そりゃそうですが…)、超大盛り上がりだった地元のファンの子達も、初めての公演であるがために、見えなくなるのはきっと当たり前なことなんだろうと割り切っていた様子。。。


それ以外では本当に最高な思いが出来たので、行けて本当に良かったのですが、この1点だけは本当に残念でした。日本で同じことが起きてたら大騒ぎになっていたかと思うのですが、国立で公演が出来たとしても同じようになっていたのでしょうかね・・・。

ちなみに、最後の最後だけは、足早に帰った人たちの空席に何とか他の周囲にいた人たちとともに割り込めてしっかりと姿を観られたのはせめてもの救いでした。


あとは、ステージを去る際の紙吹雪。あの紙吹雪の色を付けていたインクが雨ににじんで、服や靴に赤や青のシミがあちこちに出来てしまったこともありますが、これは良き思い出ということにしたいと思います(笑)。


本当に素晴らしいコンサートに参加出来てとても幸せでしたが、敢えてで問題点があったこともこの場にて報告をしたいと思います。
2015.05.04 22:24 | URL | #XQniAfnc [edit]
lightnews says..."Re: 実を言うとひとつだけ欠点が・・・。"
源田リキ様 韓国公演のコメント、ありがとうございました。
無事、帰国されたとの事でお疲れ様でした。
ステージのテントですが、私も、あのテントでステージが見えない方が居られるだろうなと周囲の方に言っていたのですが、本当にそのような方が居られるとは…しかも、当ブログにコメントされている貴殿とは…
あの場所に機材テントを設けていたのは、雨対策かな。しかもスタジアムの割に、ステージ横幅が狭いように思いました。ステージと観客の前幅が、ドームよりも近い事は良いことですが、近いと反対に欠点もあるのですね。
雨の話は、また後々、ブログに更新します。
今は、とにかく疲れを癒して下さい。
2015.05.04 23:08 | URL | #- [edit]
源田リキ says..."早速のご対応ありがとうございます!!!"
そうです、正にあの右側のテントのことです(泣)!!

左側のテントは上の部分が少しだけめくれていたので、右側でもせめて同じようになっていてくれていたら・・・と観ながら思っておりました。。。
2015.05.04 23:10 | URL | #XQniAfnc [edit]
lightnews says..."源田リキ様 Re: 早速のご対応ありがとうございます!!!"
源田リキ様 ナルホド、テントの前側の上部が、めくれている、いないで、見え方が違ったのですね。
ん…残念としか言いようがありません…めくれて欲しい時に、めくれないのが、テントとスカートなんですね…(笑)
スイマセン、こんなオチで…
2015.05.04 23:17 | URL | #- [edit]
源田リキ says..."実際はどうだったかは分かりませんが、"
少なくとも自分の位置からでは左と同じようにめくれていれば見えていたハズです。

そういえば、ちょうどミニスカとルーズソックスが全盛だった自分が男子高校生だった頃、同じ日に3回もスカートがめくれたところを目撃できたなんていう経験があったりしまして・・・(笑)。


しかし、それでも、強烈な盛り上がりと「適度なアウェー感」による新鮮さが相まって、本当に本当に楽しかったです。行けて良かったです。
2015.05.04 23:31 | URL | #XQniAfnc [edit]
lightnews says..."青井鳥子様 Re: 韓国サイコーですね"
青井鳥子様 連続コメント、ありがとうございます。
国よって異なるのは、国民性の違いもありますが、ポールに対しての想いは、各国共通です。
ところで食事の事は時間次第です。時間の問題が第一ですね。
ポールのSCの開始と終了時間が遅い事も問題ですが、それは実はSCの仕組みの問題だと感じました。
この事は、明日更新出来るかな?これも時間次第…
2015.05.05 00:15 | URL | #- [edit]
lightnews says..."クイニー様  Re: 「大人のロック」には、「お洒落な」演出を!"
クイニー様 韓国公演修学旅行から帰って参りました。
コンサート全体に対してのコメント、ありがとうございます。イイ・コメントで感謝します。
公演を海外では、SHOWと表現する場合があります。SCではPartyと言っています。
なんだか、日本と違いますよね。
興行ですが、これはアーティスト為だけでなく、観客に対してGuestの対応を考えるべき時期が来たと思います。
しかし、韓国公演の待ち時間でファンの方からの話で聞かせて頂いたのですが、海外公演のプロモーターにも問題があり、一長一短のようです。この話は、また今度…
次回のポール来日時には、「大人のロック」を「お洒落なShow」で演出、参加出来るように呼び掛けましょう!
2015.05.05 00:46 | URL | #- [edit]
わか says..."仕切り方で変わるもの"
管理人様、韓国お疲れ様です。
また、自分も韓国公演に行ったかのようなご報告有難うございます。

ただ私、少々ショックなんです。
顧客を受け入れる気持ちや準備が全然違う…
先日の武道館の◯ョー◯ーの仕切りっぷりがあまりにも想定・準備不足のグダグダだったもので…
差を見せつけられた感じがしました。

ライブの主役はアーティストとオーディエンスでしょうが、そのベースにあるのは興業主による仕切りです。仕切りの良し悪しでライブの印象はかなり変わると思います。
日本の場合は観客の良心とポールのパワーで何とか成り立っているんだと感じました。

また、韓国は若者が多かったとの事。
日本においては次世代のファンを作っていく事もそろそろ考えなければならない中で、これは大注目です。
まぁ、10万チケット売ってたら若者来れませんよね…ドームでも価格のカテゴライズを細分化して、もっと安い席を作ることはやはり必要だと思います。

何れにしても、韓国公演参考になる部分は多々ありますよ!◯ョー◯ドーさん‼︎
2015.05.05 03:36 | URL | #QEQxHeIk [edit]
lightnews says..."わか様  Re: 仕切り方で変わるもの"
わか様  興行主に対してのコメント、ありがとうございます。
そうですね。仰られる通りだと思います。私、今回、高額とは言え、ここまでVIPって準備するのだと感心しました。
VIP以外に対してでも、日本よりスムーズな段取りだったと思います。
(思いますと云うのは、実際、VIP以外の方・一般席の方の意見をお聞きしないと分かりませんので)
今後の事を考えるイイきっかけになる海外公演だったと思います。
後ほど、VIP食事会場について更新します。
2015.05.05 07:00 | URL | #- [edit]
mide says..."行きたかった韓国公演"
韓国公演レポを満喫させていただいています!ありがとうございます。さて、東京オリンピックが1964年。ソウルオリンピックが24年後の1988年。ポールソロ日本公演が1990年。韓国公演が同じく24年後の2014年(本来であれば)。奇妙な符合ですね!!管理人さまのレポを読ませていただくと、かなりの部分で韓国公演の方がよかった面が多いようでなんか複雑です。日本も改善すべきは改善し、韓国に習ってより盛り上り、ポールも興行主も客もみな満足できる日本公演にしたいものですね!あの感じなら次なる日本公演はそう遠くないと思います。それまではポールロスの毎日ですね…
2015.05.05 10:55 | URL | #- [edit]
ローズ says..."初めまして!"
いつも楽しく拝見させていただいています。

地方から武道館参戦致しました。
なけなしのお金をはたいて、二度目の抽選でゲットしたSS席。
後方席でしたが、ステージまでの距離が近くてびっくりしました!
なぜか周りはお地蔵さんばかりでしたが、気にせずに自分のすべてを
ポールに送って、Live & Let Dieのごとく完全燃焼しました!!

こちらのブログを頼りに、アフター武道館打ち上げに参加させていただき、
感動を分かち合いました!脱ぼっち帰り、そしてコアファン一体感を感じて、とても嬉しかったです。
私の持っていたバッグが薔薇柄だったため、こちらで噂になっていた「マッカートニーローズ」が話題になり、初対面とは思えない程、みなさんとすぐに打ち解けました!
このような機会を作って下さった管理人様、そして、みなさんに感謝です☆

管理人さん、マッカートニーローズの植樹式の様子レポもお願いしますねっ。



 
2015.05.05 16:40 | URL | #LLTdOq/s [edit]
lightnews says..."ローズ様 Re: 初めまして!"
ローズ様 初めてのコメント、ありがとうございます。
ザ・マッカートニー・ローズが打ち解けるきっかけになったのは嬉しい事です。
その内、植樹式の様子レポで更新させて頂きます。
 
2015.05.06 07:20 | URL | #- [edit]
lightnews says..."mide様 Re: 行きたかった韓国公演"
mide様 ご感想コメント、ありがとうございます。
韓国公演、良くもあり、雨や異国の地である事による大変さもあった公演だったと思います。
ポールロス症候群は避けられませんが、それ程、楽しかった証拠ですね。
2015.05.06 07:24 | URL | #- [edit]
haru says..."ローズ様"
ローズ様「武道館打ち上げ」ご参加ありがとうございました。
ひときわ元気なローズ様に、盛り上げていただけました。

次の「関東支部」は近日中開催で調整中です。
スカイプでのご参加、お待ち申し上げます
(といっても、私はスカイプの使い方がわからない。どうしよう??!)
2015.05.06 09:58 | URL | #kKgNjozQ [edit]
お花 says..."ポール愛とポールの愛のアジアツアーでした!"
管理人様そして韓国公演参加された方々、報告をありがとうございます。
VIP待遇の違いや会場周辺のことについて、そして素敵な出逢いと体験のお話...期待以上の報告で楽しませていただいています。
Hey Judeのエピソードなんて、聞いただけでも感動してしまいます。ポールもさぞ嬉しかったことでしょうね。

さて、この場をお借りしてしまいますが、haru様 以前の私のコメントへ丁寧なお言葉をありがとうございました。心落ち着いてきました。
また、源田リキ様が言われていた欠点のお話。私は武道館で同じような体験をしました。あの場にいながらにして、見えないという悔しさはテレビ放送されてもなくなることはないです。

でも、私に関してはずっと聴きたかったDance Tonight を演奏してくれた感動(私のサインボードをポールが見て応えてくれた!とは考えにくいですが、この時のためだけにマンドリンもはるばる連れてきてくれました!)や、Another Girlなんてライブであんなにカッコイイ曲とは思いもしなかったなど、生で聴かないとわからなかったなと感動が戻って来ます。

いろいろとあったポールのアジアツアー...主催者さんには向き合っていただきたい課題がたくさんです(でもSC待ちで椅子が用意されたのは、私達の声を聞いてくれたのでしょうか?)
でも、ファンのポール愛をポール本人が愛で返してくれたと感じることができたように思いました。

また長文で失礼いたしました。
最後に、一言...
ポール大好きー!!
2015.05.06 12:07 | URL | #- [edit]
lightnews says..."お花様 Re: ポール愛とポールの愛のアジアツアーでした!"
お花様 ポール大好きコメント、ありがとうございます。
マンドリンで演奏したと言うことは、武道館では、この曲を演奏する事を準備していたのですね。つまり、セットリストも、ほぼ決めていたのかな。
会場で見えにくかった事は、なんとかスカパーで晴らして下さい!
2015.05.06 16:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1408-f3ed9fbb