ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
1

冷静さを失うポール・マッカートニー公演、韓国と日本の違い。どっちもどっち!?

冷静さを失うポール・マッカートニー公演、韓国と日本の違い。どっちもどっち!?



日本公演の抽選申し込みと韓国の座席指定購入…競争が激しくなるかもしれませんが、座席指定がイイですね。新幹線も自由席よりも指定席、指定席よりもグリーン車かな(座った事、ありませんが)…と意味が違ってきます。

ほぼ均一座席料金の日本とエリア別で料金の異なる韓国…エリア別で料金別の方が納得しますね。新幹線の自由席と指定席が同じ料金だったら、指定席買います。

世界的に安いVIPでおもてなしのない日本と日本より高いがおもてなしがあるかもしれない韓国…ん~これはどっちかな…私は、安い日本かな…でも、一度は、「おもてなし」経験したいです。

ドームばかりの日本と野外公演の韓国…これも、どっちかな~いや、どっちも経験したいです。関西人なので、お好み焼き・ミックス派です。

4公演(5公演かも)の日本と1公演のみの韓国…そりゃ~回数が多いほうが断然イイです。

大手スポンサーの付かない日本とHyundaiがスポンサーの韓国…今回も差を見せつけられました。さすが財閥スポンサー!しかも、優良席も一般の方に開放しています。韓国VIP席よりも、CrowdsurgeG1席の方が良い席があったとはビックリです。

まだあるかもしれませんが、日本と韓国の違いを書きましたが、皆さんはどちらの方が良いですか?
それぞれ、一長一短ですね。それにしても、日本と韓国の合わせ技になると絶妙なアジアツアーになりますね。これは日本の方にとっても、韓国の方にとっても同様だと思います。何も、韓国に行くのが日本人ばかりではなく、反対に韓国の方が日本公演に参加される方もおられるでしょうね。ただ、経済的、時間的、個人的な事情で、その割合が異なるだけで、皆さん、楽しもうとされていると思います。


ところで、韓国公演の一般発売が行われていますが、なんと、座席指定で購入出来るサイトもあったのですね。

ポール韓国アリーナ104

G1アリーナ104ブロックの様子です。横30席、縦25席
日本のドームと1ブロックよりかなり大きいですね。日本で座席指定で、この席が購入出来れば、充分満足です。


で、先日のアンケート中間発表です!

冷静さを失うポール・マッカートニー公演、韓国と日本の違い。どっちもどっち!?

意外と韓国VIPに行かれる方、多いと思いました。このブログにアクセスされる貴重な方々の人数で、こんなに居られるわけですから、実際は何人だろうか…楽しみでもあり…って所かな。
まだ、投票されていない方、特に韓国公演行かれる方、一番上の投票図から、ご投票下さい!


ポール・マッカートニー関連の当ブログは、こちらから…
Category:ポール・マッカートニー

本来は、ここでコメントのお礼を書くタイミングですが、かなりお疲れなので、今日はここまで…お休みなさい…

該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

haru says..."Re:冷静さを失うポール・マッカートニー公演、韓国と日本の違い。どっちもどっち!?"
ポール来日決定から、ほぼ毎日更新していただいて、ありがとうございます。3回目ともなると、他のサイトはおとなしくなっている気がします。このサイトが一番「熱い」ように思います。
管理人様、私の投稿はお返事の気を使っていただなくても結構です。どうぞ御無理のない範囲で、楽しませて下さい。

さて、韓国公演の座席指定販売方式ですが、これが「世界標準」だと思います。
アメリカでは、コンサートに限らず、野球等スポーツ興業でも当たり前ですね。アメリカの場合は「二次流通」「プレミアムシート」まで、全て同じサイトで見ることが出来るようになっていますね。(良席はプレミアム化していることが多いですね。ヤンキースのバックネット裏が500$位で売られていたのを見ました)

日本でもプロ野球では、球団HPでは座席指定販売をやっていますね。バスケットでは「二次流通」を公式に認めていますね。

日本でも韓国方式が出来ないはずはないでず。なのになぜやらないのか???

日本のやり方は、「○○先行」「○○チャンス」等、何回も小出しに売りに出して、一般販売時に「売切」を演出。そしてなぜか売り切れているはずの良席が後から出てくる…??
興業会社は「一度売ったら終わり」という殿様商売にあぐらをかいています。その結果裏で無法な自由競争(個人オークションやダフ屋)が横行する結果になります。「転売禁止」といっておきながら、かえって転売を促進しています。

日本のコンサートでも、アメリカやプロ野球のように「世界標準」でチケット販売をやってほしいです。
何度にも渡って売り出すことをせず、座席指定を徹底する。必要であれば適切なプレミアムは付ける。買い手が殺到した場合は抽選販売もするが、その場合は(抽選の結果都合の悪い日や気に入らない席になることもあるのですから)二次流通も認め、興業会社が二次流通も管理する。こうした方が、結果的にチケットがよく売れると思います。

あるクラブの会長が会報に「番人が満足するのは難しい(中略)昔は参加している一体感で盛り上がったのに(中略)今はアリーナ前方で見たいとか、明確な希望がある方も多い」という旨の事を載せていましたが、身銭を切ってチケットを買っている人の発想とは思えません。「昔」のニーズにあぐらをかいている興業会社には、目覚めてほしいと思います。
2015.02.13 20:57 | URL | #kKgNjozQ [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1332-8dfed673