ゆめ参加NAブログ with 北海道旅行記

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
3

ポールからの音源のビックなプレゼント!Letting Go (Extended Version)、「Love My Baby」

ポールからの音源のビックなプレゼント!Letting Go (Extended Version)、「Love My Baby」

若かりし頃、梅田の東通り商店街に、よく行きました。目的は輸入盤店の散策、中古屋さん巡り、そして、海賊盤の物色…学生の頃でしたので、欲しいレコードがあっても、すぐに買うわけには行きませんでしたが、いつの間にか海賊盤が増えて行きました。しかも、音源が良いかどうか分からずに購入したので、中には、ブチブチと歪が酷いレコードもありましたね…それを思うと、デジタル時代になってから、最近のブートは、なんて音質が良いのかと感激してしまいます。
そんな中、こんな発表がありました。


ポールマッカートニーのアーカイヴ・コレクション・第6弾「VENUS AND MARS - DELUXE EDITION」、第7弾「WINGS AT THE SPEED OF SOUND - DELUXE EDITION」が発売されました。
その発売に合わせたように、未発表曲がポールマッカートニーの公式サイトから発表されていますので、ご紹介します。


Letting Goの別バージョン。この音源は英BBC Radio 6 Musicの番組で初公開され、その後にポールの公式サイトで無料DL配信がスタートしています。

「Letting Go (Extended Version)」

「Letting Go (Extended Version)」(リマスター音源)
こちらから、ご覧になって下さい。ダウンロード出来ます。


「Letting Go (Extended Version)」(リマスター音源)


LoveMyBaby

'One Hand Clapping'フィルム映像からの1曲「Love My Baby」

「Love My Baby」


このような未発表曲や別バージョンが聞ける事は嬉しいですね。
以前は、このような未発表や別バージョンは、ブートでしか聞く事が出来ませんでしたが、高音質で、しかも、無料で聞けるとは有難いです。本当に。


さて、こちらは、話題?の「NEW」 コレクターズ・エディションからの未発表の2曲です。
ヘル・トゥ・ペイ (未発表曲)





デーモンズ・ダンス (未発表曲)




YouTubeでアップされているので、掲載しましたが、お楽しみにされていた方には、申し訳ありません。
楽曲を気に入られた方は、ぜひ、お買い求め下さい…と、一応、宣伝のつもりで…
私は、そろそろ、アーカイヴ盤の購入でも…あれ!?「VENUS AND MARS - DELUXE EDITION」が、アマゾン・カナダで見当たらない!?カナダでは11月10日に発売なので、安心していましたが、売り切れたのか?入荷待ちなのか?
暫く、様子見です…



ポール・マッカートニー関連の当ブログは、こちらから…
Category:ポール・マッカートニー

ところで、「VENUS AND MARS - DELUXE EDITION」、評判良さそうですね!

該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

kenpapa says..."Re:ポールからの音源のビックなプレゼント!Letting Go (Extended Version)、「Love My Baby」"
お久しぶりです。
私も早速face bookからこのLetting Go と Love My Baby をダウンロードしました。未発表曲やアウトテイクなどファンであれば必ずはまるものですね。管理人様の若かりしころ〜の文面を見ると、思い出します、察するに同世代かなと、懐かしくて思わずコメントを書いています。大学生のころビートルズのレコード、特に中古レコード、赤盤やら非常に高い値段のついた発売当時のもの、シングル盤、別バージョンの入っている輸入盤等中古レコード屋を回ってお金を貯めては買っていました。それに飽き足らず当然bootlegにも手を出し、情報を得ては音質のいい有名盤を買っていましたよ。SessionsやGet Back with 11 other songs とか、懐かしい限りです。時代は変わりCDとなりレコードは棚にしまわれ単なるコレクションになり聞く事もなくなり、しばらくは bootlegから遠ざかっていました。ですからあのAntholofgy project は衝撃的でしたしみなさん感動されたことでしょう。最近ポールの来日によって公演のbootlegを探し購入するついでに、その業者さんのサイトにビートルズのものも大量に載っていますのでついあれやこれや、買ってしまいます。本当に音質が良くなってるし、昔のままの名盤もCDになってるし、またまた学生時代を思い出し狂ってしまいます。方法は進化してますね、レコード屋巡りなんてしなくてもクリックして購入、送られてくるのですから!!そこで一つそのなかで驚いた名盤のリマスター盤がありましたのでご紹介します。ご存知かと思いますが、Ultra Rare Trax です。この2012年のMaster collection3枚組ですが、初めて聞くようなスタジオアウテイクスが満載、高音質で驚きました。昨年批判が殺到したi Tune 限定 Archves recordings 1963に入ってるものも、Anthology で使われたものもありますがどれにも使われていない曲が多数あり感動ものです。一度機会があればお試しください。長くなりました、すいません。
2014.11.06 19:55 | URL | #hqKcF6Dg [edit]
haru says..."Re:ポールからの音源のビックなプレゼント!Letting Go (Extended Version)、「Love My Baby」"
「ビーナスアンドマース」「スピードオブサウンド」早速手に入れました(日本アマゾンから、輸入盤で)日本アマゾンでも4枚で4千円と少し、まあリーズナブルかと思います。

「ビーナスアンドマース」(というかウイングスのCDすべてに言えますが)旧版はパンチが足りない感じがあり、リマスターでよくなったと思います。

「スピードオブサウンド」のボーナストラックにある「愛の証し」のジョンボーナムバージョンが興味を引きました。ただ思ったほどでなく、通常バージョンの方が迫力あるという感想を持ちました。(ただ好みの問題)ジョーイングリッシュやジミーマカロックという人が、とんでもないプレーヤーだったと改めて思いました。

この2枚のアルバムが出た70年代後半は「ウイングス敵なし」の黄金時代。FM放送やアメリカントップ40などで、必ずかかっていて、出す曲だす曲ヒット曲、という(当時は当たり前に思ったけれど)夢のような時代でした。

ただ一方で「ウイングスが好き」というと、ベイシティローラーズなどと同じ「ミーハーな女子供の聴くもの」と、ハードロックファンなどに小馬鹿にされて、肩身の狭い思いをしたものです。当時大きな声で「ポール、ウイングスが好き」と言えた人は少なかったのではないでしょうか。

また、ジョンレノンが亡くなった後「ジョン=善、ポール=悪」との図式化が独り歩きしたこともありました(ただ70年代後半はジョンも「変人」扱いでした)

ハードロックファンが馬鹿にしようとも、ジョンボーナムはウイングスUSAツアーの「追っかけ」だったことを聞いて「ざまあみろ」と思ったものです。そして今ポールファンを公言しても馬鹿にされることはありません。いい時代になったものです。

今回のリマスター版は、そんな70年代後半の空気感まで再現されるような気がして、しばらくはまりそうです。
2014.11.06 23:20 | URL | #kKgNjozQ [edit]
クイニー says..."Re:ポールからの音源のビックなプレゼント!Letting Go (Extended Version)、「Love My Baby」"
情報ありがとうございます。おかげさまで3曲(今"Rock Show"もダウンロードできますね)も楽しめました。綺麗に化粧された完成された楽曲もいいですが、こうした生の素材が音楽的に一番好きなので、嬉しいです。できればフェイドアウトなしで聴きたいくらいです。『ヴィーナス・アンド・マーズ』はWingsで一番好きなアルバムなのでアーカイヴコレクションがほしくなってしまいます。
2014.11.07 00:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1252-471f19a0