夢参加NAブログwithポール・マッカートニー2017 Budokan&Tokyo Dome

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
1

1966年とCandlestick parkとTHE BEATLES

1966年とCandlestick parkとTHE BEATLES

paul fm

今日は、ネットでRADIOを聴きながらの更新です。kfog局はアメリカ・サンフランシスコのFMラジオ局ですが、日本でも下記から聞くことが出来ます。

KFOG On Air Playlist

Today KFOG is K-PAULと題して、1日限定のPaul McCartney、BEATLTESの曲を一日中流しています。ロゴも上記のように変更しています。(終了しました。)

スゴイ歓迎ぶりです。それもそのはずです。今日はOUT THERE TOURの中でも記念すべき公演です。そうです。話題のキャンドルスティック・パーク公演が、日本時間・8月15日 昼12時(現地14日20時)から始まります。キャンドルスティック・パークはビートルズ・ファン、いやビートルズのメンバーやスタッフにとっても想い出深い場所です。

1966年.この年は、ビートルズにとって、苦難と変革の年だったと思います。3月にジョンの「キリスト発言」、7月「フィリピン事件」…
しかし、悪いことばかりではない。ビートルズとして、最初で最後の日本公演6月30日~7月2日で5公演。8月にアルバム「REVOLVER」発売。
そんな中で、巨大化する公演と身の危険とツアーの矛盾を感じながら、1966年8月29日のキャンドルスティック・パーク(略CS)での公演を最後にする事を決めていました。


1966年のアメリカツアーは興奮と苦難のツアーと想像します。8月12日CHICAGOからスタートし、29日までの14公演行われましたが、ジョンの発言から排斥運動の影響もあり、チケットはスタジアム全体の70%前後の発売にしか至らなかったと言われています。
そんな中で最終公演を迎えました。


このCSは、当時のキャパシティは、42,500人でしたが、25,000人での観客でした。それでも、スゴイ(酷い)歓声で、いつも通り、観客に演奏の音は届かなかった。私が思うに、それも当然でしょう…ステージと観客席が離れているので、更に観客の叫び声が、彼らに届くように、大きくなるのも当然かと…

1966年とCandlestick parkとTHE BEATLES


この公演のビートルズ側のギャラは、90,000ドル。チケットは、6.5ドルから4.5ドル。つまり、チケット代金の65%が彼らのグロス料金になりました。
ステージはちょうど二塁の後ろにフィールドに置かれ、高さ5フィートで、6フィートの張り綱フェンスを作りました。


1966年とCandlestick parkとTHE BEATLES ステージ


この公演がビートルズとしては最後である事は、彼ら、スタッフにも告げられていました。
ポールは広報担当のTonny Barrow(トニー・バーロウ氏)に携帯用レコーダー(リール?カセット?)を用いて録音を依頼しました。


20時に開演しましたが、彼らが登場したのは、21時27分です。
曲は全11曲。音源がyoutubeでアップされていますので、ご覧になって下さい。




最後の曲は、I'm Downでなく、彼の初期のラスト・ソングであったLong Tall Sallyで締めくくった。
そして、公演後、Georgeが言いました。"That's it, then. I'm not a Beatle anymore."


そんな事もあったキャンドルスティック・パークが閉鎖されます。そのラストでポール・マッカートニーが公演します。
あっ!?サウンドチェック、終わったようですね!

Candlestick park Paul McCartney soundcheck

こんなニュースもありました!

Candlestick Park ready for its last show

Paul McCartney to play Candlestick Park farewell show on Thursday night

本公演、聞きたいですね!どこか中継していないかな…

該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

tetsu says..."Re:1966年とCandlestick parkとTHE BEATLES"
武道館公演を思い出し興奮しました。
当時私もテレビの前で録音「当時はこのように言っていました」、
勿論オープンです、テレビのスピーカーの前にマイクを置き静かに・・静かに・・と
ドスドス・・誰だ~!!
静かにしないと音、録れないないじゃねーか!
こんな感じでしたが当時としてはかなり上質に録音できたと思います。
今は簡単にポールに会えるけど「映像ですが」当時はニュース以外では雄姿を
見ることは簡単ではありませんでしたし武道館公演もその後一度再放送が有ったきり・・・
今は良い時代ですね!
2014.08.16 09:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1195-a3411774