ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

再来日決めたポール・マッカートニーの「日本愛」など各スポーツ紙の注目記事

再来日決めたポール・マッカートニーの「日本愛」など各スポーツ紙の注目記事



何かと忙しい日々な上に、家に帰ってきても、ポール再来日の事で、更に忙しい。
ようやく、今回のポール再来日の事について、どのような報道がされているのか見る事が出来ました。今日は、その内容を抜粋して明記します。


ポール5月国立公演 聖地で「奇跡の夜」
日刊スポーツ
ポールは、昨年11月に日本公演を行い、6公演で26万人を動員した。スーパースターが去ったむなしさを感じるファンの間で「ポールロス」という言葉が生まれるほど、11年ぶりの来日公演は盛り上がった。熱狂からわずか半年。ファンが歓喜する日本3公演が決定した。
海外アーティストとしては、改修前の国立最終公演となる。海外アーティスト初の単独公演、ソロ歌手初公演、史上最高齢での開催などと、ポールは今回、数々の記録を国立に刻む。


「ポールロス」って、そんな言葉あったんだ…海外アーティスト初の単独公演って言うのも以外でしたね。お次は…

ポール・マッカートニー5月国立ライブ!「また日本に」熱望し再来日
スポニチ
昨年11月末のライブから半年足らずでの再来日。実現した理由は、ファンの熱烈な歓迎を受けたポールが感激し「また日本に戻りたい!」と強く望んだため。招へい元のキョードー東京は、来日ツアー直後の12月から水面下で動きだし、ポール側から「今度はエア・オープン・ショーでやりたい」との意向も伝えられたため、最もふさわしい野外会場として、2020年東京五輪のメーン会場が建設される国立競技場を選んだ。
国立でのライブが実現したことによって、6年後の東京五輪と縁ができたポール。
6年後の東京五輪でもスペシャルゲストとして参加する可能性が出てきた。


12月から、そんな話あったんだ…それにしても、6年後の東京オリンピックでもと言うのは、厚かましいような気がしますが…さて、今度は…

再来日決定!P・マッカートニー、5・17&18に国立ライブ
サンケイスポーツ
現段階の発表ではポールが“オオトリ”になるが、改修工事まで1カ月ほどあり、大物日本人アーティストのコンサート開催もありうる?
今回ポールは、11月に訪れたファンを飽きさせないために新たな楽曲を用意し、スクリーン映像など新たな演出も考えているという。


ほお~セットリストの変更はあり得ると思ったが、バックの映像も変えるのか!大掛かりですね…でも、国立、この後まだコンサートするの?永ちゃんだったりして…?

再来日決めたポール・マッカートニーの「日本愛」
東スポWEB
「最終日にアンコールで名曲『イエスタデイ』を歌い始めた時、ポールに内緒で主催者が観客に配っていた、赤いサイリュウム(ペンライト)が一斉にともされた。ポールは涙ぐんでいたが、その感動が日本公演を再びやる決意につながったのかも。半年もしないで再来日を決めるのは、それだけ日本公演が楽しかったから、日本のファンに会いたくなったとしか解釈できない」


東スポらしからぬまともな内容…いや、嬉しい話です。特にキョードーさん、いい企画考えましたね。
以上などなどですが、これは行くしかありません!で、これからどうするかを考えます。

これまでのポール関連(日本公演のあれこれを含む)をご覧になられたい方は、こちらから…
カテゴリー:ポール・マッカートニー

明日も続きます。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1069-9ed5a464