夢参加NAブログwithポール・マッカートニー & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

この衣類は、どう洗濯すればイイの?クリーニング店では!?~ワイシャツ編①

この衣類は、どう洗濯すればイイの?クリーニング店では!?~ワイシャツ編①

この衣類は、どう洗濯すればイイの?クリーニング店では!?ワイシャツ編

まだ冷たい風が吹いていますが、もう春が近づいている事が感じられる季節になって来ました。そうすると、冬物衣類を洗濯して、仕舞い込む事になるのですが、衣類によって、これは家庭洗濯?クリーニング店に持って行く?エッ!?洗わない?まあ…それぞれですが、洗わないで仕舞い込むと、汚れが変色して、黄ばみの原因となったり、カビが生えたりと、大切が衣類が着る事が出来なりますので、必ず洗濯するようにしましょう。

でも、この衣類は、どうすれば良いのかと迷われる方が居られると思います。
そうです、ダウンジャケットです。
以前、このブログで怒涛の如く、ダウンジャケットとは何ぞやから、ブランドでの洗濯表示の違いや、UNIQLO品の家庭洗濯の仕方まで、更新を行い、かなり多くの方にご覧になって頂きましたが、今年も更新します!
「この衣類は、どう洗濯すれば、イイの?クリーニング店では!?」について、今回は家庭洗濯でなく、クリーニング店で、どのように洗濯処理されているのか?を含めて検証して行きたいと思います。(ちょっと大袈裟かな…)


クリーニング店では、次のような衣類は、どのように洗っているのか…本題に入る前に、ちょっと別の衣類の事について。第一弾は、ワイシャツです。
クリーニング店では、ワイシャツは温水(45~60℃)で洗っています。家庭洗濯では、なかなか温水で洗うって事、出来ませんよネ。エッ!?ウチは温めのお湯だよ…それは、お風呂の残り湯の事かな…実は、お風呂の残り湯って、雑菌がいっぱいなんです。
洗う時には、お風呂の残り湯、濯ぎは水道水だから、雑菌は落ちているだろうと思っていると、大間違い!濯ぎだけでは、なかなか雑菌って、落ちないのです。


しかも、一般家庭の洗濯では、汚れ落ちは限度があり、特に夏場のあの黒くなって縦筋が入った襟汚れの酷いのなんのって…実は私のワイシャツも酷いんです…
私のワイシャツ、1日で余りの酷い汚れの為に、家で洗濯する時は、いつも前処理をしています。使用しているのは、業務用の特殊液体洗剤「ユニクリン油落C」(共栄社化学㈱品)です。


普通の液体洗剤って、簡単に言えば、主に界面活性剤が水で薄まっているタイプが多いのですが、この界面活性剤が水溶性汚れや油性汚れを馴染ませて、繊維から汚れを落す役目があるのですが、私、オジサンなもので、襟汚れに脂分が多いのです…ですので、普通の液体洗剤を付けて擦っても、落ちません…

この「ユニクリン油落C」って言うのは、プラス「特殊な溶剤」が配合されており、特に油分が多い汚れでも、溶解するチカラが強いのです。我が家では、唯一、認められた液体洗剤です。
ン!?溶剤って言ってしまうと、ドライクリーニングで使う溶剤?とか、体や環境に有害な溶剤?って思われがちですが違います…この製品独自のクリーンな溶剤なんです。でも、溶剤ですので、これを液体洗剤の中に配合する事が難しいのです。だって、水と、水に混じらない溶剤を一緒にして製品にしないといけないのですから…そんな相反する成分が分離しないように安定化させて製品にしているのが、この製品の技術かな…


さて、お次はワイシャツの洗いについて…なんて思っていると、行数が多くなって行きますので、今日はここまで…前処理の話だけになってしまいました…明日へ

この衣類は、どう洗濯すればイイの?クリーニング店では!?~ワイシャツ編①

この衣類は、どう洗濯すればイイの?クリーニング店では!?~ワイシャツ編②

どう洗濯すればイイの?クリーニング店では!?~ワイシャツ編③洗剤

続きます。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/1044-057edab9