FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

NEWSビートルズ初期の姿を集めた新写真集が海外で発売。未公開の写真も初公開

これまで未公開の写真も多く収録されたザ・ビートルズ初期の姿を集めた新刊『Beatlemania: 1963-1965. Four Photographers on the Fab Four』が、ACC Art BooksとIconic Imagesからイギリスでは2020年9月7日、アメリカでは9月28日に出版された。この新刊にはノーマン・パーキンソン、テリー・オニール、マイケル・ウォード、デレク・ベイズの写真が収められている。(日本邦訳版発売は未定。海外版発売中 £26.79)

Beatlemania: Four Photographers on the Fab Four

Beatlemania: Four Photographers on the Fab Four1

ポップ史家のトニー・バレルによる解説も収録されたこの本は、忘れられない時代のユニークな視点を提供し、ビートルズが世界的な名声を獲得した時の知られざるイメージを明らかにしている。

NEWSビートルズ初期の姿を集めた新写真集が海外で発売。未公開の写真も初公開1

マイケル・ウォードの写真は、ビートルマニアがまだリバプールだけの現象だった頃、1962-63年の冬に故郷の街でプロモーション撮影をしていたビートルズの姿を捉えている。テリー・オニールは1963年にこのビートルズとの関係をスタート。ノーマン・パーキンソンは1963年の後半、ビートルズがセカンド・アルバムをレコーディングする際に撮影を行っている。

NEWSビートルズ初期の姿を集めた新写真集が海外で発売。未公開の写真も初公開2

写真家の中でも、特にデレク・ベイズの裏話は魅力的だ。トニー・バレルは本書籍の中でこう説明しているように

「5月9日の日曜日、ビートルズは映画“ヘルプ!”の撮影の一環として、ロンドンのメイフェア周辺を走るように指示されていた。デレク・ベイズという31歳の写真家は、その日にビートルズを撮影することになるとは知らなかった」

「デレク・ベイズはある時、外の通りで騒ぎがあったのを聞き、これは写真を撮るチャンスだと思いライカのカメラを持って外に出ることにした。当時のデレク・ベイズはタイム誌やライフ誌で、アルフレッド・アイゼンシュタット、ロバート・キャパ、ゴードン・パークスなどの写真家のアシスタントとして働いていた」

「後に彼は写真家として独立し、1963年の大列車強盗事件から北アイルランド問題、リチャード・バートン、ピーター・オトゥール、ウィンストン・チャーチル、ルイ・アームストロング、フランシス・ベーコン、ローレンス・スティーヴン・ラウリーなど、当時の著名人を撮影した」

「その日、ベイズがタイム&ライフのビルを出るときに遭遇したシーンは、嬉しい驚きだった。ビートルズは“ヘルプ!”の撮影中で、ニューボンド・ストリートをうろついて、通行人の注目を集めていた」

「デレク・ベイズが撮ったビートルズの写真は現像されたが、ベイズは来るべきタイミングが来た時のために保管しておくことにしたのだ」

NEWSビートルズ初期の姿を集めた新写真集が海外で発売。未公開の写真も初公開

1967年、ベイズはその年の6月24日にアビーロードのEMIスタジオで行われた「All You Need Is Love」の世界衛星放送を間近に控えた「Our World」の宣伝のために、大勢のカメラマンの中で再びビートルズの写真を撮影した。この写真も当時は掲載されることはなかったが、ベイズはその後も様々なニュース記事の撮影を続け、ルポルタージュ写真専門のアスペクト・ピクチャー・ライブラリーを設立している。

ビートルズ初期の姿を集めた新写真集が海外で発売。未公開の写真も初公開~udiscover.jp

0

ジョン・レノンのラウンド・ウィンザー眼鏡のペアがSotheby's でオークションに!

JOHN LENNON Windsor ウィンザー丸メガネペア GOLD TONE WINDSOR EYEGLASSES

ジョン・レノンのラウンド・ウィンザー眼鏡のペアがSotheby's でオークションに!

ゴールドトーンのウィンザーアイグラス

ラウンドフレームとラップアラウンドテンプル、非処方レンズ、20世紀初頭、"Alfred Hawes & Son, Ltd. "とラベルのついたケースに収納されています。 ロンドン支店」と書かれたケースに入っています。

ジョン・レノンのラウンド・ウィンザー眼鏡のペアがSotheby's でオークションに!1

バリー・ジャーレット、ドット・ジャーレットの息子、2015年5月20日付で署名された信憑性の書簡、2015年6月18日付で署名された法定宣言書

ジョン・レノンのラウンド・ウィンザー眼鏡のペアがSotheby's でオークションに!2

ジョン・レノンのラウンド・ウィンザー眼鏡のペアがSotheby's でオークションに!3

ジョン・レノンの有名な丸いグラスの 初期のペアです。
ドロシー(「ドット」)・ジャーレットは、1964年にジョンとシンシア・レノンがケンウッドに到着してから1968年に別居するまで、ジョンとシンシア・レノンの家の家政婦でした。
当時40代前半の既婚女性であったドット・ジャーレットは、家の管理だけでなく、幼いジュリアンの世話もしていたため、家族、特にシンシアにとても親しみを持っていました。

ジョンは弟のために、このメガネをドットに贈りました。彼は1965年に「ジャスト・ウィリアム」をテーマにした仮装パーティーに行くことになっていた。子供の頃から「ジャスト・ウィリアム」の物語が大好きだったレノンは、このテーマの仮装パーティーに熱中していたことでしょう。

レノンはビートルズ初期の頃はコンタクトレンズを使用していましたが、1966年に公の場で丸いウィンザー眼鏡を使用するようになり、リチャード・レスターの映画『ハウ・アイ・ウォン・ザ・ウォー』でグリップウィード一等兵を演じていた時に使用しました。
このウィンザーの丸メガネは映画よりも前のものなので、彼が持っていた有名な丸メガネの最初のペアかもしれません。

30,000〜40,000ポンド相当と言われています。

JOHN LENNON | Pair of round Windsor spectacles

0

ザ・フーのロジャー・ダルトリー、過去の Teenage Cancer Trust をYouTubeで配信、ポール・マッカートニーは10月11日

長年にわたってロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されてきたティーンエイジ・キャンサー・トラストは過去の大御所アーティストによるライヴをYouTubeで配信することが決定している。

Teenage Cancer Trust ポール・マッカートニー

現地時間10月8日のエド・シーラン公演からスタートする配信は10月18日のザ・キュアー公演まで、ミューズやポール・マッカートニー、パルプ、ノエル・ギャラガー、ゼム・クルックド・ヴァルチャーズらのライヴ動画が配信される。

Thursday October 8: Ed Sheeran
Friday October 9: Muse
Saturday October 10: Rudimental
Sunday October 11: Paul McCartney
Monday October 12: Paul Weller
Tuesday October 13: Stereophonics
Wednesday October 14: Pulp
Thursday October 15: Noel Gallagher
Friday October 16: Them Crooked Vultures
Saturday October 17: The Who
Sunday October 18: The Cure (20-minute edit)
Saturday October 31: The Cure (full show)

ライヴは毎年3月にザ・フーのロジャー・ダルトリーが主催しているもので、今年は20周年を記念してザ・フー、ポール・ウェラー、ナイル・ロジャース&シック、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、マムフォード・アンド・サンズ、ステレオフォニックス、グルーヴ・アルマダが出演する予定となっていた。

今回のYouTube配信は無料で行われるが、1日あたりイギリスでガンと診断された7人のティーンエイジャーを援助するために寄付が呼びかけられている。毎年、ティーンエイジ・キャンサー・トラストは年間100万ポンドを寄付しているが、今年は新型コロナウイルスのパンデミックで中止になったために500万ポンドの損失が生まれている。

配信に合わせて2014年のティーンエイジ・キャンサー・トラストでロバート・スミスが使ったシェクターのギターの抽選や、公演のポスターやTシャツの販売なども行われる。

ザ・フーは「ジョイン・トゥギャザー・アット・ホーム」と題して過去の貴重なライヴ映像の配信も行っている。

ザ・フーのロジャー・ダルトリー、過去のティーンエイジ・キャンサー・トラストをYouTubeで配信~NME JAPAN

0

ポール・マッカートニー、ザ・キュアーなどがチャリティーのために見たことのないコンサートの映像をストリーミング配信します。

ポール・マッカートニー、ザ・キュアーなどがチャリティーのために見たことのないコンサートの映像をストリーミング配信

ティーンエイジ・キャンサー・トラストは、パンデミックの影響で毎年恒例のライブ・コンサート・シリーズが棚上げされた後、キュア、ザ・フー、パルプ、ポール・マッカートニーなどの未公開コンサートの映像を収録したライブストリーム・シリーズを発表しました。

「Teenage Cancer Trust Unseen」と題されたこのシリーズは、YouTubeで無料で放送され、エド・シーラン、ノエル・ギャラガー、ミューズ、Them Crooked Vulturesなどのセットも含まれています。視聴者はティーンエイジ・キャンサー・トラストに寄付することが奨励されています。

Paul-Mccartney-The-Who-The-Cure

ザ・フーの共同創設者であるロジャー・ダルトリーは声明の中で次のように述べています。
「誰もが、たとえ短い期間であっても、隔離された状態が私たちの精神衛生状態に何をすることができるかについて、何らかの感覚を持っていたことがあります。ティーンエイジ・キャンサー・トラストがこの年齢層のためにNHS内で提供している環境やサービスがなければ、長い治療期間を通じた孤立は強い可能性を秘めています。ティーンエイジ・キャンサー・トラストを通じて、英国はこの年齢層のがん患者が抱える問題を世界に先駆けて認識しています。 このような困難な時期にこの重要な活動が継続されるように、どうか寛大な寄付をお願いします。」

ポール・マッカートニー、ザ・キュアーなどがチャリティーのために見たことのないコンサートの映像をストリーミング配信


また、「今は誰にとっても本当に厳しい状況だと思いますが、私たちのビジネス全体が仕事に追われています。もしあなたがYouTubeでこれを見ているなら、これは機能のためにあることを理解してください - 慈善団体のためにお金を集めるために - 慈善団体はそのサービスを継続するためのお金を必死に必要としています。だから、もしあなたがコーヒーの値段でも何でもいいから寄付してくれたら、本当に助かります。このアーティストたちの観客はとても多いと思うので、皆さんが10ドルでも5ポンドでも寄付してくれれば、今年を乗り切るための膨大な金額になると思います。私たちは、あなたが私たちを必要としたとき、あなたの家族が私たちを必要としたとき、あなたのためにそこにいたいと思っています。このウイルスに壊されないように"

各ストリームは10月8日(木)のエド・シーランを皮切りに、ミューズ(10月9日)、ポール・マッカートニー(10月11日)、パルプ(10月14日)、ノエル・ギャラガー(10月15日)、Them Crooked Vultures(10月16日)、The Who(10月17日)、そしてCure(10月18日)と続き、午後3時(米国東部標準時)に放送されます。Cureの第2弾ライブストリームも放送されますが、詳細は今後発表されます。



https://www.rollingstone.com/music/music-news/the-cure-pulp-the-who-unseen-concert-footage-teenage-cancer-trust-1067359/~Rolling Stone

該当の記事は見つかりませんでした。