FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

デゾ・ホフマン写真展がレコード・ストア・デイの9月26日開催!『マッカートニー』50周年記念盤も発売!ザ・ビートルズ・クラブより

デゾ・ホフマン写真展がレコード・ストア・デイの9月26日開催!『マッカートニー』50周年記念盤も発売!ザ・ビートルズ・クラブより

8月末に開催されたデゾ・ホフマン写真展が、特別展示品を一部入れ替えて戻ってきました!
全世界に2枚しか現存しないといわれているシェア・スタジアム公演のポスターにくわえて、ポール・マッカートニーのツイード・ジャケット、4人のサイン入りロイヤル・バラエティ・パフォーマンスのパンフレット、ビルボード・チャートのトップ3を独占したときの表彰盾を公開。


デゾ・ホフマン写真展がレコード・ストア・デイの9月26日開催!『マッカートニー』50周年記念盤も発売!ザ・ビートルズ・クラブより

RSD DROPS 9.26にあわせて開催されるので、ビートルズ・グッズ専門店FABショップには、ポールのソロ・デビュー・アルバム『マッカートニー』50周年記念盤やそのたBCC倉庫から発見された国旗帯の未聴盤ほかを扱うレコード・コーナーも設置されます!
専属カメラマンのデゾ・ホフマンだからこそ撮影できたライヴ時代の躍動感あふれるビートルズをオリジナル・プリントでお楽しみください。


これが、50th Anniversary Half-Speed Mastering release of 'McCartney' のジャケット!PART2-1
この画像は、カナダでレコード会社がミスを犯して、前のレコード・ストア・デーのラウンドでリリースした為に、アップされた画像です。

8月末からの写真展を見逃した方も、ご来場された方も、お楽しみいただければ幸いです!
※8月29日から9月6日までにご来場された方々には、QRコード・チケットをホームページで半額でご購入いただけるクーポン・コードを9月19日までにメールでお知らせします。待ちきれない方はメールにてご請求くださいね。
※今回のレコード・ストア・デイは展覧会開催期間にあたりますので、ショップへの入場には前売りQRコード・チケットが必要です。当ホームページにて事前にお買い求めの上、ご来場ください。


RSD DROPS 9.26
FAB4の対象商品も扱います!
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、3回に分けて(DROPS)開催される今年のレコード・ストア・デイ。
1回目の8月29日にはジョンのシングル「インスタント・カーマ」が発売されました(まだ在庫ございます!)。
今回、2回目の9月26日にはポールのソロ・デビュー・アルバム『マッカートニー』50周年記念盤が全世界7,000セット限定で発売。
今話題のハーフ・スピード・マスタリング!
ハーフ・スピード・マスタリングの心地よさは『フレイミング・パイ』で実証済みですが、元々アナログで制作した『マッカートニー』だからこそ期待がかかります。
限定商品なので確実にGETされたい方は、お早めにご来店ください。


ビートルズ写真展が戻ってきます!~ザ・ビートルズ・クラブ



あと2日ですね。コロナも落ち着いてきたので、お出掛けしたい!と言う方に、オススメです。
Go To キャンペーンを活用して、Go!


0

1941年9月24日、 Linda McCartney リンダマッカートニーの Birthday

1941年9月24日、 Linda McCartney リンダマッカートニーの Birthday

レディー・リンダ・ルイーズ・マッカートニー(Lady Linda Louise McCartney)は、リンダ・ルイーズ・イーストマン(1941年9月24日、ニューヨーク州スカスデール、1998年4月17日、アリゾナ州ツーソン)生まれのアメリカのミュージシャン、作曲家、動物愛護活動家、写真家である。彼女の両親は弁護士のリー・イーストマンとルイーズ・サラ・リンドナー・イーストマン。リンダには兄のジョンと妹のローラとルイーズがいた。

1969年3月12日、イギリス・ロンドンでポール・マッカートニーと結婚。リンダは、1997年にエリザベス女王2世によって夫がサーとして飾られたことで、レディー・マッカートニーとなった。

リンダはベジタリアン料理の本を執筆し、アメリカとイギリスで大成功を収めたベジタリアン料理会社「リンダ・マッカートニーズ・フーズ・カンパニー」を設立しました。

1995年に乳がんと診断された彼女は、肝臓に転移し、1998年4月17日にアメリカ・アリゾナ州ツーソンで死亡した。

1941年9月24日、リンダマッカートニーのバースデイ



Paul McCartney brought out the Dundee cake for wife Linda at Caird Hall gig in 1975

元ビートルのマッカートニーはリンダが33になるちょうど一日前に世界ツアーのバンドの Wings Over the World tour の一部としてチケット£1と£2.50で、45年前に the Caird Hall ケアルド・ホールで演奏しました。

Wings Over the World tour 1975 Poster

Caird Hall Paul McCartney ticket

Tony Dorsey トニー-ドーシー、 Howie Casey ハウイー-ケーシー、Steve Howard スティーブ-ハワードとThaddeus Richard タデウス-リチャードのブラスセクションは、ニューオーリンズ・スタイルのアレンジで "Happy Birthday "を演奏し、ショーの終わりには、大きなケーキがステージ上に運ばれました。

リンダはギグの後、ケアード・ホールのサイン本にメッセージを残しています。"Keep it up Dundee, you take the cake!"と書かれています。

Linda McCartney on stage at the Caird Hall.
1975-09-23-Wings-Linda-McCartney

このグループが会場に到着したのは、当時ダンディー大学の学長であったクイーン・マザーがケアド・ホールのサイン本にサインをした数週間後でした。

マッカートニーは王冠をかぶった顔と、“and love from another subject,”というメッセージを描き、矢は女王殿下のサインに向かって指していた。

“and love from another subject,” リンダ・マッカートニー

1973年のアルバム『バンド・オン・ザ・ラン』に続いて、バンドは1975年に『ヴィーナス・アンド・マーズ』をリリースし、イギリス16公演、ヨーロッパ10公演、北米31公演、オーストラリア9公演を含むツアーに着手した時には、『ウィングス・アット・ザ・スピード・オブ・サウンド』に取り組んでいました。

1975-09-24_01-Wings-in-Dundee-

1975-09-24_02-Wings-in-Dundee

1975年9月23日に行われたケアーズ・ホール公演の後のイブニング・テレグラフ紙のレビューでは、このギグは「しばらくの間、テイサイドで行われた最高のショーの一つに数えられるに違いない」と述べられています。

Paul McCartney and Wings performed at Dundee’s Caird Hall.

Happy Birthday Linda McCartney

1941年9月24日、 Linda McCartney リンダマッカートニーの Birthday 2020

Paul McCartney brought out the Dundee cake for wife Linda at Caird Hall gig in 1975~thecourier.uk



Walker Art Galleryより
1942年の今日生まれのリンダ・マッカートニーは、スポットライトの下でも外でも人生を記録した写真の驚くべきアーカイブを残しています。
2020年11月1日までの期間限定で、リンダ・マッカートニー回顧展を体験しよう 。

Introduction by Paul McCartney

Walker Art Gallery リンダ・マッカートニー 2020 9 24

Walker Art Gallery

0

これが、50th Anniversary Half-Speed Mastering release of 'McCartney' のジャケット!PART2

これが、50th Anniversary Half-Speed Mastering release of 'McCartney' のジャケット!PART2

以前、アルバムのジャケットを掲載しました。

これが、50th Anniversary Half-Speed Mastering release of 'McCartney' のジャケット!

追加画像がありましたので掲載致します。

これが、50th Anniversary Half-Speed Mastering release of 'McCartney' のジャケット!PART2-1

これが、50th Anniversary Half-Speed Mastering release of 'McCartney' のジャケット!PART2-2

これが、50th Anniversary Half-Speed Mastering release of 'McCartney' のジャケット!PART2-3

Clickしてご覧になって頂けると、文字が読めますよ。


2

噂のニューアルバム...McCartney Ⅲ が12月に発売される!?

9月26日に、RSDで、McCartney 50thが発売されますが、今年の12月に「McCartney Ⅲ」が発売されるのでは?との噂があります。


macca-news.blogspot.comより

スティーブ・ホフマン音楽フォーラムの噂によると、ポール・マッカートニーの新しいアルバムが今年リリースされるそうです。このコンセプトは1970年と1980年の2回見たことがあります。そしてアルバムのタイトルは「McCartney III」となっています。これは本当に期待できそうですね。

3つの異なる情報源によると、このアルバムは12月11日にリリースされ、リリースは約3週間後の10月中旬に正式に発表されるとのことです。

また、この発表にはリードシングルのリリースが伴うのではないかという憶測もある。
この噂は、mccartneyIII.comのウェブサイトのドメインが最近、マッカートニーの公式サイトpaulmccartney.comを運営している会社と同じ会社によって登録されたことで裏付けられている。


また、マッカがロックダウン中に一部の時間を過ごしたロングアイランドNYのハンプトンに近い町、サグハーバー Sag Harbor のレコーディングスタジオでポールを撮影した写真も流通している。

噂のニューアルバム...McCartney Ⅲ が12月に発売される!?

この写真は8月末に撮影されたもので、米音楽プロデューサーのリック・ルービン Rick Rubin とのコラボに関係していると言われている。
しかし、『マッカートニー3』はポール自身がプロデュースしていると言われているため、この写真がニューアルバムに関連したものかどうかは不明だ。


New Album Rumored… McCartney III Out In December



かなり気になる噂…ですね。KK様、ご連絡ありがとうございます。
コロナ禍で突然ニューアルバムを発表する事が続いています。
テイラー・スウィフト 「フォークロア」
ブルース・スプリングスティーン 「レター・トゥ・ユー」
エルヴィス・コステロ 「ヘイ・クロックフェイス」
Youtube配信、過去のアルバムのレコード発売なども盛んです。
ライヴが出来ないので、自宅やスタジオに入る時間があり、アルバム1枚分を作り上げる事が出来る状況になっていますので、この噂も、「エッ!?本当!?」と喜んでしまうのもナットクですね。
しかも、本来、年末は「Get Back」で大盛りあがりのはずが、コロナの影響でビートルズ関連のアルバムの発売がありません。
ジョン・レノン 「ギミ・サム・トゥルース」がありますが、その後、クリスマスもあるので、12月は丁度良い期間ではあります。
さて…真相はどうなのか…ワクワク


補足
mccartneyIII.com Webサイトのドメインは 、公式Webサイトpaulmccartney.comおよびflaming-pie.com を管理する CSC Corporate Domainsによって、8月28日に登録されました。

mccartneyIII.com Webサイトのドメイン



サグハーバーのレコーディングスタジオって…どこかな…Bull Dog Studios?

Bull Dog Studios

ハンプトンズ・レコーディングに最適なロケーションで、ノヤックロードNoyac Roadのすぐそば
サグハーバーSag Harborから10分です。

Bull Dog Studios NY


そして、GQとの最近のインタビューの中で、下記のようにポールは語っています。

"Macca "は隔離されている間に新しい音楽を作ることについて語った。
「曲を書き始めたり、曲を完成させたりして、音楽に没頭することができたんだ。曲を書き始めて、曲を仕上げることができたんだ。たくさんの手拭いと消毒剤と社会的距離を使ってレコーディングをしてきたけど、仕事をしないのは好きじゃないから、それは良かったよ」


「仕事も好きです。でも、人間関係は大事。家族は大事。音楽も大事。僕は運がいいと言ったように、僕の仕事は作曲から始まるんだ。ギターさえあればどこでもできるんだ。やることがあると脳が忙しくなるからね。そして、全てのプロジェクトに加えて、何の理由もなく座って曲を書けるという贅沢な時間を過ごしてきた。おかげでストリートから離れられるんだ。」

この言葉を聞くと期待感が高まって来ますね!



スタジオでの画像を、クリックして、よ~く見て下さい。

Paul McCartney ニューアルバム McCartneyⅢの噂


ポールの後ろにはフェイスマスクをつけたカメラオペレーターがいて、未知のプロジェクトのためにポールを撮影していると言われています。
と…言うことは、この撮影は、コロナ禍の中で撮影されたと言えますね。


更には、下記の話が…

ASCAPのサイトでマッカートニーが登録した曲を調べていたら、こんな未発表曲があったという人もいます。
「Special Day」、「Quiet Moment」、「Til You Drop」です。


ん…更にワクワク感が高まります。

該当の記事は見つかりませんでした。