FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

プロテニス・プレーヤーのRoger Federer ロジャー・フェデラーがBeatles SongをCMで披露!

プロテニス・プレーヤーのRoger Federer ロジャー・フェデラーがBeatles SongをCMで披露!

ロジャー・フェデラーは、コートに出た時に曲をコールすることに慣れているので、オフの時には嵐のような歌声を披露している。
スイスの偉大な選手が膝の手術を受けるために短縮されたシーズンを終えた一方で、2020年のハイライトは全く異なる理由で語られることになるだろう。

プロテニス・プレーヤーのRoger Federer ロジャー・フェデラーがBeatles SongをCMで披露!

フェデラーは、その過程でレパートリーと歌唱力の幅を広げたようだ。
39歳のフェデラーは最近、スイスのチューリッヒに拠点を置く通信事業者サンライズSunriseのCMの一部として、ビートルズの名曲「With A Little Help From My Friends」に声を合わせた。

SUNRISE - COMMERCIAL / WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (2020)



2017年には、インディアンウェルズで開催されたBNPパリバ・オープンでグリゴール・ディミトロフとトミー・ハースと共にバックハンド・ボーイズのスーパーグループを結成した。このトリオは、ハースの義父であり、世界的に有名なレコードプロデューサーでありミュージシャンでもあるデビッド・フォスターをピアノに迎え、1982年のシカゴのヒット曲「Hard To Say I'm Sorry」のバージョンをレコーディングした。



テニスの後のキャリアは、まだカードの上にあるかもしれません。アルバムの発売を心待ちにしています。

プロテニス・プレーヤーのRoger Federer ロジャー・フェデラーがBeatles SongをCMで披露

ロジャー・フェデラーが、スイスの通信会社サンライズ・ウィーの新CMでポップスターに変身した。フェデラーは、ビートルズの「With a Little Help From My Friends」を他の通訳者たちと一緒に歌い、そのパフォーマンスはファンの間で興奮の波を巻き起こしました。

CMが公開された後、フェデラーは20minのインタビューに応じ、撮影したサンライズのスポットと彼の歌唱パフォーマンスについて語った。スイスのマエストロは「挑戦だった」と認めている。

「自分自身を克服しなければならなかったが、多くのスーパーボイスの隣では自分の声があまり聞こえないことを知っていたので、グループで歌うのはとても楽だった」とロジャーはインタビューの中で語っている。

他の歌手の伴奏を受けたとはいえ、フェデラーは自分の声の響きが気になって仕方がなかったようだ。
「これだけ多くのインタビューを受けていても、自分の声を聞くのはいつも変なんだ。完璧な声である必要はないと言われていたので、もちろんそれはとても助かりました。」

「また、実際に歌うのではなく、テキストをほとんど話すようにするという素晴らしいアドバイスもいただきました。幸運なことに、撮影の朝にはボーカルコーチからプロの指導を受けたんだ」とロジャー・フェデラーは指摘した。
さらにフェデラーは、ビートルズの「With a Little Help From My Friends」の歌詞をいくつかソロで歌っているのを聞いた後に、ちょっとしたジョークをスライドさせることに成功した。

「正直言って、すぐにレコード契約の電話がかかってくるとは思わないよ。でも、もちろん、このクリップの中の他の人たちは本当に素晴らしかったから、電話がかかってくることを願っているよ」と、ロジャーはとても優しい言葉をかけてくれました。

ロジャー・フェデラーは、サンライズのCM以外にも、最近メルセデスの新しい広告を撮影しています。この記事では、その広告での彼のパフォーマンスを見ることができます。



Roger Federer sings and dances on Beatles’ song “With a Little Help From My Friends”

0

ジョン・レノン、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに

ジョン・レノン、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに

JohnLennon630

ジョン・レノンは新たなドキュメンタリーがブリットボックス BritBox で12月に放送されることが決定している。

ブライアン・グラント Brian Grant(Video Killed the Radio Star)が監督を務めた『レノンズ・ラスト・ウィークエンド』 Lennon’s Last Weekend は1980年12月の死の直前に行われたBBCラジオのアンディ・ピーブルズ Andy Peebles によるインタヴューに焦点を当てたものとなっている。

ジョン・レノン、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに

アンディ・ピーブルズによるインタヴューでジョン・レノンはザ・ビートルズの解散やオノ・ヨーコとのアルバム『ダブル・ファンタジー』、ポール・マッカートニーとの関係、ポール・マッカートニーのソロ作などについて語っている。

そして、アメリカとイギリスの政治問題、彼の家族、そしてリバプールへのホームシックについて率直に話しました。また、フィル・スペクター、エルトン・ジョン、ミック・ジャガー、デヴィッド・ボウイとの仕事や、"イマジン "や "ギブ・ピース・ア・チャンス "などを含むソロ・アルバムをどのようにプロデュースしたかについても語った。

ドキュメンタリーはジョン・レノンの死から40年となることを受けて放送されるもので、ジョン・レノンについて語った新たなインタヴューも盛り込まれるという。

John Lennon Documentary Gets U.S. Premiere on BritBox

Sky Arts UKのMGMM Studiosによって制作され、Abacus Media Rightsによって放送されます。
Abacus Media Rightsは、このドキュメンタリーをSBS(オーストラリア)、DR(デンマーク)、Movistar+(スペイン)、TV4(スウェーデン)にも販売している。

独占放送するブリットボックスのCEOであるソーミャ・スリラマン Soumya Sriraman は『ヴァラエティ』誌に語っている。「優れたイギリスの番組の本拠地としてブリットボックスは愛されているイギリス人ミュージシャンの物語を視聴者にお届けできることを誇りに思っています」

「BBCによるジョン・レノンの最後のインタヴューに関するこのドキュメンタリーは生誕80周年となる年に彼の人生と伝説を祝福するものになればと思います」

BritBoxは米国で100万人以上の加入者を抱え、25カ国に展開している。

一方で、ジョン・レノン殺害事件の犯人マーク・チャップマンに詳しく迫るスカイオリジナルのドキュメンタリー「Let Me Take You Down」も、12月のミュージシャンの没後40周年に間に合うように準備されていると見られている。

ジョン・レノン、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに~NME JAPAN

John Lennon Documentary Gets U.S. Premiere on BritBox

該当の記事は見つかりませんでした。