FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

音楽ストリーミングの成長、アーティスト格差広がる

音楽ストリーミングビジネスの成長は、音楽業界の“持てる者と持たざる者”の溝を埋める代わりに格差を広げてしまったのか?

当初、音楽ストリーミングサービスは自由参加型のユートピアのような輝きを放っていた。そこではすべてのアーティストにブレイクする平等なチャンスが与えられ、リスナーは月額9.99ドルでメジャーなものからニッチなものまで、ありとあらゆる楽曲をビュッフェ形式で延々と楽しむことができた。米WIRED誌のクリス・アンダーソン編集長は、楽観的になりすぎるあまり、音楽ストリーミングが需要と供給の概念を覆し、非ヒット曲がかつてないほどシェアを拡大するという“ロングテール理論”を2004年に提唱したのは有名な話だ。

音楽ストリーミングの成長、アーティスト格差広がる

しかしながら、現実世界の2020年では、ほとんど何も変わっていないように見える。たしかに、プレイリストがアルバムに取って代わり、ヒップホップが新たなポップスとして定着し、デジタルダウンロードはほとんど姿を消した。だが、“誰にどれだけ入るか”という重大な格差の部分は実際変わっていない。

実のところ、音楽ストリーミングは、音楽業界の“持てる者と持たざる者”の溝を埋める代わりに格差を広げたのだ。

過去1年半にわたって音楽ストリーミングサービスに楽曲を提供した160万組を超えるアーティストに目を向け、ストリーミングの総再生回数にもとづいてランク付けすると、上位層に属する1万6000組のアーティストが全ストリームの90パーセントを占めていることがわかる。それにより、160万組のアーティストが残りの10パーセントを分け合っていることも容易に計算できる。ローリングストーン誌の音楽チャートにデータを提供しているAlpha Dataのデータによると、2020年1月8日から7月17日にかけてオンデマンド型の音声および動画ストリーミングで発表された楽曲がこうした格差を示しているのだ。先日、Spotifyも自社のデータを通じて同様の状況を確認した。

Alpha Dataによれば、上位層に属する10パーセントのアーティストがほぼ全ストリームを独占している。この時期に楽曲をリリースした上位層に属する16万組のアーティストが全ストリームの99.4パーセントを占めていたのだ。分析の対象となったおよそ半分以上のアーティストの再生回数は、1楽曲に対して100回を下回った。3枚のアルバムをリリースするなど、1年半にわたってかなり好調だったラッパーのダベイビー(DaBaby)は、この時期にもっとも多い再生回数を記録した。下位層に属する90パーセントのアーティストの合計と比較し、ダベイビーのオンデマンドでの音声再生回数は倍近かったのだ。

音楽ストリーミングが生んだ格差は、売上よりも実際はもっと重大である。もっとも公平な指標は、フィジカルアルバムの売上であり、それによると上位層に属する1パーセントのアーティストが、1〜7月の同時期にリリースされたフィジカルアルバムの全体の売上の54パーセントを占めている。

これを経済学で富の集中を論じる際に使われるローレンツ曲線に置き換えると、フィジカルアルバムの売上は、経済学者が“均等配分線(Perfect Equality)”と呼ぶ線にもっとも近い。これは仮説上の理想的な状態で、下位層に属する1パーセントの人たちが1パーセントを取得し、下位層に属する2パーセントの人たちが2パーセントを取得する……という状態である。

それでも、ストリーミングはラジオと比べると大きな前進である。当時は、上位層に属する1パーセントが事実上すべて(99.996パーセント)のオンエアを独占していたのだから。

当然ながら、ストリーミングは多くの改善をもたらした。リスナーがアルバムをストリーミングする可能性はアルバムを購入するよりもはるかに高く、フィジカルアルバムのリリースは、往々にして十分なリソースとレーベルのサポートがあるアーティストに限定されている。ニュースサイトQuartzが先日発表したSpotifyに関する分析は——SpotifyはDiscovery Weeklyのような、ユーザーに新しい発見をもたらすプレイリストに重点を置いていた——、過去2年にわたってSpotifyのトップ40の楽曲の再生回数が下降する一方、41〜200位の楽曲は比較的安定していることを明かした。

・Spotifyで生計立てるのは「夢のまた夢」 データから見える収入格差の実態

音楽ストリーミングサービスの多すぎる選択肢によってリスナーがトップ40の楽曲以外の音楽に興味を示す一方、彼らはこうしたサービスが提供する音楽の大海原を探究し尽くせていない。そしてその海は、日を追うごとに大きくなっているのだ(昨年、Spotifyのダニエル・エクCEOは同プラットフォームに毎日4万近い楽曲が加わっていると予測)。

毎日音楽を聴くリスナーたちは、方向性を必要としている。音楽ストリーミングサービス各社は、再生回数におけるエディトリアル・プレイリストの比重がどれくらいかは公開していないが、本誌はそれが相当な割合だと踏んでいる。Rap Caviarのようなエディトリアル・プレイリストにおける位置づけは実際極めて重要で、多くのアーティストは金銭を払ってまでSpotifyのプレイリストに自身の楽曲を推してもらおうと第三者企業を頼りはじめている。

「いずれにしても、ただ溺れるだけなんです」と作曲家とプレイリストのキュレーターをつなぐサービスを提供しているSubmitHubのジェイソン・グリシュコフ氏は、夏の初めに本誌に語った。「私は、ストリーミングプラットフォームにいるほとんどのアーティストをうらやましいとは思いません」。

音楽ストリーミングの成長、アーティスト格差広がる~Rolling Stone

0

ジョン・レノン『Imagine』解説:大いなる祈りと権威への挑戦、真実を探求することを目指した作品

ザ・ビートルズは活動期間こそ短かったが、その活動内容は目も眩むような輝きを放っていた。彼らはポップ・ミュージックの可能性をかつてないほど広げ、このジャンルで当然だと思われていたことにあらゆる面から挑戦したのだ。彼らは曲作りを自分たちで手掛けるようになり、以前であれば芸術家の狭いサークルの中でしか通用しなかったようなアイデアをメインストリームのメディアに持ち込んでいった。

ジョン・レノン『Imagine』解説:大いなる祈りと権威への挑戦、真実を探求することを目指した作品

ビートルズが活躍したあと、ポップ・ミュージックは軽んじられるジャンルではなくなった。それはまさに革命的だった。とはいえ、そこでジョン・レノンが果たした役割は見逃せない。彼がこのグループにああいう活動姿勢を持ち込まなかったら、一体どうなっていただろうか?

ほかのメンバーも優れた才能に恵まれていたことは確かだ。それでも、ジョン・レノンの芸術的なまでの茶目っ気や反抗的な態度がなければ、ビートルズが存在しなかった可能性さえある。そして、ビートルズ解散後に彼が出した2枚目のアルバム『Imagine(イマジン)』がなければ、その後のソングライターたちはそこでジョン・レノンが切り開いた道に進むことがなかったかもしれない。ジョンの代名詞ともいえるアルバムになった『Imagine』は、とことん誠実であること、すべてのものを疑うこと、絶えず真実を探求することを目指した作品だった。

「公開セラピー」のような作品
ジョンは、曲をトロイの木馬のように使うのが上手だった。つまり、作者が抱く疑問や怒りを誰でも口笛で吹けるような聴きやすい曲に潜ませ、そうした物事についてリスナーにも考えさせるのである。その意味で、1971年の『Imagine』はジョンのエッセンスともいえる作品だった。


このアルバムには、世界中の人にアピールする魅力的な曲が満載されている。それでいて、その内容は作者であるジョンと切っても切り離せないものになっている。特にオノ・ヨーコとのコラボレーションでできたアルバム・タイトル曲は、従来であれば教会の賛美歌にしかなかったような普遍性を勝ち得ている。

このアルバムは、1970年に発表された『John Lennon/Plastic Ono Band(ジョンの魂)』の延長線上にあった。『John Lennon/Plastic Ono Band』は内面を吐露するような赤裸々な告白調の作品であり、これによってレノンは当時盛り上がりつつあったシンガー・ソングライター・ブームの先頭に立った。その影響は現在にまで続いている。

『John Lennon / Plastic Ono Band』は心の内側を見つめるような作品であり、「There’s A Place」「Help!」「Julia」といった過去のビートルズの楽曲にもあった”公開セラピー”的な作風の流れにあった。一方『Imagine』のタイトル曲で歌われていたのは、大いなる祈りと権威への挑戦だった。これは、人々の意識の中に入り込んだ最高に率直な曲のひとつとなった。のちにレノンは次のように振り返っている。

「最初にリリースした『John Lennon / Plastic Ono Band』は、聴き手にとってはあまりにもリアルすぎる内容でした。だから誰も買ってくれなかった。今は僕も、自分が何をしなければいけないのか理解しています。政治的なメッセージには、少しばかりハチミツをかけて出した方がいいんです」

「Imagine」は、私たちの世界を形作っている物事 (宗教、国家、物質主義) に疑問を投げかけているが、メロディーと音作り (静かなピアノとストリングスによる伴奏) は甘く魅力的なものになっている。しかし魅力的なのはそれだけではない。どんな人であろうと、この曲を聴いているひとりひとりがより良い世界を想像できるという歌詞も魅惑的なのだ。

ジョン・レノンとオノ・ヨーコは、人類を苦しめている”病”に抵抗することを訴える曲を他にも作り上げている (たとえば「Happy Xmas (War Is Over) 」など) 。しかし「Imagine」の優れている点のひとつは、より良い世界にしていくための方法を提案しているところにある。しかしリスナーも、想像するだけでは十分ではないということを心の底ではわかっている。この曲は、想像することの大切さを訴えると同時に、実際に行動に移すことを呼びかけている歌でもあった。



1971年10月11日にリリースされたシングル「Imagine」は、大きな反響を呼んだ。その結果、この曲が収録されたアルバムそのものもチャートの首位に立つことになった。

この曲が普遍的な魅力を持っていたことは、たくさんのカヴァー・ヴァージョンが生まれたことでもわかる。発表からわずか数年のうちに、ダイアナ・ロス、アンディ・ウィリアムス、ジョーン・バエズといった多方面のアーティストたちがこれをカヴァーしている。その後もカヴァーの数は増え続け、「Imagine」はジョンが作った曲の中でも特にカヴァーされる回数が多い曲のひとつとなっている。

そんなカヴァーしたアーティストの顔ぶれを見ると、まさに音楽界の一流どころが勢揃いしている。たとえば、レイ・チャールズ、マドンナ、エルトン・ジョン、ニール・ヤングといった具合だ。1999年、ブロードキャスト・メディア社は、アメリカのラジオやテレビでとりわけ放送回数の多い曲のランキング「Top 100 Songs Of The Century (20世紀を代表する100曲) 」を発表したが、その中には「Imagine」も含まれていた。

また、この曲は2012年のロンドン・オリンピックでも重要な曲として使われることになった。開会式ではエミリー・サンデーがこれを歌ったが、閉会式ではさらに大掛かりな演出が施されていた。デヴィッド・アーノルドが編曲したオーケストラと合唱隊による伴奏で、レノンのオリジナル・ヴォーカルが流れたのである。このパフォーマンスではステージ中央でレノンの顔写真が再現され、白い風船が空へと放たれた。



「Imagine」は、毎年大晦日にニューヨークのタイムズスクエアで新年を迎える時にも流される。さらにユニセフ、アムネスティ・インターナショナル、WhyHungerといった団体も、それぞれの啓発活動の中でこの曲を使っている。アメリカ元大統領のジミー・カーターは、自分が訪れた約125カ国の多くで、「Imagine」が国歌と同じくらい大切な曲として歌われていたとかつて語っていた。

この曲は単に多くのアーティストたちに影響を与えたというだけにとどまらず、社会の網の目の中に縫い込まれたかのように普遍的なものとなっている。


「”Jealous Guy”はとてつもなくすごい本物のラブソング」
「Imagine」は、アルバム『Imagine』の冒頭に収められていた。このアルバムには他にもたくさんの名曲が含まれている。「Oh My Love」「Oh Yoko!」「Jealous Guy」 といった曲からは、ジョンの複雑でロマンティックな側面が垣間見えてくる。特に「Jealous Guy」は、彼が作ったラブソングの中でも特に親しまれる曲のひとつとなった。




曲の中で謝罪することは、当時も決して珍しいことではなかった。しかしジョン・レノンのようにたくさんのファンを抱えている人物が、そんな莫大な人数を前にして自分の失敗を赤裸々に語る場合、大変な勇気が必要だったはずだ。彼はのちにこう語っている。

「僕はとても嫉妬深くて、独占欲の強い男でした。単にヨーコのことで嫉妬深くなるだけじゃなくて、男と女に絡んだすべてのことに対して嫉妬深くなる……。とても不安な男だから、自分の彼女を小さな箱に閉じ込めて、鍵をかけておきたくなる。彼女と遊びたくなったらそこから引っ張り出して、遊び終わったらまた箱に入れて片付けてしまう……。人間は誰かに恋をしているときに嫉妬深くなって、恋する相手を100%独り占めしたくなる。僕もそういう人間なんです。僕はヨーコのことを愛している。ヨーコを完全に所有したくなる。でもヨーコを窒息させたくはない。それは危険なことです。独占するあまり、死に至らしめることになってしまっては」

今のソングライターたちも、ジョンが作るようなラブソングに依然として惹きつけられている。たとえばファーザー・ジョン・ミスティ (2015年に発表したアルバム『I Love You, Honeybear』はレノンに多大なる影響を受けていた) は、「Jealous Guy」について次のように語っている。

「あれは、自分の弱点や不安に目を向けたとてつもなくすごい本物のラブソングです」

リバプール出身のサイケデリック・バンド、ザ・コーラルのヴォーカリストであるジェームズ・スケリーも、こう述べている。

「あれより前に、ああいう角度からラブソングを作った人間がいたかどうかわかりません。本当にシンプルだけど、天才的です」

驚くにあたらないことかもしれないが、この多面的で深い内容を持つ曲はたくさんのアーティストたちにカヴァーされている。たとえばダニー・ハサウェイ、ロッド・スチュワート、ブライアン・フェリーといったベテラン勢、ルー・リード、エイミー・マンといったレノンに近い精神を持つヴォーカリストたち、意外なところではオルタナティブ・メタルのデフトーンズ、セネガルのシンガー・ソングライター、ユッスー・ンドゥール、ジャズ・シンガーのカーティス・スタイガースもこの曲に挑戦している。

『Imagine』解説:大いなる祈りと権威への挑戦、真実を探求することを目指した作品

先駆者としてのジョン・レノン
オリジナル・アルバムのB面冒頭に収録されている「Gimme Some Truth (真実が欲しい) 」は、「I Don’t Want To Be A Soldier (兵隊にはなりたくない)」や「How Do You Sleep?」と並んで、辛辣な皮肉をスリリングな曲に仕立て上げるレノンならではの才能があらわれた作品だ。アンプをフルボリュームにして世間に向けて毒づくグループはたくさんあるが、それを最初にやったのはジョンだった。


ジョンは、自らの影響力の大きさを理解した最初のポップ・ミュージシャンのひとりでもあり、その力をふるうことにためらいがなかった。「I Don’t Want To Be A Soldier」のように単刀直入であからさまなプロテストソングもそうそうない。そんな歌が大ヒット・レコードに収録され、無数のご家庭にたどり着く場合、その効果は計り知れないものになるだろう。

ここでのジョンは、リアム・ギャラガーのようなマイクの使い方で、ジョン・ライドンのように皮肉っぽく嘲笑う。2012年に平和賞”LennonOno Grant For Peace”を授与されたプッシー・ライオットの妥協を知らぬプロテストも、元をたどればここに行き着くだろう。

一方、1970年代初期にジョンとヨーコが行なったパフォーマンス”ベッド・イン”については、現代の音楽シーンをリードするチャイルディッシュ・ガンビーノとジェネイ・アイコが意外なトリビュートを行っている。彼らは2013年に「Bed Peace」でコラボレーションしたとき、あの有名なジョンとヨーコのベッド・インをビジュアル面で真似ているのだ。



『Imagine』は、ジョン・レノンならではのウィットや世界観と一般受けする魅力的な曲作りとがバランスよく融合した結果、とてつもない名盤になった。音楽好きの若者の中には、このアルバムを初めて聴き、まるで自分に語りかけてくるような作品だと感じる者が必ずいる。そうして、世代を問わず、他のアルバムにはないような形でこのアルバムから影響を受けていく。

『Imagine』がない世界など想像できるだろうか? それは不可能なことだ。

Written By Jamie Atkins

ジョン・レノン『Imagine』解説:大いなる祈りと権威への挑戦、真実を探求することを目指した作品~udiscover

該当の記事は見つかりませんでした。