FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

George Harrison と Ivan Vaughanの幼少期の写真を共有したPaul McCartney

George Harrison と Ivan Vaughanの幼少期の写真を共有したPaul McCartney

Paul McCartneyが発表された内容を掲載します。



George Harrison と Ivan Vaughanの幼少期の写真を共有したPaul McCartney

ビートルズよりも早く、ジョン・レノンは1956年にThe Quarrymenを結成した。1年後にはポール・マッカートニーが加入し、1958年にはジョージ・ハリスンが加入している。レノンの幼少期の親友イヴァン・ヴォーンは、1957年7月6日のウールトン村the Woolton villageの祭りでマッカートニーに彼を紹介し、おそらく音楽の歴史的な過去の中で最も有益なソングライティングのパートナーシップに火をつけた。

George Harrison と Ivan Vaughanの幼少期の写真を共有したPaul McCartney1

"私たちは、私たちの1つがそれを述べた場合、確かに私たちの1つは、それが秘密のコードのようなものだった結果として他の人を楽しませるだろう、フレーズ、フレーズのカップルを持っていた..."
イヴォーンはThe Quarrymenでティーチェストベースtea-chest bassをパートタイムで演奏し、ロンドンのCollege Schoolでクラシックの学びました。


George Harrison と Ivan Vaughanの幼少期の写真を共有 Paul McCartney

その一方で、6月にはポールはビートルズの本格的なベーシストであるスチュアート・サトクリフに敬意を表し、今年で彼は80歳の誕生日だった。

78歳のポールより
「私たちの本格的なベース参加者スチュアートは、この時点で80になっていただろう。」と。
“Our authentic bass participant Stuart would have been 80 at this time! ”

「私たちの時間の多くの素敵な回想をまとめて。誕生日おめでとう。スチュ!」
“So many nice recollections of our time collectively. Comfortable birthday Stu! Love Paul.”


George Harrison と Ivan Vaughanの幼少期の写真を共有したPaul McCartney COLOR

その間、サー・リンゴ・スターは80歳の誕生日を迎え、今年の10月にはジョン・レノンも同じ誕生日を迎えた。
12月にはレノンが悲劇的に暗殺されてから40年が経過しています。

2

ビートルズ分裂から50年、PEOPLEがバンドを祝う a Special Editionを発売

ビートルズ分裂から50年、PEOPLEがバンドを祝う a Special Editionを発売

海外の雑誌の表紙でGoodな時がありますよね。表紙買いをされる方もおられると思いますが、こちらの雑誌「PEOPLE」の表紙は如何ですか?
この記事の内容が掲載されていましたのでご紹介します。




50 Years After The Beatles Split, PEOPLE Celebrates the Band in a Special Edition

"これ以上ヒステリックになることはない "と1963年にジョン・レノンは言っています。PEOPLEのThe Story of The Beatlesから、彼らの初期の頃の様子をお読みください。

50年前にビートルズが解散したとき、一つの時代が終わった。ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、そしてリンゴ・スター以前のバンドメンバーであるステュー・サトクリフとピート・ベストがビートルズとして1960年の夏にハンブルグのインドラ・クラブで初演してからちょうど10年が経過していた。しかし、1970年までに彼らは音楽を永遠に変えてしまった。

ビートルズは、単なるノスタルジアに浸っているだけではなく、ストリーミング・ファンよりも絶叫系のファンに人気を博しています。昨年発売された1969年のアルバム『アビー・ロード』は、発売から数日で17億回のSpotifyによるストリーミングを記録しましたが、そのうちのほぼ半分はバンドの解散後に生まれた人々によるものです。 生き残った2人のバンドメンバー、78歳のマッカートニーと80歳のスターは今でも仲が良い。今年の夏、マッカートニーは1997年にスターと一緒に作った曲「ビューティフル・ナイト」のリマスター版をリリースした。2人がスタジオに入ったとき、「すぐに昔のようになった」"right away it was just like the old days."とマッカートニーは語った。

PEOPLEは、写真満載の特別版「The Story of The Beatles」の中で、その驚くべき初期の時代を振り返っています。以下に抜粋した章では、ビートルズはイギリスで目まぐるしい成功の第一波を経験しており、バンドの少なくとも一人のメンバーは自分たちがピークを迎えたと思っていた。

"Beatlemania at Home"

ビートルズは1964年1月、ファンに包囲されたノース・ロンドンの劇場内の楽屋でキューバ産のブーツのかかとを休ませていた。暴動を恐れた警察の命令で、ビートルズは学校がファンを下校させる前に劇場に到着していた。"でも、こんなに長い間、外を見たことがなかったんだ。"But we haven't seen any open air for so long."

酸素の供給が不足しているというのは、今イギリスを飲み込んでいる狂気を説明するのに、何よりも適していました。集団ヒステリーの瞬間への道のりは、1961年11月にさかのぼり、27歳のデパートの跡取りという意外な姿で運命が訪れた。

ブライアン・エプスタインはクラシック音楽を愛する完璧な服装をしていたが、リバプールのビート・ミュージックのアンダーワールドであるキャヴァン・クラブの階段を降りると、これ以上のことはないだろうと思った。彼がハンブルグで鍛えられたバンドを見に来たのは、興奮した18歳の少年が "マイ・ボニー "というレコードを探しにエプスタインの楽器店を訪れた後だった。そのレコードは、ビートルズがドイツでのレコーディング・セッションでバックを務めていたトニー・シェリダンのアルバムからのシングルだった。ビートルズが近くで演奏していたので、エプスタインは行くことにした。

彼はその日、キャバーンを出た。「私はこの4人の若者たちがパフォーマンスをしていた、臭くて、臭くて、かなり汚い地下室に立ち寄った」と彼は2年後にライフに語っている。「彼らの演技はボロボロで、規律がなく、服はボロボロだったが、それでも... ここには何か大きな何かがあるとすぐに感じた」と語っている。

数週間のうちにエプスタインは彼らのマネージャーを務め、1962年の元旦にはデッカ・レコードのオーディションを受けるために彼らをロンドンに送り届けた。しかし残念なことに、彼はギター・グループは 「撤退の道を歩んでいる」“on the way out."と言われていた。(デッカのブラスが見事に間違っていることが証明された後、レーベルのトップであるディック・ロウはジョージ・ハリスンからの忠告で別の新進気鋭のグループ、ローリング・ストーンズと契約したため、自分を責めることは一生なかった)

振り返ってみると エプスタインは ビートルズのデモテープを メジャーレーベルに買い求めた後に 希望を失ったことを認めています。「彼らは全く興味を示さなかった」"They weren't in the least interested."

そして1962年4月、ロンドンに行くか死ぬかの旅の途中で、エプスタインは最後の一軒、エンバシーEmbassyのドアをノックすることを計画した。その前に彼はHMVの店に立ち寄り、デモテープをディスクに変換してもらいました。客のためにアセテートを作るのが日課だったサウンドエンジニアのジム・フォイJim Foyeは、業界の最高の耳が見落としていたエプスタインのテープに何かを感じていました。フォイはエプスタインの方を向いて、「EMIの重役の一人が上の階で会議をしている」とHMVの親会社のことを言った。"彼にこれを聴いてもらってもいいかな?

その重役はフォイと同じように、彼が聴いたものに興奮していた。36歳のマーティンGeorge Martinは貴族的な風貌を持ち(実際、彼は質素な家庭の出身だった)、ビートルズのマネージャーと同じくらいビートルズの世界とはかけ離れた存在だった。初期のレコーディング・セッションの後、彼らが不満に思っていることがあるかどうかを尋ねたとき、ジョージ・ハリスンは言い寄ってきた。「まあ、手始めに」"Well, for a start," 彼は言った、「私はあなたのネクタイが好きではない。」"I don't like your tie."

10代でフォー・チューン・テラーズ(Four Tune Tellers)というダンス・バンドを率いていたマーティンは、リバプールの若者たちが大好きなピーター・セラーズ(Peter Sellers)やスパイク・ミリガン(Spike Milligan)のレコードのプロデューサーを務めていた。エプスタインが初めてHMVのデモ・ディスクを彼に聴かせた時、彼は礼儀正しく、「そこには尋常ではない質の高さがあり、ある種の荒々しさがあった。"マーティンは作家のフィリップ・ノーマン(Philip Norman)にこう語っている。"何かあるかもしれないと思ったんだ」とマーティンは作家のフィリップ・ノーマンに語った。

1962年6月のオーディションの後、マーティンは彼らに契約を持ちかけた。しかし、彼はピート・ベストの「ドラミングは私が望んでいるものとは全く違う」とエプスタインに言った。9月までに、彼らが最初のシングル「Love Me Do」を生み出すレコーディング・セッションのために戻ってきたとき、バンドには新しいドラマーがいた。そしてジョージ・ハリスンは黒目を患っていた。これはキャヴァン・クラブでの騒動で、リンゴ・スターをドラムに迎えたビートルズが激怒したピート・ベストのファンに襲われた時のことだった。

11月、マーティンは新しいバンドが彼のために見つけたシングル "How Do You Do It? "ではなく、レノン・マッカートニーのオリジナル曲を録音しようと主張したことにムッとしていたが、これはジェリーとペースメーカーズのヒット曲となった。
"ビートルズが自分たちの曲 "Please Please Me "を録音した後でさえも、「セッション全体が楽しかった」とマーティンは後に認めている。「最後にインターホンのボタンを押して、『紳士諸君、君たちは最初のNo.1を作ったばかりだ』と言ったんだ」
'Gentlemen, you have just made your first No. 1.'"


マーティンもエプスタインもビートルズ自身も、この先に起こることを予言することはできなかっただろう。1位のヒットを連発し、12時間のセッションで録音されたデビュー・アルバムは30週間チャートのトップに立った。このアルバムは1963年11月22日にイギリスでリリースされたセカンド・アルバムによって1位から転落した。その2ヶ月後、彼らはミート・ザ・ビートルズ(Meet the Beatles)でアメリカのLPデビューを果たした。

イングランドの10代の人々の間で最初の大規模なマニアの発生が報告されたのは1963年の秋で、彼らが初めて全国放送のテレビに出演し、BBCのラジオ番組に出演したことをきっかけに、ビートルズの広報担当者トニー・バロウが主張した「ファブ・フォー」が5週間のツアーを開始したのです。
ヨークシャーのハルでは、一晩中行列を作った2,000人のファンを50人の警官が制圧するのに苦労した。カーライルでは、チケットの列が暴動に発展したときに負傷した十代の若者たちを救急車が運び出し、ニューカッスルでは4,000人が土砂降りの雨の中で待っていた。ニューカッスルでも4,000人が土砂降りの雨の中で待っていた。"48時間並んでいた多くの人のつままれた、風に焼かれた顔は、それが楽しいビートルのイベントへの前奏曲よりも死の時計のように見えた "と、デイリー・テレグラフ紙が評した。


Why The Beatles Didn't Keep The Band Going
ビートルズがバンドを続けられなかった理由


「昨夜、ビートルズに触れた」とデイリーヘラルドの記者は書いています。「2人のファンは12歳以上で、後で私をつかまえ、手袋をした手にキスをした。」と書いている。フリート・ストリートはこれをビートルマニアと呼んだが、この現象を取材することになった記者たちは、北国のバンプキンズと思われていた彼らが素晴らしい名言を披露してくれたことに喜びを感じた。特にリンゴは名言マシーンであることを証明した。

記者:どうしてそんなに指輪をしているんですか?Why do you wear so many rings?
RINGO: 鼻から全部はめることができないからだよ。Because I can't fit them all through me nose.
記者:ベートーヴェンについてどう思いますか?What do you think of Beethoven?
RINGO:彼の詩が好きでした。I loved his poems.


最も引用されたセリフはジョンのもので、毎年恒例のロイヤル・バラエティ・パフォーマンスRoyal Variety Performanceの間、ロンドンのプリンス・オブ・ウェールズ劇場Prince of Wales Theatreのステージから「ツイスト・アンド・シャウト」“Twist and Shout”を紹介した時のものです。

「安い席の人たちは手を叩いて下さい。」
"Would the people in the cheaper seats clap your hands,"
と、母王妃とマーガレット王女(エリザベス女王は当時妊娠中で宮殿行きだった)を含む観客に向かって言った。
「そうじゃないの人は宝石をジャラジャラ鳴らしてくれればいい」
"And the rest of you if you’ll just rattle your jewelry."


別のツアーでは、リンゴはビートルマニアが自分の家族にまで感染していたことを明かしています。
"俺の親父はビートルマニアに興奮して頭がおかしくなってしまったんだ。父は絵描きだけど、もう絵描きのようにはしゃべらないんだ。'Yeah Yeah Yeah' aとか 'Wow Wow Wow’ とか言って指を動かすのが精一杯だ"


レポーター、カメラマン、テレビのプロデューサー、「インタビューに応じたティーンエイジャー」が楽屋に詰め込まれている中、リンゴは自分の音楽の好みについて話した。
"私はブルースに熱中しています ""I'm dead keen on the blues,"と彼は言った、彼はかつてアメリカに移住することを望んでいたことを付け加えた、 "私は私のビザを取得するためにリバプールのアメリカ領事館に行って、彼らは私たちに『あなたの祖母の親友の犬は共産主義者ですか?』だからあきらめた"


1963年10月、アメリカのバラエティ番組の司会者エド・サリバンEd Sullivanがロンドンの空港を通過していたとき、ちょうどファンがスウェーデンから帰国したバンドに熱狂していたのです。その時、スウェーデンから帰ってきたバンドにファンが熱狂していたのです。

この時点で、ビートルズは自宅のファンからの騒動を歓迎した。「彼らは好きなだけ騒いでいいんだ」
"They can make as much row as they like,"とジョンは言った。

「彼らが僕らを見捨てた日、僕はウィスキーとコーラの代金をどうやって払おうかと悩むだろうね」
"The day they desert us, I'll be wondering how I'm going to pay for my whiskey-and-cokes. At the moment,"

とジョンは付け加えた
「今がピークだ。これ以上のヒステリックなことはない」
"we're at the peak. Things can't get much more hysterical than they are now."


と彼は付け加えた。
もちろん、彼は非常に間違っていた。


50 Years After The Beatles Split, PEOPLE Celebrates the Band in a Special Edition


成功と狂気…人気って恐ろしいですね。詳しくは、雑誌「PEOPLE」を購入して読んで下さいね…英文ですが…

該当の記事は見つかりませんでした。