FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

リンゴ・スター、70年代にザ・ビートルズの再結成を検討した逸話を語る

リンゴ・スター、70年代にザ・ビートルズの再結成を検討した逸話を語る

リンゴ・スターは70年代にザ・ビートルズの再結成を検討した逸話について語っている。

リンゴ・スター、70年代にザ・ビートルズの再結成を検討した逸話を語る

リンゴ・スターは解散から6年後となる1976年に当時の金額で「6240万ドル」、現在の価値で「2億5000万ドル(約270億円)」のオファーを受けたという。

これは当時、演劇や音楽イベントを撮影してケーブル配信していたビル・サージェントBill Sargent,によってオファーされたものだったが、前座に約5.5メートルのサメとプロレスラーによる戦いがあったため、最終的にオファーを断ることになったとしている。

「一度、話をしたことがあったんだ」とリンゴ・スターは『ザ・ミラー』紙に語っている。

「クレイジーなオファーがあったんだよね。みんながどう考えているか知ろうと、お互いに電話をかけあったんだ。やらないことにしたけど、オープニング・アクトが男がサメを倒すというものだったからなんだ。それで『違うな』と思ったんだよ」

リンゴ・スターによれば、ジョン・レノンが亡くなる1980年より前に再結成について真剣に検討したのはこの一度きりだったという。

リンゴ・スターはジョン・レノンとジョージ・ハリソンが生きていたら、その可能性はあったと思っていると語っている。「もしジョンとジョージが亡くなっていなかったら、その可能性はあったと思うよ。ポールと僕はいまだにツアーをやっているしね。ジョンもまだツアーに出ていたんじゃないかな。ジョージについては分からないけどね。いまだにやりたいことをやっていたと思うよ」

Ringo Starr、70年代にザ・ビートルズの再結成を検討した逸話を語る

先日、リンゴ・スターは80歳の誕生日を記念してオンラインでのチャリティ・コンサートを開催することを発表している。

豪華スターが家からのパフォーマンスや未発表のコンサート映像を届けるこのイベントにはポール・マッカートニーやシェリル・クロウ、ジョー・ウォルシュ、ベン・ハーパー、ゲイリー・クラーク・ジュニアらが出演する。

イベントでの寄付はブラック・ライヴス・マター・グローバル・ネットワーク、ミュージケアーズ、デヴィッド・リンチ・ファウンデーション、ウォーターエイドで分配される。リンゴ・スターズ・ビッグ・バースデイ・ショウは日本時間7月8日午前9時よりYouTubeで中継される。

Ringo StarrがPaul McCartneyなどとのライブ・ストリーム・80歳birthday記念ギグ「Ringo’s Big Birthday Show」を発表

リンゴ・スター、70年代にザ・ビートルズの再結成を検討した逸話を語る


リンゴ・スターズ・ビッグ・バースデイ・ショウ、8日9時、もう少しですね!
前座に「サメとプロレスラー」は登場しないよね…(笑)

0

UK・15億7000万ポンドで、カルチャー・ライフ・ラインに「すべての仕事を救うわけではない」が「トンネルの最後に明かりが灯った」

UK・15億7000万ポンドで、カルチャー・ライフ・ラインに「すべての仕事を救うわけではない」が「トンネルの最後に明かりが灯った」

政府から芸術部門に提供された15億7,000万ポンドのサポート・パッケージについて様々な反応があります。
これまでにない英国の文化への1回限りの投資であり、企業、施設、機関 が廃業することなくコロナウイルスのパンデミックを生き残るのに役立つと評価されています。


Saved Our Venues

(ここからはBCCの内容です。)

デジタル・文化・メディア・スポーツ大臣であるオリバー・ダウデン氏Oliver Dowdenは、助成金と融資は、芸術部門と多くの地元の会場で「王冠の宝石」 "crown jewels"を保護することを目的としていると語った。
それは数週間の圧力の後に続き、業界のリーダーは多くの場所が崩壊の瀬戸際にあると警告していました。今回の支援は、独立した映画館Independent cinemas、世界遺産heritage sites、音楽会場music venuesも対象となります。


デジタル・文化・メディア・スポーツ大臣であるオリバー・ダウデン氏Oliver Dowden

文化大臣は、緊急パッケージが文化部門の大部分を保護すると確信していると言いましたが、全てではありません。

「残念ながら、誰もが生き残ることができるわけではなく、すべての仕事が保護されるわけではありません。悲しいことに、私はあなたに正直でなければなりません。もちろん、さらなる失業者が見られるでしょう。」

ダウデン氏は、助成金とローンはすべて「新しいお金」"new money" であり、ロイヤルアルバートホールや国立美術館などの「王冠の宝石」の会場を維持すると同時に、英国中の地方機関を支援するという2つの大きな目的があると述べました。

同氏はまた、業界団体を通じて新しい助成金とローンを申請する機関は、それらがどのように幅広い経済成長に貢献するかを証明する必要があると述べた。

プリマスのシアターロイヤルhe Theatre Royal in Plymouth の最高経営責任者であるエイドリアン・ビンケン氏Adrian Vinkenは、BBCラジオ4の番組で、詳細が発表されるまで100人の失業を防ぐのに十分な発表だとは言えないと語った。

UK・15億7000万ポンドで、カルチャー・ライフ・ラインに「すべての仕事を救うわけではない」が「トンネルの最後に明かりが灯った」

(ここまではBCCの内容です。手厳しいのです。別のサイトでは、今回の支援に好意的コメントを掲載しています。)

Music Venue Trustは、英国の世界クラスのライブ音楽シーンへのこの前例のない介入を温かく歓迎しています。
この危機を通じて緊密に協力し、草の根の音楽会場が直面する課題への真の解決策を開発する機会を与えてくれた国務長官とDCMSのチームに感謝します。


「この基金は、活気に満ちた会場のネットワークを安定させ、保護する機会を提供し、すべての会場を安全に再開するための計画を作成するために必要な時間を提供します。

「英国のすべての草の根の音楽会場を代表して、この機会を利用して、すべての音楽ファン、すべてのアーティスト、すべての活動家、そしてこれを成し遂げたすべての皆さんに感謝したいと思います。」

一方、閉鎖の脅威に直面していたロンドンのロイヤルアルバートホールは 「まだ困難な課題に直面しているのでサポートに感謝しています」

閉鎖の脅威に直面していたロンドンのロイヤルアルバートホール

UK MusicのCEO代理であるTom Kiehlは、パッケージのニュースに応えて、「大きな前進」と「多くの音楽会場の命の恩人」として説明しました。

UK Music



政府の支援が決まった事は良い報告です。しかも日本では考えられない程のスピードで発表された事に驚きます。
日本でも何とかならないのでしょうかね。

0

イギリス政府、文化事業への2000億円を超える包括的支援策を発表

イギリス政府、文化事業への2000億円を超える包括的支援策を発表

以前、こちらの活動について掲載しました。

Let The Music Play / RadioheadやPaul McCartneyらが、英国政府にライブ音楽への“catastrophic damage”「壊滅的な被害」を防ぐよう呼び掛ける。

LIVE: #LETTHEMUSICPLAY キャンペーンで支援。Paul McCartneyからの声明

その後、驚くべくスピードで、この事が発表されました。



イギリス政府は「新型コロナウイルスの影響を乗り切るために」UKのアート・文化遺産事業に15億7000万ポンド(約2100億円)の包括的支援策を行うことを発表している。

イギリス政府、文化事業への2000億円を超える包括的支援策を発表する

この支援策は現地時間7月5日に発表されたもので、音楽の公演会場、独立系映画館、博物館、ギャラリー、劇場、遺産登録地に緊急の助成金や融資が提供される。

今回の金額はUKの文化事業に対して一度の支援としては最大のものとなっており、新型コロナウイルスのパンデミックから企業や組織、団体を救うために他の方策も続く予定で、そこには融資や事業税支払い免除、雇用継続助成金などが含まれている。プレス・リリースによれば、事業の継続を手助けするほか、「従業員やこの分野でのフリーランスの援助も行っていく」という。

「有名な劇場やミュージカルから世界クラスのギャラリーでの魅力的な展覧会、地元の地下室で行われるライヴまでUKの文化事業はこの国の脈打つ心臓です」とボリス・ジョンソン首相は語っている。「今回の支援金で未来の世代に向けてこの分野を守り、芸術団体やUK中の公演会場が事業を続け、ドアやカーテンが閉まっている間も自身のスタッフを支えることができるようになるはずです」

ボリス・ジョンソン首相 UK文化事業について語る

デジタル・文化・メディア・スポーツ大臣のオリヴァー・ダウデン Oliver Dowden は次のように述べている。「私たちのアートや文化事業はこの国のソウルです。そうしたものがこの国を素晴らしいものにし、世界に打ち勝つ急成長を遂げるクリエイティヴ産業の最も重要な要となっています。アートが直面している重大な挑戦であることを理解しておりますし、未来の世代に向けてできる限りのものを守り、残していかなければなりません」

「アートを裏切るようなことはしないと言ってきましたが、今回の巨額の資金提供が私たちの行動の大きさを示しています」

イギリス政府が文化事業への2000億円を超える包括的支援策を発表

財務大臣のリシ・スナックはアート空間は「イギリスの文化において生命線」であり、今回の支援策によって「イギリスがよく知られている視覚と聴覚にまつわるものを提供し続ける」ことができると述べている。

イギリスの文化施設に対する支援金は11億5000万ポンドで、8億8000万ポンドの補助金と2億7000万ポンドの融資からなる。政府は融資返済の条件も「緩やかなものになる」と説明している。

イングランドの国民的文化施設やイングリッシュ・ヘリテージ・トラストが管理する文化遺産に1億ポンドが振り分けられ、新型コロナウイルスのパンデミックによって中断された文化的インフラや文化遺産の建設事業の再開に1億2000万ポンドが提供される。北アイルランドの文化施設には3300万ポンド、スコットランドには9700万ポンド、ウェールズには5900万ポンドがそれぞれ中央政府予算から提供される。

「各分野の専門家」が支援対象の選定を政府が決定するのを手助けする。「今後数週間のうちに」スキームが始まる際に詳細は発表される。

イギリス政府、文化事業への2000億円を超える包括的支援策を発表

UKミュージックのCEO代行のトム・キールは支援策について「大きな一歩」であり、「多くの音楽会場にとって救いの手」となると述べている。

「UKミュージックはライヴ音楽を復活させるために業界に対する専門的な援助をずっと求めてきました」と述べている。「助成金や融資の対象は業界で必要としている人々の救済を最大化するためにも、できる限り広くしなければなりません」

「公的資金を受けたこれまでの記録がない人たちも不利にならないようにしなければなりません。イングランドのアート協議会と早急に話をしなければなりません」

先日、レディオヘッド、ザ・キュアー、ニック・ケイヴ、PJハーヴェイ、ジョニー・マー、ディジー・ラスカル、プライマル・スクリーム、ポール・マッカートニー、デュア・リパ、ザ・ローリング・ストーンズ、コールドプレイなど、1500を超えるアーティストが新型コロナウイルスのロックダウンによって音楽業界に対する「壊滅的な被害」を防ぐために早急な行動を求める「#LetTheMusicPlay」の公開書簡に署名していた。

一方、ミュージック・ヴェニュー・トラストは「年間52億ポンド(約7000億円)の音楽業界」を救うために5000万ポンド(約67億円)の資金注入を求める公開書簡に560のライヴ会場が署名していた。

イギリス政府、文化事業への2000億円を超える包括的支援策を発表~NME JAPAN

該当の記事は見つかりませんでした。