FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。FINAL-Paul McCartney in EU

Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。FINAL-Paul McCartney in EU

2020年5月26日・フランス・パリ・ラ・デファンス・アリーナ 告知ポスター

Freshen Up 2020 New Designの元画像

皆さん、覚えていますか?
当ブログで、ポール・マッカートニーのツアー「Freshen Up」の新しい告知デザインについて連続掲載をした事を!
Aっ!?覚えていない?そんな…あんなに懸命に掲載したのに…では、こちらを読んでから、今日のブログを見て下さい。


Freshen Up 2020 はNew Design!Paul McCartney in EU

Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。Part1-Paul McCartney in EU

Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。Part2-Paul McCartney in EU

Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。Part3-Paul McCartney in EU


思い出しましたか?2018年9月17日・Canada・Québec CityのVideotron Centre公演のワンシーンを使用したデザインになっている事を掲載していました。
では、このシーンは公演中のどのような時に撮影されたのか…


ポールはレス・ポールのギターを持っています。このギターを持っているって事は!この曲の時だけです。そうです!このメドレーです!
Golden Slumbers~Carry That Weight~The End


Golden Slumbers~Carry That Weightではピアノ演奏のポールが、The Endになると、ギター共演!ポールは観客の方を向いて演奏・歌っていますが、このデザインではポールは観客に背中を向けているではないか!おかしいな~と思われて当然です。
しかも、ポールの安堵感のある表情…ライヴ中に、このような表情のポールを見た事がありますか?これもおかしいな~と思いますよね。
でも実際そのようなシーンがあるのです。こちらのYoutubeをご覧になって下さい。





分かりましたか?そうなのです。最後の最後、ジャ~ンとしたシーンなのです。

PM Quebec Canada バンクーバー the end 2019-1

Vancouver, BC Place, July 6, 2019

Vancouver, BC Place, July 6, 2019-1


2017年11月16日 One On Oneツアーが終了し、2018年9月17日 Freshen Upツアーが始まった初めの公演が無事終了した瞬間、ポールの気持ちが最後の最後に表情に現れた瞬間なのです!

日本公演でポールを最後まで見つめていますが、この瞬間は背中を見ていて、スクリーンを見ていないので、ポールがこのような表情をしているとは思いませんでした…いや、他の公演でも、このような表情なのだろうか…
Freshen Up初日の公演だったので、尚更、このような表情になったのだろうと思っています。


このポールの表情を見逃さなかったカメラマン・MJ KIMさんに感謝です。
この写真があってこそ、New Freshen Upに相応しいデザインになったと感じます。


ところで私の手持ちの写真で、このシーンがあるかな…と思い確認すると…

2018年10月31日・東京ドーム

2018年10月31日 ポール 東京ドーム ラストシーン

2018年11月5日・両国国技館

両国2018年11月5日 ポール ラストシーン

2018年11月8日・名古屋ドーム

NAGOYA2018年11月8日 ポール ラストシーン

ん…見事な程、ポールの背中のオンパレードです(笑)。
来年?ポールが来日した時は、この瞬間の時はスクリーンも見るようにします。
って…無理だろうな~またポールの背中を見つめているような気がします(笑)。


シリーズで掲載しました「Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。Paul McCartney in EU」
The ENDです。じゃ~ん!

該当の記事は見つかりませんでした。