FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

リンゴ・スター、ジョン・レノンの死を知った時のことを振り返る~Halloweenとは関係ありません

リンゴ・スター、ジョン・レノンの死を知った時のことを振り返る~Halloweenとは関係ありません

今日、10月31日はHalloweenです。そう言えば、会社の帰り、ホテルのレストランでマイケル・ジャクソンのスリラーが大音響で流れていて、観客が大ダンス大会をしていましたね。皆さん、大騒ぎのハロウイーンです。ところがブログは…この話題です。


リンゴ・スターはザ・ビートルズのバンドメイトだったジョン・レノンが殺害されたことを知った時のことを振り返っている。

ジョン・レノンは1980年12月8日に狂信的なファンであるマーク・チャップマンに殺害されている。ジョン・レノンはマンハッタンにあった住居のすぐ外で至近距離から4発の銃弾を受けている。
米『ローリング・ストーン』誌の新たなインタヴューでリンゴ・スターはフー・ファイターズのデイヴ・グロールに悲報を知った時のことについて語っている。


「ジョンが亡くなった時、バハマにいたんだ。ロサンゼルスにいた継子から電話をもらってね。『ジョンになにかがあったみたいなんだ』と彼は言ってきてね。
それで、電話がかかってきて、『ジョンが亡くなった』と言われたんだ。僕はどうすればいいのか分からなかったよ」
「ひどい奴によって撃たれてしまったんだ」という思いが込み上げるなか、リンゴ・スターはジョン・レノンが亡くなった直後にとって行動について続けて語っている。


「僕は『飛行機を見つけなきゃ』と言って、ニューヨークへの飛行機を手配したんだけど、何ができるか分からないだろ」と彼は思い返している。
「住んでたアパートに言ったんだ。『なにかできることは?』と言ったら、ヨーコは『そうね。ショーンと遊んであげて。ショーンを退屈にさせないで』と言ってね」
「それが僕らのしたことだった。『何をしているの?』と思うんだろうけどさ」


先日、リンゴ・スターは最新作『ホワッツ・マイ・ネーム』でポール・マッカートニーと共にジョン・レノンによる“Grow Old With Me”をカヴァーしたことについて語っている。
「心にくるものがあったよ。僕は全部の曲を聴いた。彼は(亡くなる前に)1曲を除いてすべての曲のレコーディングを終えていたんだ。その1曲がこの“Grow Old With Me”という曲なんだよ。僕は自分にできるベストを尽くしたよ」


リンゴ・スター、ジョン・レノンの死を知った時のことを振り返る~NME JAPAN


悲しい時も楽しく&楽しく…そして、悪霊などを追い出してくれ~

該当の記事は見つかりませんでした。