FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

リンゴ・スター、ジョン・レノンの死を知った時のことを振り返る~Halloweenとは関係ありません

リンゴ・スター、ジョン・レノンの死を知った時のことを振り返る~Halloweenとは関係ありません

今日、10月31日はHalloweenです。そう言えば、会社の帰り、ホテルのレストランでマイケル・ジャクソンのスリラーが大音響で流れていて、観客が大ダンス大会をしていましたね。皆さん、大騒ぎのハロウイーンです。ところがブログは…この話題です。


リンゴ・スターはザ・ビートルズのバンドメイトだったジョン・レノンが殺害されたことを知った時のことを振り返っている。

ジョン・レノンは1980年12月8日に狂信的なファンであるマーク・チャップマンに殺害されている。ジョン・レノンはマンハッタンにあった住居のすぐ外で至近距離から4発の銃弾を受けている。
米『ローリング・ストーン』誌の新たなインタヴューでリンゴ・スターはフー・ファイターズのデイヴ・グロールに悲報を知った時のことについて語っている。


「ジョンが亡くなった時、バハマにいたんだ。ロサンゼルスにいた継子から電話をもらってね。『ジョンになにかがあったみたいなんだ』と彼は言ってきてね。
それで、電話がかかってきて、『ジョンが亡くなった』と言われたんだ。僕はどうすればいいのか分からなかったよ」
「ひどい奴によって撃たれてしまったんだ」という思いが込み上げるなか、リンゴ・スターはジョン・レノンが亡くなった直後にとって行動について続けて語っている。


「僕は『飛行機を見つけなきゃ』と言って、ニューヨークへの飛行機を手配したんだけど、何ができるか分からないだろ」と彼は思い返している。
「住んでたアパートに言ったんだ。『なにかできることは?』と言ったら、ヨーコは『そうね。ショーンと遊んであげて。ショーンを退屈にさせないで』と言ってね」
「それが僕らのしたことだった。『何をしているの?』と思うんだろうけどさ」


先日、リンゴ・スターは最新作『ホワッツ・マイ・ネーム』でポール・マッカートニーと共にジョン・レノンによる“Grow Old With Me”をカヴァーしたことについて語っている。
「心にくるものがあったよ。僕は全部の曲を聴いた。彼は(亡くなる前に)1曲を除いてすべての曲のレコーディングを終えていたんだ。その1曲がこの“Grow Old With Me”という曲なんだよ。僕は自分にできるベストを尽くしたよ」


リンゴ・スター、ジョン・レノンの死を知った時のことを振り返る~NME JAPAN


悲しい時も楽しく&楽しく…そして、悪霊などを追い出してくれ~

0

ザ・ビートルズ「Oh! Darling」の裏話と川柳

ザ・ビートルズ「Oh! Darling」の裏話と川柳

長文ですが、読み応えのある記事がありましたので転記させて頂きます。



ザ・ビートルズ「Oh! Darling」の裏話と川柳

ザ・ビートルズが最後のアルバムを完成させた頃には、彼らのレコーディング歴は7年近くになり、その間に、世界は完全に変わってしまったように見えた。しかし、ポール・マッカートニーが書き上げた「Oh! Darling」には、アルバム『Abbey Road』のどの収録曲よりも、バンドが世界的に知られる遥か以前の時代のルーツがあった。

未来を見るだけでなく過去も振り返る

1969年は、ザ・ビートルズにとって未来を見据えるだけでなく、過去を振り返る年でもあった。例えば4月9日のフォト・セッション。ポール・マッカートニーは、1958年の結成間もないザ・クオリーメン時代の写真でジョンとジョージと共にお揃いで着ていたステージ衣装を思い起こさせるような、白黒シャツに身を包んでいる。

それから10年が経ち、その間に様々なことが起こった。ザ・ビートルズはまずトゥイッケナム・フォルム・スタジオで、その後は彼らのアップル・スタジオで、バンドにとって最後の年をスタートさせた。元々は、リリースして間もない『White Album』のレコーディングのために1968年のほとんどを費やした費やしたバンドが、1966年以来となるライヴ・パフォーマンスを行なうことだった。

当初の計画では、彼等のリハーサル風景、そしてその後のパフォーマンス(クルーズ船を2隻借りて、グループが地中海を渡ってチュニジアの古代円形競技場へ向かうというのがひとつの案だった)をテレビの特別生番組で放送するというものであり、すなわちアルバム『White Album』の特徴でもあったスタジオの細工はなしに、生演奏で披露できる曲を1セット分用意しなければならなかった。

“典型的な1955年タイプの曲だ”

当初“ゲット・バック”セッションと呼ばれていた、1969年1月の大半を費やしたこのセッションの2日目に、ポール・マッカートニーは例の白黒シャツ同様に、50年代を彷彿とさせる新曲「Oh! Darling」を披露した。ザ・プラターズやザ・ダイアモンズのロックンロール・バラード・スタイルで書かれたこの曲の初期ヴァージョンで、ジョンとポールは10代の頃に行なった最も古いホーム・レコーディングと同様に(『Anthology 1』の「You’ll Be Mine」のような)、ザ・ダイアモンズの1957年ヒット曲「Little Darlin’」を真似ている。ジョージ・ハリスンの解説通り、“コード構成が非常に良い。典型的な1955年タイプの曲”だった。

ザ・ビートルズは1月中に何度も「Oh! Darling」に取り組んだが(ほぼ完全なヴァージョンが『Anthology 3』に収録)、リンゴが映画製作に専念できるように一連のセッションは終焉を迎えた。しかしその月に披露された多くの楽曲同様に、彼等が完成作品に満足することは決してなかった。

“ちょっと力を入れて歌った”

ザ・ビートルズは僅か数週間の内に新たな曲に取り掛かるためにスタジオに戻った。彼らは1969年の2月から8月にかけて、『Abbey Road』収録曲をレコーディング。これが、多くの彼らの傑作が生まれたスタジオが建つ通り名にちなんで名付けられた作品であり、ジョン、ポール、ジョージ、そしてリンゴが一緒に仕事をした最後のアルバムとなった。

4月20日のセッションで、ザ・ビートルズは再び「Oh! Darling」に取り組んだ。全26テイクの内、最後のテイクが1番良い出来だと見なされバッキング・トラックに採用されたが、曲の運命を左右するのはその歌いっぷりだとポール・マッカートニーは確信していた。

バリー・マイルズ作の伝記『Many Years From Now』の中で、彼は詳しく説明している。「僕が特に覚えているのは、ヴォーカルをしっかりやりたい、良いものにしたいという思いだった。だから毎朝レコーディング・セッションで、ハンド・マイクやスタンディング・マイクを使ってみたり、とにかくあらゆる方法で試してみて、最終的にはかなり納得のいくヴォーカルが出来上がりました。ちょっと力を入れて歌った…。いつもはヴォーカルで色々とトライするのも一日で終わらせるので、俺にしては珍しいことですが」

“声帯を引き裂かんばかりの勢い”

エンジニアのジェフ・エメリックがポールの説明を補足する。「僕たちは毎日、50年代スタイルのテープエコーを使って、声帯を引き裂かんばかりの勢いで全力で歌うポール・マッカートニーの素晴らしいパフォーマンスに酔いしれました」
グループが『Abbey Road』に集中的に取り組み、7月と8月の大半を同プロジェクトに割く中、7月23日、アポロ11号の宇宙飛行士達が月から帰還したその日に、ポール・マッカートニーはアルバムから流れるあの並外れたヴォーカルを漸く捉えた。


“あれはポールによる素晴らしい曲だ”

ジョン・レノンとジョージ・ハリスンの卓越したバッキング・ヴォーカル等のオーバーダブの作業は、8月いっぱい続いた。完成された曲のスタイルは明らかに、ザ・ビートルズの面々が10代の頃に夢中だった50年代の作品に対するトリビュートであると同時に、彼らがどれだけ遠くまで来たか、そうして何処から来たかを明確にした、禁じ手なしのパフォーマンスだった。

この曲についてジョン・レノンは1980年に、「あれはポールによる素晴らしい曲です」と振り返りつつ、こうジョークを加えた。「僕ならもっと上手くやれたのにとずっと思ってました。あれは彼よりも僕っぽい曲だった。彼が書いたわけだから、もう仕方ない、彼が歌うしかない」。

Written By Paul McGuinness

ザ・ビートルズ「Oh! Darling」の裏話:10代の頃に夢中だった50年代の作品に対するトリビュート~udiscovermusic



Oh! Darlingにポールの想いが込められているのですね。素晴らしいエピソードです。今回のAbbey Road 50thでもOh! Darling、良かったですね!感激しました。
その感激に感謝して、川柳を…


信じてと  叫び歩けば  靴を脱ぎ

この曲の激しさを表現したのですが、叫びながら、横断歩道を裸足で歩く…そんな奴はいないか…(笑)
でも分かる人には、この川柳で読まれている曲は何か、誰の事を言っているのか、すぐに分かりますよね。


エッ!?分からん…って…そんな…泣き崩れてしまいます…

0

Thank you Linda & Stella McCartney、阪急百貨店さんにも感謝致します。

Thank you Linda & Stella McCartney、阪急百貨店さんにも感謝致します。

Thank you Linda & Stella McCartney、阪急百貨店さんにも感謝致します。

阪急うめだ本店で開催していました「リンダ・マッカートニー写真展」が本日10月28日18時で閉場しました。
リンダ・マッカートニーさんのポラロイド写真展が日本で初めて開催された事について、リンダさん、ステラさん、阪急百貨店さん、そして関係者の皆様、そして何より、サー・ポール・マッカートニーに感謝申し上げます。


Thank you Linda & Stella McCartney、阪急百貨店さんにも感謝致します



ステラ・マッカートニー × 二階堂ふみ ディープなサステイナビリティー対談~WWD

10月16日から28日まで感激の開催でした。私と言えば、16日のステラ・マッカートニーさんのトークショウを聞きに行く事が出来、またステラさんのサインをゲット出来た事は大切な思い出になるでしょう。
その事もあり、先日、神戸ペニーレインさんで開催されたBeatles Fan Meetingで、そのステラ・マッカートニーさんのサインの事について飛び入りスピーチをさせて頂きました。ありがとうございます。
そして、本日、28日・最終日…またまた行って来ました。


今回は思い残すことがないように、ゆったりと楽しく拝見しました。あの写真、この写真…良かったですね…
そして、思い出のポラロイド写真を撮って頂こうと思ったのですが…本来は、「お花Ver」と「コメントVer」の2種類があり、どちらか1つを選べるのです。


リンダ・マッカートニー ポラロイド写真展 お花Ver

リンダ・マッカートニー ポラロイド写真展 コメントVer

リンダ・マッカートニー ポラロイド写真展 コメント

前回、コメントVerを選んだので、今回は、お花Verにしようかと思ったのですが…エッ!お花Verは撮影中止?どうして!?と思い、聞くと、フィルムの在庫がなくなったそうです…残念。
ん!?コメントVerのフィルムを、お花Verの方に回せば…って…言うわけには行かないのです。
実は、お花Verはカラー、コメントVerはモノクロのフィルムなので、両方使うわけにはいかないようです。


リンダ・マッカートニー ポラロイド写真展 カメラ


今回のポラロイド写真展で気になった写真は…

「サイクリング自転車に乗って、ポーズを決めるポール」

リンダ・マッカートニー ポラロイド写真展 自転車

この写真、おかしいね~あの牧場で…土のガタガタ道…自転車で走ったら、パンクしますよ!しかも、そんな所で、なにポーズしてんのポール!と…ツッコミ満載の写真です。面白いね~自然の写真って…

お誕生日の写真ですね。

リンダ・マッカートニー ポラロイド写真展 バースデー

楽しい様子が分かります。皆さん、何という表情!良いですね~

ポラロイド写真と言う性格上、アップの写真が多いです。

リンダ・マッカートニー ポラロイド写真展 お風呂

そのアップに幸せが凝縮されています。

もっと、ゆっくり見たかったですね。椅子があれば良かったのですが…(映像スペースには椅子がありました。)
大阪で、このような一大イベントは、もうないかもしれない…いや…また、このようなイベントが出来るように、我々ファンが応援して行けば、必ずまた大阪で期待のイベントをして頂ける事を期待しています。MJ KIMさんの写真展をして欲しいです!阪急さん。


最後に、この1枚を…

リンダ・マッカートニー ポラロイド写真展 ポール&リンダ

Heart…

8

川柳コンテスト・アビイ・ロード50周年記念エディションで、このような川柳を詠みました。

川柳コンテスト・アビイ・ロード50周年記念エディションで、このような川柳を詠みました。

ラグビーワールカップ2019、日本は初のベスト8進出で盛り上がりましたね!一次予選3勝0敗でしたからね!南アフリカ戦で破れはしましたが、大健闘です!
そして、今日は準決勝・ニュージーランドVSイングランドでした。


ニュージーランドVSイングランド Wカップ2019-1

ニュージーランドVSイングランド Wカップ2019-2

ニュージーランドVSイングランド Wカップ2019-3

ニュージーランドVSイングランド Wカップ2019-4

結果は、NA NA NAんと!イングランドが勝利!これは決勝戦も見逃せませんね。

そのラグビーWカップに合わせて、このような川柳を考えました。

Crossroad 一緒に歩むよ One Team

これは、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンが、ザ・ビートルズのAbbey Road 50thの発売に合わせて企画された『アビイ・ロード50周年記念エディション』大ヒット記念!川柳コンテスト開催!の為に考えた川柳です。

アビイロード川柳

アビイロード川柳~ラグビー日本代表、Wカップ ベスト8進出決定記念! #アビイロード川柳 #ビートルズ #ユニバーサル


これまでTwitterにアップした私の川柳は…

白線を 並んで歩く 癖が付き

何枚も 同じアルバム でも違う

AとB ひっくり返して 半世紀

まだ演れる 一緒に渡ろう さくら道

Crosswalk One For All Foever


このキャンペーン、10月31日までですので、一句詠みたい方は、ぜひ応募して下さい。考えていると面白いですよ。

そして、こちらの方は、残りあと2日となります。そうです。「リンダ・マッカートニー ザ・ポラロイド・ダイアリーズ写真展」です。

Linda McCartney. The Polaroid Diaries  Taschen1


日本で初、いや、世界で初のリンダさんのポラロイド写真展が大阪で開催され、多くの方が行かれたと思うのですが、この写真展は大阪では最初で最後になると思いますので、最終日・28日にもう一度行こうかと思っています。ここでしか買えないグッズもありますので…
ところが、売り切れているグッズもあるようですね。リンダさんがカメラを持っているトートバックとか…


リンダさんがカメラを持っているトートバック

ポールが写っているポストカード4枚セットとか…

paulpostcard4

PANさん、ご連絡ありがとうございます。

当日、何を買おうかな…!

0

Ringo Starr、最新作「What's My Name」で、ジョンによる楽曲「Grow Old With Me」をポール・マッカートニーとカヴァーした心境を語る。

Ringo Starr、最新作「What's My Name」で、ジョンによる楽曲「Grow Old With Me」をポール・マッカートニーとカヴァーした心境を語る。

来日が決定しましたね!
公演は2020年4月。しかも、東京・Zepp DiverCityで9公演、東京・Zepp Tokyoで2公演、大阪・Zeep Nambaで3公演!
気になるチケット代は、1Fスタンディング・19,000円、2F指定席・25,000円です。
ノーベル賞受賞後、初のジャパン・ツアーがZeppですので、ファンにとっては嬉しい事ですね…


エッ!?ポール・マッカートニーって…ノーベル賞受賞していたっけ…と思うのは早合点です。
ポールではなくて、来日されるのは、Bob Dylanです。(思わせぶり、スイマセン…)
初日が4月1日で、最終日が4月21日と3週間も日本に滞在されるとは、気に入って貰えているのでしょうね。日本の事を…
個人的には、マーク・ノップラーとのジョイント・ライヴが日本で開催された方が嬉しかったのですが…(笑)
UKさん、ご連絡ありがとうございます。


と…今日はボブ・ディランの事でスタートしましたが、10月25日は!そうです。リンゴ・スターのニューアルバム「ホワッツ・マイ・ネーム」の発売日です。そのニュースから


リンゴ・スターは最新作『ホワッツ・マイ・ネーム』でポール・マッカートニーと共にジョン・レノンによる“Grow Old With Me”をカヴァーしたことについて語っている。
“Grow Old With Me”はジョン・レノンの死後にリリースされたオノ・ヨーコとの1984年発表のアルバム『ミルク・アンド・ハニー』に収録されていた楽曲で、同曲のカヴァーも収録されているリンゴ・スターの最新作『ホワッツ・マイ・ネーム』は本日10月25日にリリースされている。


リンゴ・スターは米『ビルボード』誌によるインタヴューの中で“Grow Old With Me”について、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの1980年のアルバム『ダブル・ファンタジー』などを手掛けたプロデューサーのジャック・ダグラスからCDを手渡されたことをきっかけに、数年前に初めて聴いたと明かしている。

「最初は聴くのがとてもつらかったよ。ジョンが僕のことを話したりしてくれているんだからさ」とリンゴ・スターは語っている。「心にくるものがあったよ。僕は全部の曲を聴いた。彼は(亡くなる前に)1曲を除いてすべての曲のレコーディングを終えていたんだ。その1曲がこの“Grow Old With Me”という曲なんだよ。僕は自分にできるベストを尽くしたよ」

「何人かに参加してもらうことにしたんだ」と彼は続けている。「ポールに電話をして、『ねえ、とある曲があるんだけどさ。ジョンの曲なんだ。それで、僕はアルバムに入れようと思っていてね。君も参加して、ベースを弾いてくれないか?』って頼んだんだよ。そうしたら、『もちろんだよ。僕も入れてくれ』と言ってくれてね。そういう経緯だったんだ」

「何が嬉しいかって、僕が参加していて、ポールも参加していて、ジャック・ダグラスもいて、僕の知らないところで、僕がスタジオへ行った時に彼がストリングを加えていたんだけどさ。それを聴いてみると、誰もが知っているジョージ(・ハリスン)のリフが加えられていたんだ。そういうわけで、僕たち全員が勢揃いしているんだよ」

リンゴ・スターはカヴァーの制作は「胸が痛んだ」とした上で、レコーディングでは楽曲に「感動させられた」と語っている。
「僕はベストを尽くしたよ。僕らしさがとても出ていると思う。ほら、ジョンがこの歌詞を書いたわけでさ。彼は昔、僕のために曲を書いてくれていたから、『いや、僕がやってみるよ』と思ったんだ」




リンゴ・スター、最新作でジョンによる楽曲をポール・マッカートニーとカヴァーした心境を語る~NME JAPAN


ん…感激のカバーソングですね。このニューアルバム、リンゴらしく明るい!ウキウキしたい時に良いでしょうね。そして、Grow Old With Meで、しっとりと…
また、日本で待っていますよ!Ringo Starr Peace&Love

該当の記事は見つかりませんでした。