FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Abbey Road Anniversary 前夜祭!ビートルズ・ファンは大騒ぎ!

Abbey Road Anniversary 前夜祭!ビートルズ・ファンは大騒ぎ!

いよいよ、Abbey Road 50周年記念盤が明日発売になります。
この瞬間を待っていた多くのファンがおられると思いますが、ついに…ついに…あと2時間となりました。そのカウンドダウン1Dayで、多くのビートルズ、アビイ・ロードに関しての話題が溢れていますので、1つ1つ掲載します。
先ずは…こちらもカウントダウン1Dayです。



ザ・ビートルズの歴史を体感できる再現コンサート「LET IT BE ~レット・イット・ビー~」日本ツアー・9月27日・19:00開演 新宿文化センター 大ホール(東京)が初日です。

「LET IT BE ~レット・イット・ビー~」日本ツアー2019

偶然とは言え、Abbey Road 50thの発売日が初日とは!
明日、行かれる方は、Abbeyに、レリビ~に嬉しい悲鳴ですね。コンサート・盛り上げて下さいね!



次の話題は…

アビイ・ロード・アドバスが運行!

ザ・ビートルズが1969年9月26日に『アビイ・ロード』をリリースして、明日26日で発売から50年。 それを記念し、ジャケット写真をラッピングしたアドバスが東京都内(新宿、渋谷、秋葉原、銀座、丸の内、有楽町)を走行します!

アビイ・ロード ADバス

9/26~10/2までアドバスが都内を走行!

アビイ・ロード ADバス2019

アドバス…って…車両広告、AD BUS(アドバス)の事なんですね。ロンドンバスを広告スペースとして活用したイギリスの路線バスの事です。なかなかお目に掛かれないバスですので、見たいな~大阪でも走行して欲しいですね。

アドバスが都内を走行!~ユニバーサル


そして、このジャケット!

違法駐車が写るビートルズ「アビイロード」ジャケット / 50年ぶりに合法駐車バージョン発売!

世界でもっとも有名と言っても過言ではないレコードのジャケットといえば、ビートルズの「アイビロード」(Abbey Road)ですが、そのジャケット写真の背景に、違法駐車されたクルマが写っているのをご存知でしょうか。

abbey road ジャケット

・違法駐車されているビートル
そうだっけ? と思った人は、ジャケットを改め見てみましょう。フォルクスワーゲンのビートル(Beetle)が、車道に乗り上げて違法駐車されているのがわかります。意図的なのか、偶然なのか、そのあたりは不明ですが、違法駐車されているビートルが背景に写っているのです。


・合法駐車バージョンを限定発売
そんな違法駐車をなくすべく活動しているフォルクスワーゲンにとって、ちょっと悲しい写真ともいえます。そんななか、アイビロードのアルバム発売から50年が経過した2019年に「合法駐車バージョン」のアイビロードジャケットを限定発売することが決定しました。


違法駐車が写るビートルズ「アビイロード」ジャケット / 50年ぶりに合法駐車バージョン発売1

・スウェーデンの児童支援団体に寄付
これは Nord DDB がデザインしたジャケットで、「Reparked Edition」としてオンライン販売されています。そして販売から得た収益をフォルクスワーゲンが支援をしているスウェーデンの児童支援団体に寄付されることも決定しています。


違法駐車が写るビートルズ「アビイロード」ジャケット / 50年ぶりに合法駐車バージョン発売2

・非常に先進的でポジティブなアート
違法駐車を正すだけでなく、アートとしても非常に先進的でポジティブ。まさにこのようなアートは、音楽ファンも、そしてそれ以外の世間の人たちも受け入れやすいアートといえるでしょう。価格は179スウェーデンクローナで、日本円にして約2000円です。


違法駐車が写るビートルズ「アビイロード」ジャケット / 50年ぶりに合法駐車バージョン発売3

残念ですが、既にSold Outです。

違法駐車が写るビートルズ「アビイロード」ジャケット / 50年ぶりに合法駐車バージョン発売決定

The Beetle’s Abbey Road – Reparked Edition


そして、本家・Abbey Roadは…

『Abbey Road』50周年記念、ハリウッド・ブルーバードが通行止めになりあの横断歩道が出現!

イギリスのロンドンにあるアビイ・ロード近隣は、ザ・ビートルズのアルバム『Abbey Road』のジャケット写真を再現しようというファンが詰めかけ、過去50年間ひっきりなしに交通渋滞している。あの有名な“朝の散歩”写真が撮影されてから50年、そして名盤『Abbey Road』のリリース50周年を記念して、ロサンゼルス市は発売からちょうど50年目を迎える9月26日に、同市内ハリウッド・ブールバード上にあるヴァイン・ストリートを一時的に通行止めにし、あのアビイ・ロードの横断歩道を再現しようというのだ。

このイベントは、新たなリミックス音源と1969年に行われたセッションから未発表のアウトテイクやデモ音源を収録した『Abbey Road』50周年記念エディションの発売前日にハリウッドにあるキャピトル・レコード・タワー近隣で開催される。

同イベントのために、ハリウッド・ブルーバードとヴァイン・ストリートの交差点を白と黒の横断歩道に塗り替えるわけではない。ザ・ビートルズ/ユニバーサル・ミュージック・グループの広報がVarietyに語ったところによると、アビイ・ロードの横断歩道を再現した滑り止め付きの厚手ビニールをヴァイン・ストリートの交差点の上に敷き、ザ・ビートルズのいない『Abbey Road』のアルバム・カヴァーが両面に印刷された高さ約2.5メートル程のフォトパネル4枚を(ストリートの両サイドに2枚ずつ)設置するということだ。
ファンはその横断歩道や4ヶ所のパネルの前で写真や動画を撮影することができる。


同イベントのためにヴァイン・ストリートは、午後1時から3時半まで閉鎖されるが、その後は周辺の宿泊施設の利用客などのため通常通り再開される予定だ。

また、イベントにはロサンゼルス市議会のミッチ・オファレルや公共事業部のケヴィン・ジェームズが、俳優のパトリック・スチュワートをゲストに迎えて参加する他、アメーバ・ミュージック直営のザ・ビートルズのポップアップ・ショップやフード・トラックが登場したり、数量限定の『Abbey Road』カップケーキや無料の記念アイテムが配布される。
当日は、午後1時から1時15分にかけて、期間限定の横断歩道の除幕式と新たなロサンゼルス市の看板の献納式がキャピトル・タワーで行われ、その他の関連イベントは午後3時半まで開催されている。
Written By Tim Peacock


『Abbey Road』50周年記念、ハリウッド・ブルーバードが通行止めになりあの横断歩道が出現



これは本家のAbbey Roadに注目しなければいけませんね!
今(2019年9月26日・日本時間23時)のAbbey Roadは…


Abbey road now20190926-1

Abbey road now20190926-2

Abbey road now20190926-3

皆さん、楽しそうですね!

私も待ちきれずに、難波のタワーレコード行って来ました…が…ポスターだけ…
慌てない慌てない…
そう言えば…私の記念盤は、今何処…エッ!?まだ佐川急便で藤井寺?明日、届くのかな…




追伸

当ブログ主催・リスナー親睦会開催します!

『行ってみなはれ!物欲!食欲!ビートルズ欲!Meet Up in NARA 1109』
~鹿と一緒にアビイ・ロードが出来るかも!?知らんけど~


奈良とビートルズの魅力を融合した親睦会です。
日時は、2019年11月9日(土) で決定!
開催場所は、奈良市内です。
詳細は…Coming Soon

該当の記事は見つかりませんでした。