FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Abbey Road Anniversary まで、あと2日!The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney!!

Abbey Road Anniversary まで、あと2日!The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney!!

radio times paul abbey

ポール・マッカートニーはかつて自身が28歳で亡くなると思っていたことを明かしている。
ポール・マッカートニーはザ・ビートルズの代表作『アビイ・ロード』が今年でリリースから50周年を迎えたことを記念して行われた英『ラジオ・タイムズ』誌とのインタヴューの中でその思いを告白している。


radio times paul.

現在77歳のポール・マッカートニーはインタヴューの中で、若かりし頃の自身は今の成功をどう思っていると思うかという質問に次のように答えている。「彼はきっと、自分が今もここにいることを喜んでくれるんじゃないかな」

「多くの人たちと同様に、僕は自分が28歳で死ぬと思っていたんだ。車のナンバー・プレートとは何ら関係がないんだけどね」とポール・マッカートニーは続けて語り、『アビイ・ロード』のアートワークに登場するフォルクスワーゲンのナンバー・プレート「28IF」に言及している。

ポール・マッカートニーは当時、交通事故で亡くなって代役が代わりにザ・ビートルズに加入したとする都市伝説が持ち上がることとなっており、アートワークに登場するフォルクスワーゲンのナンバー・プレート「28IF」は「もし生きていたら28歳だった」の意味であるとする説が一部でささやかれていた。

ポール・マッカートニーは当該の都市伝説に言及しながら次のように冗談を飛ばしている。「僕が77歳まで生きることになるなんて、きっと素晴らしいニュースだろうね」

ポール・マッカートニーはジョン・レノンとの友情について振り返り、今も彼が夢に出てくることを明かしている。

ポール・マッカートニー、28歳で自分は死ぬと思っていたと語る~NME JAPAN


ここから、The Late Show with Stephen Colbert です!

The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney1


ポール・マッカートニーはジョン・レノンとの友情について振り返り、今も彼が夢に出てくることを明かしている。
ポール・マッカートニーはCBSのテレビ番組「ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア」に出演して、ジョン・レノンとの関係性について語っている。


司会のスティーヴン・コルベアから「どのくらいジョン・レノンのことを考えることがあるか」と訊かれると、 ポール・マッカートニーは次のように答えている。
「すごく頻繁にだね。ジョンが夢に出てくるんだ」と彼は語っている。「つまり、それだけ深い関係性を築いていたということなんだ。誰かに夢で再会できるのは嬉しいことだよ。僕はよくバンドの夢を見るんだけどね、おかしな夢なんだ」


「ジョンと一緒にいることが多いんだよ。何かをしながら一緒に話をして、僕はベースを弾く準備をするんだけど、ベースが粘着テープで巻かれているんだ。それで、夢だということに気がつくんだけどさ。テープを剥がして、ジョンと話をするんだ」とポール・マッカートニーは続けている。「ジョンの夢は何度も見たことがあるよ。いつだって素敵なものなんだ」

また、スティーヴン・コルベアは番組の中で、ザ・ビートルズ時代に撮影されたポール・マッカートニーとジョン・レノンの写真をポール・マッカートニーに見せ、「この写真の時のことを覚えていますか?」と彼に質問している。

The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney

「覚えているよ」とポール・マッカートニーは答えている。「この写真は僕にとって特別なものなんだ。ザ・ビートルズが解散した時に、多くの人たちから僕こそが悪者だということを言われていてね。僕とジョンはうまくいっていなかったっていうふうにさ。そういう否定的な意見がたくさんあったんだ。ザ・ビートルズの解散をみんなが悲しんでいたからね」

「それで、いろいろなことを考えたんだ」とポール・マッカートニーは続けている。「『ジョンのことを本当に分かっていたのだろうか? 僕らは友人だったのだろうか?』っていうふうにね。自分たちのことは知っていたけど、そういう噂をされてしまったからね」
「その写真を見ると、『ああ、僕らは友達だったよね』っていうことを思えるんだ。素敵な写真だよ。一緒に作業していた時のことを思い出せるんだ。それがいかにクールだったかということをね」


ポール・マッカートニー、今もジョン・レノンが夢に出てくると語る~NME JAPAN



この番組については、こちらの動画を…



The Late Show with Stephen Colbert!Paul McCartney BTS







"Gran on the Run,"
"All You Need Is Love and Lipitor,"
"Help! I've Fallen and I Can't Get Up,"
"Back in the AARP"
"Ob-La-Di Obl-Adult Diaper."

その絵本、予約します!(笑)

該当の記事は見つかりませんでした。