FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ポール・マッカートニー初の絵本『グランデュードのまほうのコンパス』が潮出版社より発刊。(Paul McCartney、Hey Grandude!)

ポール・マッカートニー初の絵本『グランデュードのまほうのコンパス』が潮出版社より発刊

関東を直撃した台風の影響が尋常ではないですね。皆さん、大丈夫ですか…地域では大丈夫ではないですよね…停電…灯り、エアコン、冷蔵庫、充電…お見舞い申し上げます。
そんな時にブログを更新するとは脳天気な事ですが、一瞬でも日常を忘れて、リラックスして下さい。今日の話題は、こちらの絵本の続報です。


ポール・マッカートニー初の絵本となる『グランデュードのまほうのコンパス』(原題『Hey Grandude!』)が潮出版社より発刊されます!
発刊は11月上旬の予定です。


ポール・マッカートニー初の絵本『グランデュードのまほうのコンパス』が潮出版社より発刊

潮出版社

物語は、「グランデュード」と呼ばれる勇敢なおじいちゃんと4人の孫たちの様々な冒険を描いたもの。ポールのファンはもちろん、お孫さんがいる全ての方におすすめの心温まる絵本です!
祖父母と孫が存分に想像力をかき立てることのできるアクション満載のアドベンチャー。


日本語版が発売されるとの事で良かったです。当初は英語版しか発表がなかったので、日本語版が発売されるのか分かりませんでしたが、潮出版から発刊されるとの事で安堵しました。

潮出版とは…(ウィキペディアより)
創価学会系の出版社。社団法人・日本雑誌協会に加入している。月刊誌「潮」を刊行するほか、潮出版社のPR活動としては列車内の中吊り広告等がある。その一方で、文芸における「ある夢想家の手帖から」、政治学における「政党社会学」、そして『三国志』に代表される、いわゆる「横山(光輝)歴史マンガ」等といった、それぞれの分野で高い評価を受ける作品も出版している。



潮出版社 三国志

三国志は必ず学校の図書館に置いてある代表的な漫画ですね。その出版社からの発刊ですので文学的で良いかな。
ところで、表紙がどうなるのかな…絵柄はそのままだと思うのですが、タイトルは「Hey Grandude!」では読めないですよね…日本語で「グランデュードのまほうのコンパス」って記載されるでしょうね。
あとは「Paul McCartney」が「ポール・マッカートニー」、「Kathryn Durst」が「キャサリン・ダースト」と明記されるでしょうね。


さて、発売日がいつなのか…11月上旬としか発表されておりませんが、11月5日頃の(勝手な)噂が…
そして、お値段いくらかな…英国では£12.99~9.79、米国では$17.99~$10.79ですので、その範囲での価格をお願いしたいです。
そして、先日のイベントについても、amassが記事にしています。



ポール・マッカートニー初の絵本『グランデュードのまほうのコンパス』が潮出版社より発刊1

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が書いた子供向けの絵本『Hey Grandude!』。出版を記念したイベントが英ロンドンの書店で9月6日に行われています。ポールは会場に集まった小さな子供たちのために『Hey Grandude!』の読み聞かせを行い、その後にサイン会も行われています。当日のダイジェスト映像が公開されています。

『Hey Grandude!』は海外で9月5日発売。ハードカバー本版、オーディオブック版(CD、ダウンロード)が用意されています。出版元はRandom House Kids。
絵本の主人公は、ごく普通のおじいさんという“Grandude”と呼ばれる人物で、彼には4人の孫がいます。“Grandude”は魔法のポストカードの助けを借りて4人の孫たちと一緒に冒険の旅に出ます。
イラストは、カナダ・トロントを拠点にするキャサリン・ダースト(Kathryn Durst)が担当しています。




ポール・マッカートニーが書いた絵本『Hey Grandude!』 出版記念イベントのダイジェスト映像公開~amass


「まほうのコンパス」で台風の被害を明るくしておくれ!!

該当の記事は見つかりませんでした。