FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
4

神戸リバプール友好推進オフィス・Beatles Fan MeetingとLinda McCartney Retrospective

神戸リバプール友好推進オフィス・Beatles Fan MeetingとLinda McCartney Retrospective

今日はいつもよりも早くに自宅に帰って来ました。ん!?体調でも悪い?いえいえ体調は万全です。いつもよりも早く帰ろうと思ったのは「働き方改革」を実践してみようと思ったからです。
早く会社を出て、飲みに行かずに自宅に早く着く…いつもよりもブログを書く時間に余裕が出来たが、余裕がある為に、ゆる~い気分で、ブログの文面が進まない…このまま、ポールの事も、ビートルズの事も触れずに、ど~でも良い事をダラダラと書き続けるのか…ん…それは我慢出来ないだろう…と言う事で、ダラダラせずに急がないといけない事を更新します。


神戸リバプール友好推進オフィス・Beatles Fan Meeting、座席(全20席)が残り僅か!
本当なのです。Facebookに、そのように記載されていましたが、ポールのチケット騒動やレコードの売り切れ商法に慣れてしまった私は感覚が麻痺していますので、オフィスに確認させて頂いた所、本当に座席僅かになっています。
当ブログで紹介させて頂いた以上、完売目前なのに知らんぷりは出来ないです…思案中の方もおられると思いますので。
尚、座席は全20席で終了。追加座席はないそうです。


7月20日 申込みが予定数になりましたので、
申込みは終了させて頂きます。
申込みされた方、ありがとうございました。



エッ!?7月5日(金)に申し込みが始まった所じゃないの!?7月下旬に申込みしようと思っていた!?それでは遅いです!
参加したい方、今すぐ、オフィスにメールして申込みをしないと申込み終了してしまいますよ!本当です!


神戸リバプール友好推進オフィス・Beatles Fan Meeting 2019 August 開催! フライヤー

神戸リバプール友好推進オフィス・Beatles Fan Meeting 2019 August 開催!


「コレクター集合!」って記載されているので、何だかオジサンばかり…と思いきや、いえいえ意外と女性の方おられるようです。
実は当ブログのリスナー・NA Dreamers(NAドリ)の女性の方も申込みをしております。そしてオフィスの店長さんも女性ですので、女性の方、参加しやすいですよ。


女性の方と言えば、この方を偲ぶイベントがあります…
Linda McCartney Retrospective
スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展です。
6月26日に、当ブログにも掲載しました。


スコットランド・グラスゴーで、リンダ・マッカートニー回顧展~The Linda McCartney Retrospective

スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展1

スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展2

スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展3

スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展4

スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展5

スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展6

スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展7

スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展8

スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展9


そして、このようなインビューがニュースになっています。
ポール・マッカートニーは元妻のリンダ・マッカートニーが亡くなった時のことを振り返り、「1年くらいは繰り返し泣いていた」ことを明かしている。


リンダ・マッカートニーは乳ガンとの闘病の末に1998年4月17日になくなっている。享年56歳だった。
リンダ・マッカートニーは彼女がキャリアを通して撮影した写真やプライヴェートな写真が展示される「リンダ・マッカートニー 回顧展」と題された回顧展が7月5日からグラスゴーで開催されており、ポール・マッカートニーは回顧展に先駆けてBBCに次のように語っている。
「母親もリンダも乳ガンで亡くなったんだ。僕らは母親の死因を知らなかったんだよ。誰もその話をしなかったんだ。母親が亡くなったということだけでね」


彼は次のように続けている。
「さらに悪いことに、全員が懸命に我慢して、感情を表に出さないようにしていたんだ。そんななかで、ある晩に父親が泣いているのが隣の部屋から聞こえてきてね。とても悲しいことだったよ。父親が泣いているのなんてそれまで聞いたことがなかったからね」


ポール・マッカートニーはリンダ・マッカートニーが亡くなった時のことについて振り返り、「1年くらいは繰り返し泣いていた」ことを明かしている。
「もしかしたら愛する人が入ってきてくれるんじゃないかって期待してしまうんだ。その人の存在にあまりにも慣れてしまっているからね」とポール・マッカートニーは語っている。
「たくさん泣いたよ。恥ずかしいとも思ったけど、当時は泣くことしかできないと思っていたんだ」


ポール・マッカートニーは生前のリンダ・マッカートニーとの関係について次のように語っている。
「彼女がイギリスに来て一緒になれた時に、何が一番素晴らしかったかって、二人ともが自由を望んでいたということなんだ。僕らは好きなことをやって、そのすべてを彼女が写真に収めていたんだ」


スコットランド・グラスゴーで開催されているリンダ・マッカートニー回顧展10

ポール・マッカートニー、リンダ・マッカートニーが亡くなった時のことを振り返る~NME JAPAN


女性がおられるって事は有り難い事なんです…ですので、当ブログが次に考えている事も女性をクローズ・アップしています。この事は後日発表と言う事で…

ダラダラと書いていると字数をオーバーしてしまいましたが、神戸リバプール友好推進オフィス・Beatles Fan Meetingの座席数はオーバーがありませんのでお早めに!

該当の記事は見つかりませんでした。