FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

歌って!ケ・セラ・セラ(Que sera sera)。ドリス・デイ(Doris Day)を偲ぶ

歌って!ケ・セラ・セラ(Que sera sera)。ドリス・デイ(Doris Day)を偲ぶ

超連休GWが終了し、皆さん、社会復帰出来ていますか?
GW明けてから、経済の事、事故やら事件やらで騒がしいニュースが多くて滅入ってしまいます。そんな時は、この歌を!




ケ・セラ・セラ(Que sera sera)なるようになるさ。
スペイン語?いえいえ、スペイン語の文としては非文法的との事です。(Wikipediaより)
Que será, será、What will be, will be
なるようになる…って…Let It Beみたいかな…


この曲は、アルフレッド・ヒッチコック監督作品「知りすぎていた男」(The Man Who Knew Too Much)で歌われた曲です。不安な気持ちを明るい声で愛情と希望を感じさせる歌になっています。サスペンス映画にも関わらず、このような明るい歌を作り上げ、ストーリーに盛り込んでいる所がヒッチコックらしいですね。映画も歌も素晴らしいです。このシーンは絶品です。



息子の無事を願い、そして知るために声を張り上げて歌う…そして、息子の指笛を聞いて、無事を知った時の表情がまた良いのです…感激のシーンです。

歌っていたのは、そうです!ドリス・デイ(Doris Day)です。その彼女について、ポール・マッカートニーが悼辞を捧げています。


「ドリス・デイが亡くなったと聞き、とても悲しい。彼女は様々な意味で本物のスターだった。僕は光栄にも何度か彼女と一緒に時を過ごす機会に恵まれた。カリフォルニアにある彼女の家を訪れるのは、まるでアニマル・サンクチャリーへ行くようだった。そこでは、たくさんの犬たちが素晴らしい流儀で世話されていた。彼女は黄金の心を持つとても愉快な女性で、僕らは多くの笑いを共にした。『カラミティ・ジェーン』『女房は生きていた』、その他たくさんの彼女の映画はどれも素晴らしく、彼女の演技と歌はいつだって本質を突いていた。彼女がいなくなってしまったなんて寂しい。でも、彼女の輝く笑顔と周りもつられてしまう笑い、そして、彼女が僕らに与えてくれた多くの素晴らしい曲と映画のことはずっと忘れない。ドリスに神のご加護を」


ザ・ビートルズで「Let It Be」(1970年)に収録した「Dig It」でドリス・デイの名が歌われています。



Like a rolling stone
Like a rolling stone
Like a rolling stone
Like the FBI
And the CIA
And the BBC
B.B. King
And Doris Day
Matt Busby, dig it, dig it
Dig it, dig it, dig it



歌って!ケ・セラ・セラ(Que sera sera)。ドリス・デイ(Doris Day)を偲ぶ

2019年5月13日、97歳で永眠しました。ご冥福をお祈り致します。
天国でヒッチコック作品に参加して歌って下さい。ケ・セラ・セラ

該当の記事は見つかりませんでした。