FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
11

Billboard 200 Chartで、EgyptStationが1位(の予定?)なのはPaul McCartney自信作だから!

Billboard 200 Chartで、EgyptStationが1位(の予定?)なのはPaul McCartney自信作だから!

EgyptStation Billboard Paul McCartney

昨日は忙しかったです…毎年恒例の「兵庫県香住カニまつり」に14日の晩に車で出掛け、4時間以上運転し3時に到着、そして翌15日の晩に帰って来ましたので、披露困憊でブログは2日連続でお休みの予定でしたが、「Egypt StationがBillboard No.1」とのニュースが飛び込んできたいので、急遽更新しました。

No. 1 Debut on Billboard 200 Chart . Paul McCartney's 'Egypt Station'


正確には9月16日に発表ですが、もう1位になった気分で盛り上がっています。
そんな時に早々とこちらが発表されました。


UKアルバム・チャート・Official UK Albums Chart Top 100:9月14日
1位:KAMIKAZE ・EMINEM

KAMIKAZE ・EMINEM

2位:THE GREATEST SHOWMAN ・MOTION PICTURE CAST RECORDING

THE GREATEST SHOWMAN

3位:EGYPT STATION ・PAUL MCCARTNEY


UKアルバム・チャート・Official UK Albums Chart Top 100:9月14日 EgyptStation


3位、立派な順位だと思います。地元英国とは言えチャートインしたのだから大したものです。ドイツでは1位になったとのニュースもありますので、これで全米Billboardも期待される所ですが、どうして、各国でランキング上位に入ったのか…これは今後の音楽ビジネスにおいて重要なビジネスモデルになる事例かと思っています。

元ビートルズのメンバー・ポール・マッカートニーと言うブランドがあっても、音楽の進化や趣向の違い、ビジュアル、世代交代、メッセージ、メディア、そして音楽を聞く手段の多様化により、総合チャートとなると世代が限らているファン層のミュージシャンにとっては厳しい結果となります。

Billboard 200は、週ごとに「トラディショナル・アルバム・セールス(TEA)」と呼ばれる従来の形態で販売されたアルバム数と、トラックごとのデジタル販売10回分を1アルバム・ユニットとして換算した「トラック・イクィヴァレント・アルバム(TEA)」と、ストリーミング再生数をアルバム数に換算した「ストリーミング・イクィヴァレント・アルバム(SEA)」を合算しています。

アルバム・チャートBillboard 200では、オンデマンド配信を有料と広告支援の2種類に分けて算出されています。有料オーディオ配信は1,250再生=1アルバム・ユニット、広告支援オーディオ配信は3,750再生=1アルバム・ユニットとなります。
以前はレコードだけでしたので「枚数」と表現していましたが、今は「units(ユニット)」単位として表現するのが正確です。


また今回のポール・マッカートニーのBillboard No.1(の可能性)は、Billboard200です。Billboard100はカウント内容が異なりますので、1位ではない可能性もあります。

今回の記事ではエミネムの「Kamikaze」はストリーミングが多く、ポール・マッカートニー「Egypt Station」は物理的セールスが多いと報道されているのは納得しますね。両方とも世代的な要因が反映されていますが、ポールの場合、戦略的な要因が強く反映された結果と思います。ご存の通り、物理的なのはCD、Vinylですが、Vinylは黒、カラーの数種類が販売され、お一人で何セットも購入された方がおられます(お買い上げありがとうございます。貴殿の事です。笑)。

Paul McCartney EgyptStation Green


CDにおいても、凝ったジャケット形態でファンに満足感を与えていますが、なんと言っても、お求めやすい価格設定です!Amazon USではエミネムの「Kamikaze」は$11.99(現在4位)、今1位のTony Bennett/Diana Krallの「Love Is Here To Stay」は$11.88です。

Love Is Here To Stay

「Egypt Station」は$9.97です。しかもまだ2位!


単に安い価格設定というだけでなく、限定でボーナス・トラックを2曲追加するCD、Vinylの楽しさや貴重感を感じて貰う形態もありますね。
これらは恐らくポールの希望であり、そして帰って来たポールに対してCapitolが(採算度外視?)応えた結果で、そして、MPL含め多くの関係者が、「Egypt Station」をチャート1位にしようと目標に掲げてプロジェクトを実行に移した結果かと想像しております。


それでも物理的セールスだけで1位になるのは不可能です。やはりストリーミングが重要で、今回はPaul McCartney.comを通じてPRしていますが、特にTV番組への出演、特に「カープールカラオケ」の出演は好影響があり、幅広い年代層に知れ渡るきっかけを作ったかと思います。「ビートルズ1」がチャートに再登場する位ですから!

私が一番驚いたのは、こちらですね。

Flash Sale!Hurry before time runs out!Paul McCartney.com.shop

グッズを買えば、Downloadが出来ちゃうなんて嬉しいですねよ。私、SHM-CD購入しましたが、グッズでDownload出来たら、メトロカードなども!購入したでしょうね。
これも購入・配信分析を行った結果から弾き出された戦略なのでしょうね。全てが順調に推移した結果ですね!スゴイ!


Egypt Station Metro Card + Digital Album Bundle 、Release date is 09-19-2018 、$8.00


勿論、Egypt Station発表前の焦らし画像、UKやUSでの積極的で本格的なギグ、Freshen Upの公演発表、2019年の北米ツアーの発表、数多くのラジオ局のインタビューと、その内容の話題性など、前作「NEW」の時と比べると全く異なりますね。

これらは、どのミュージシャンでも出来る方法ではありません。同じ方法を行ったからと言って、チャート1位になるわけではありません。しかも一番重要なのは、発表されたアルバムの出来栄えが、ミュージシャン本人にとって満足し得る内容であったかどうかが大切です。そう考えると、今回のPaul McCartney「Egypt Station」はポールにとってサイコーの出来栄えで、しかもMPL、Capitol、Shop、Media、そして多くの関係者の方にとっても、高評価で応援すべきアルバムであり、「Paul McCartney」への評価の現れかと確信しております。

すいません…今日は長々と普段の2倍のブログ字数で掲載させて頂きました。
エッ!まだ「Egypt Station」を聞いていない!?ポールの自信作ですよ!今すぐ、CD、レコードを購入するかDownloadで聞いて下さい。何ですか?Cassette聴きたいって?ありますよ!

EgyptStation Cassette

日本から購入出来るかどうかは別ですけれども…(笑)

該当の記事は見つかりませんでした。