FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』、プロデューサーが語る制作秘話

ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』、プロデューサーが語る制作秘話

Rolling Stone Japan 誌が、全文を掲載しています。じっくり読んで下さい。

ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』、プロデューサーが語る制作秘話~Rolling Stone Japan

Paul McCartney’s Producer Greg Kurstin Breaks Down ‘Egypt Station’ ~Rollingstone

ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』、プロデューサーが語る制作秘話

今秋9月にリリースされる、ポール・マッカートニーの17枚目となるソロアルバム『Egypt Station(エジプト・ステーション)』。本作のプロデューサーのグレッグ・カースティンが制作エピソードやマッカートニーとの出会いなどをローリングストーン誌に語ってくれた。

「ポールは自身のソングライティングの限界に挑戦しようとしてた」ー グレッグ・カースティン

Paul McCartney on new album ‘Egypt Station’

来るポール・マッカートニーの新作、『エジプト・ステーション』の大半はロサンゼルスとサセックスでレコーディングされているが、彼が楽曲を仕上げる上で不可欠な場所は別に存在する。言うまでもなく、それはロンドンのアビー・ロード・スタジオだ。同作のプロデューサーを務めたグレッグ・カースティンは、ビートルズが曲の大半を生み出したその空間に足を踏み入れた瞬間、言葉にならない感動を覚えたという。「夢じゃないかって、自分の頬を何度もつねったぐらいさ」彼はそう話す。「スタジオの隅には、幾つものビートルズの曲で使われたミセス・ミルズのピアノ(1905年製 Steinway Vertegrand)があった。通路に置いてあったピアノでポールが何気なく『レディ・マドンナ』を弾き始めた時は、皆がぞろぞろと集まってきてたよ」

これまでにアデルやベック、フー・ファイターズ等の作品を手がけてきたカースティンだが、『エジプト・ステーション』(9月7日発売)の制作に費やされた過去2年間において、アビー・ロードの廊下でのパフォーマンスは忘れられない思い出のひとつだという。本誌の電話インタビューに応じた彼は、幼少期からのアイドルであるビートルズへの思い、マッカートニーとの出会い、新作をプロデュースするに至った経緯、そしてアルバム収録曲について語ってくれた。

Paul McCartney on new album ‘Egypt Station’ and collaborating with the next generation2

ー10代の頃からビートルズの大ファンだったそうですね。

そうなんだ。ビートルズは僕にとって最も重要なアーティストさ。楽曲はバラエティに富んでいて、その奥深さは計り知れない。僕はいろんな音楽に触れながら育ったけど、ビートルズとビーチ・ボーイズは完全に別格だった。ロック一辺倒じゃなくて、ジャズやイギリスのオールディーズなんかの要素を取り入れた曲もある。そういう懐の深いソングライティングに、僕は夢中だったんだ。

ー当時最も気に入っていたビートルズのアルバムは?

今も昔も変わらず『リヴォルバー』だね。他のアルバムに傾倒した時期もあったけど、僕にとって不動のナンバーワンはやっぱり『リヴォルバー』だ。

ー話題を近年に移します。ポール・マッカートニーとの出会いについて教えてもらえますか?

ある映画の曲を録るために、彼と一緒にスタジオに入ったんだ。発表されるのかどうか分からないんだけど、あるアニメーション映画のためにポールが書き下ろした曲を、ブラスセクションやコーラス隊を含むフル編成のバンドと一緒に、丸一日かけてスタジオでレコーディングしたんだ。その曲が今後どうなるのは知らないけど、あのセッションにはポールと僕の相性を確かめるっていう目的もあったんじゃないかな。それが僕らの出会いだよ。

ーその映画のタイトルはご存知ですか?

本当に知らないんだ。ある本に基づいたアニメーション映画だってことは聞かされているんだけどね。最低限の情報しか与えられなかったんだ。

ーそのセッションが行われたのはいつですか?

3年前か、もしかしたらもっと前かもしれない。僕は物事の時系列を整理するのが苦手なんだ。でも今作の制作が始まる1年以上前だったことは確かだよ。

ー1曲限りのセッションがアルバムのプロデュースへと繋がったのには、どういった経緯があったのでしょうか?

そのセッションから約1年後に彼から連絡があって、一緒にやってみないかって提案されたんだ。最初からアルバム全体を手がけることになってたわけではなくて、自然とそういう形になっていったんだ。彼は僕との仕事に興味を持ってくれていて、まずは何曲か一緒にやってみようということになった。ポールと彼のバンドと一緒にスタジオに入って、僕らは彼が持ち込んだ幾つかのアイディアを発展させていった。スタジオにはいいムードが流れていたし、僕らの相性は良好だった。その後も彼のツアーやあれこれの合間を縫う形で、僕らは断続的に作業を続けた。どこかのスタジオで2週間、その後また別のスタジオで2週間といった具合にね。

Paul McCartney on new album ‘Egypt Station’ and collaborating with the next generation1

ーセッション開始当初、曲はどういう状態だったのでしょう?彼はデモを作っていましたか?

曲によるね。ピアノの弾き語りを携帯で録っただけのものもあれば、イギリスのスタジオで彼が複数の楽器を独りで演奏したスケッチ的なものもあった。中にはある程度アレンジされたデモっぽいやつもあったけど、大半はアイディアの段階にすぎなかった。バンドとのリハーサル中に曲を形にしていくこともあったよ。

彼が持ってきたラフなアイディアに、僕が具体的なアレンジ案を出すっていうケースもあった。「この2つのセクションを繋げてコーラスとヴァースにしよう」とか、「このセクションは半分でいいかもしれない」とかいった具合にね。同じ曲で複数のヴァージョンが未完成のままになっているケースもあれば、スタジオで大部分を仕上げた曲もある。リハーサルの場でバンドと一緒にジャムりながら、未完成だったバージョンをまったく別の曲に生まれ変わらせたケースもあったよ。アイディア段階の曲を解体して、スタジオで再構築するっていうプロセスは多かったね。

ーそのバンドというのは彼のツアーバンドですよね?

そうだよ。今作に彼のツアーバンドが参加しているのは事実だけど、楽器の大半はポールが自分で演奏しているんだ。ドラムもほとんど彼が叩いてる、ポールは素晴らしいドラマーだからね。エイブ(・ラボリエル)がドラムを叩いた曲もあるけど、今作の大部分はポールと僕がエンジニアたちと一緒に作り上げていったんだ。僕もちらほら楽器を担当してるよ。ベースはほぼ全部ポールだね。彼はピアノもたくさん弾いてるし、ギターを弾いてる曲もある。バンドが参加してるのは数曲で、それ以外はほぼポールが独りで録ったと言っていい。

ーすべての楽器をポールが担当した曲をひとつ挙げてもらえますか?

『Conidante』はほぼポールの独演だね。そういう曲でも、スタジオミュージシャンが少しだけチェロやツィンバロン等のストリングスを重ねていたりするけどね。アビー・ロードでのセッションは特に素晴らしかった。あそこで仕事をするのは初めてだったんだけど、ポールが中を案内しながらいろんなエピソードを聞かせてくれた時は興奮したよ。

ー そこでの経験について詳しく教えてください。

とにかく素晴らしかったの一言に尽きるね。ポールの話を聞いていると、若かりし日の彼やジョンたちの姿が目に浮かんで来るんだ。彼らにもそんな無邪気な日々があったんだなって思ったよ。「ここで弾いて録ったやつを、階段で上に駆け上がって聴くっていうのが最高に楽しかったんだ」なんて話してたよ。ビートルズのアルバムを作っている若き日の彼の姿を、僕はありありとイメージすることができた。すごくピュアだったんだと思う。別のスタジオでセッションが行われてた時に、ジョンと2人でどこかに隠れてクスクス笑ってたこととか、スタジオでのエピソードは尽きることがなかった。その時にレコーディングされた曲のトラックを個別に聴いてみると、彼らの笑い声が入っているかもしれないね。

スタジオのコンソールにも様々なエピソードがあった。そのコンソールには、クラシックとポップスのセッティングを切り替えるスイッチがついてた。ビートルズのレコーディングの時にはポップスに設定されてたんだけど、ジョンとポールは「クラシックに設定するとどうなるんだろう?ポップスとの違いは何なんだ?」って訝しんでたらしいよ。自分たちのレコーディングは手抜きなんじゃないかってね。

ーどのタイミングで、セッションの場がアビー・ロードに移ったのでしょうか?

記憶が曖昧なんだけど、おそらく制作の終盤だったと思う。曲は全部出揃ってて、ちょっとしたアレンジを加えるのが目的だったんだ。弦楽四重奏とハーピスト、それにツィンバロン奏者に来てもらって、既存のメロディをなぞったりした。ピアノも少し重ね録りしたと思う。『アイ・ドント・ノウ』のイントロの部分がそうで、個人的にもすごく気に入ってるんだ。

Paul McCartney announces new AA-side ‘I Don’t Know’/’Come On To Me’

ーセッション開始当初、ポールに指示を出す時はどう感じていましたか?ビートルにあれこれと教示するのは不思議な気分だと思うのですが。

その通りだね(笑)確かに不思議な気分ではあったけど、それが僕に求められていることだったからね。意見が食い違うこともあったけど、彼はいつも僕の考えに耳を傾けてくれた。内容は忘れちゃったんだけど、僕がちょっとした難題を提案したことも何度かあった。そういう時も彼は何も言わずに演奏を続けてて、僕は自分の指示が聞こえなかったんだろうと思ってた。30分後くらいに僕が「ポール、さっきの僕の提案は聞こえてた?」って声をかけたら、「聞こえてたよ。でも聞いてないふりをしてたんだ」なんて言うから、2人で笑ったよ。その数日後に、彼が僕の提案したことを形にした時は驚かされたよ。ボツと思われたそのアイディアに再挑戦して、見事に成功させたんだ。他人の意見に耳を傾けて学ぶ、彼はそういう姿勢を持ち合わせているんだよ。

最初のうちは指示を出すのに躊躇することもあったよ。でも互いに打ち解けて気を遣わなくなってからは、思いついたことをどんどん口にするようになった。僕の出すアイディアを、彼は進んで試してくれた。特に自信のあるアイディアについては、僕が繰り返し指示を出すこともあった。僕のアイディアに賛同しない時、ポールははっきりとそう口にしたし、そういう場合は僕も頑なな態度は取らなかった。何せ相手はビートルだからね。実験的な作品からポップアルバムまで、彼は長いキャリアの中であらゆる作風に挑戦してきた。僕が思いつくアイディアのすべてを、彼は既に実践済みなんだよ。

ーレコーディングの開始前に、イメージするサウンド等について話し合いましたか?

そうだね。ビートルズの複数のアルバムを例に挙げながら、彼はムードやインスピレーションについて説明してくれた。ストレートなロックやアコースティックものもあれば、ブラジル音楽を思わせるものまで、彼のアイディアは多様だった。とにかくありきたりなものは避けるというのが大前提で、彼は新しいことに挑戦しようとしてた。『ハント』か『ハント・ユー・ダウン』か、どっちのタイトルに落ち着いたのか僕もまだ知らないんだけど、あの曲はいい例だと思う。あの曲のセッションで、彼はこう言ったんだ。「ギターはなしだな、ありきたりすぎる。代わりにチェロでやってみよう」

曲を一旦解体してから不可欠な部分だけを残すっていうのは、彼の常套手段なんだ。数多くの楽器を使ってる曲の中から、本当に必要な部分を見出そうとするんだ。「オーケストラ楽器ひとつとドラム以外を全部ミュートしてみよう。ギターのパートをベースクラリネットに置き換えてみよう」っていう具合にね。斬新なアレンジを求める彼に、僕はすごく共感してた。オーソドックスなスタイルで演奏することは簡単だけど、ポールは自分の限界に挑戦しようとしてたんだよ。

Paul McCartney announce 3

ーアルバムは『Station Ⅰ』で始まり、『Station Ⅱ』で幕を閉じます。この2曲について話してもらえますか?

2曲ともポールがキーボードで作ったコーラスワークが元になってるんだ。そのパートを聖歌隊に歌ってもらうために、デヴィッド・キャンベルにアレンジを手伝ってもらった。大きな教会でレコーディングしたんだけど、すごくクールだったよ。最初は彼と僕の2人だけでスタジオに入って、彼が温めてたコード進行をコーラスにするっていうアイディアを出したんだ。それからテープループなんかも使いつつ、2人でいろんなアンビエントノイズを作り出した。彼が持ってきたコンパクトなテープレコーダーは、『リヴォルバー』の『トゥモロー・ネヴァー・ノウズ』に使われたやつだったんだ。Brenellの小さなテープマシンさ。この2曲にはそのテープマシンで作ったサウンドが使われてるんだ、スロー再生のギターとかね。

ーそのテープマシンは『トゥモロー・ネヴァー・ノウズ』の制作当時に使われたものですか?

そのはずだよ。まだ若かった彼は当時、あれでいろんなことを試したらしい。「こうやればループ再生できる。再生速度を落とすとクールなエフェクト効果が得られるんだ」みたいな感じでね。ジョンも同じものを持ってたらしいよ。

ー『Despite Repeated Warnings』はとても壮大な曲だそうですね。

その通りだね。『バンド・オン・ザ・ラン』や『死ぬのは奴らだ』を思わせる部分もあるんじゃやないかな。アルバムには他にも、壮大で複雑なオーケストレーションやムーヴメントをフィーチャーした曲がいくつかあるよ。この曲のコンセプトはポールが決めたんだ。聴けば分かると思うけど、歌詞には彼の政治観が反映されているんだ。

曲の構成はポールがバンドとリハーサルを重ねながら決めていった。それから作業をロサンゼルスのスタジオに移して、僕は彼らと一緒にアレンジを練った。最終形態に落ち着くまでの過程は長かったね。この曲には大勢のオーケストラ奏者に参加してもらった。マッスル・ショールズのホーン隊をはじめとするブラスセクションも含めてね。5〜6つの異なる曲をひとつに束ねるみたいな作業だったから、すごく大変だったよ。7分近い曲なんだ。

Paul McCartney announce 2

ー『Happy With You』はどうでしょう?

これはシンプルなアコースティック曲だね。僕の個人的なお気に入りのひとつでもある。基本的にはアコースティックなんだけど、ポールが少しエレキギターを重ねてる。Fairchildのコンプレッサーを使ってるから、かなりビートルズに近い雰囲気が出てると思う。僕は機材オタクだから、こういう話をするのが大好きなんだ。シンプルなメロディも含めて、すごく好きな曲だね。

ー ブラジル音楽にインスパイアされた曲もあるとのことでしたが、それはどの曲ですか?

『Back in Brazil』だね。序盤にレコーディングした曲のひとつで、4〜5つの異なるバージョンを作った。ドラムのグルーヴを含めて、イメージ通りに仕上げるのに苦労したよ。最終的にオリジナルとはまったく違う曲になったんだけど、個人的にはすごく満足してる。エレクトリックピアノのパートをクラリネットに置き換えた部分があるんだよ。最初はドラムを含めたバンド編成でレコーディングしたんだけど、曲を解体して各パートをオーケストラ楽器で置き換えることにしたんだ。大きかったのは、(作曲家の)アラン・ブロードベントに編曲を手伝ってもらったことだね。ストリングスとクラリネット、それにフルートなんかのアレンジを担当してもらったんだけど、どれも素晴らしい出来なんだ。

ー すべてのレコーディングは過去2年間で、ツアーの合間を縫って進められたのでしょうか?

そうだね、彼がツアーに出ていない時に進める感じだった。実際にレコーディングに費やされた期間は4〜5ヶ月じゃないかな。午後12時〜18時っていう、無理のない時間帯に作業するようにしてたからね。

ー サセックスのスタジオはどんなところなのでしょうか?

周辺には何にもないんだ。正確な位置は僕も把握してないんだけど、広大な農地に囲まれたところだよ。

Paul McCartney announce 7

ー ベックやフー・ファイターズを含め、過去数年間であなたは様々なアーティストのプロデュースを手掛けています。今作の制作をスケジュールに組み込むのは容易ではなかったのでは?

スケジュールの変更が日常茶飯事だったことは確かだけど、ポールはいつもかなり早い段階で予定を立ててくれるんだ。彼がいつツアーに出ていつスタジオに入るのかを、僕は常に把握してた。彼は一度決めた日程を変更したりしなかったし、必ず予定通りにスタジオにやって来た。ベックなんかは直前になって予定を入れたりして、スケジュール調整が大変だったけどね。当時僕は複数のアルバム制作に携わってたんだ。

ー ポールと実際に仕事をしてみて、彼のイメージや印象について変化はありましたか?

彼のことをいろいろと知ることができたと思う。ハーモニーや歌詞において、自身のソングライティングの限界に挑戦しようとする彼の姿勢には感銘を受けたよ。彼がセッションに持ち込むコード進行のオリジナリティには舌を巻いたね。僕はピアニストなんだけど、昔から彼が生み出すハーモニーやメロディ、コード進行が大好きだった。今回のセッションでも、彼は僕が聴いたことのないコード進行を提案してきた。ポップスのあらゆるアイディアは出尽くしたなんて言われるけど、彼は『Despite Repeated Warnings』のような曲を作り上げてしまう。あの曲と同じコード進行が使われてる曲があれば教えてもらいたいね。

『I Don’t Know』もいい例だね。彼が生み出す曲は、新鮮さと親しみやすさを兼ね備えているんだ。童謡のメロディなんかを引用する場合でも、彼がやると決して陳腐なものにはならない。奢ることなく前に進み続ける彼の姿勢にはすごく刺激されるよ。曲に深い愛情が込められていることが、手に取るように伝わってくるんだ。あくまでモダンであることにこだわりつつも、決してありきたりにはならないところも尊敬してる。ハープシコードなんかのオーケストラ楽器やハーモニウム、自宅スタジオで愛用してる機材を試してみたりね。馴染みの薄い楽器を積極的に使うっていうのは、彼の個性の一つだと思う。キャリアに甘えることなく、今も挑戦を続けている彼にはインスパイアされっぱなしだよ。

ー 現在76歳の彼が、往年の名曲を淡々とプレイするだけのツアーを繰り返していたとしても、誰も文句は言わないでしょう。しかし彼はそういうアーティストではないと。

彼は音楽を作ることを心の底から楽しんでいると思う。彼ほど熱意に満ちたアーティストには会ったことがないし、僕自身大いに刺激されたよ。夕方の5時頃ってティータイムっていうか、集中力が途切れがちな時間帯なんだけど、彼はお構いなしにレコーディングを続けてた。彼は小さなベルがついたアンクレットを身につけてたんだけど、すごく気に入ったらしくて「これを録音してパーカッションとして使おう」って提案してきた。思いがけないアイディアだったけど、それを身につけたまま曲に合わせて踊るっていうのを、彼は2〜3テイク繰り返した。彼のエネルギーには驚かされっぱなしだったね。

Paul McCartney announce 5

ー そのベルの音はどの曲に使われているんでしょうか?

『Hunt You Down』だと思う。あの曲には後からパーカッションを追加する必要があったんだ。そのベルは60年代から使われてるんじゃないかな。世界中を飛び回っている彼が、どこかでプレゼントされた楽器のひとつさ。彼はいつもこんな風に話してた。「これはナイジェリアの楽器で、これはアジアのどこかの国でもらったんだ。そのひとつひとつが、きっと素晴らしい物語を宿しているんだよ」

僕がスタジオの端に目をやると、「あれは『タックスマン』のソロを弾いたギターで、あっちのアコースティックギターは『イエスタデイ』を書く時に使ったやつだ」なんて話を聞かせてくれた。(Hofnerの)ベースは明らかにビートルズ時代から使い続けているやつだったし、いちファンとして興奮したよ。

ー アルバムに収録される16曲以外にレコーディングされた曲はありますか?

あるよ。多分20曲くらいレコーディングしたんじゃないかな。

ー 収録が見送られた曲も、いずれ発表されるのでしょうか?

そうなるんじゃないかって気はしてるよ。配信やストリーミングが中心の今は、いろんな発表の仕方があるはずだからね。形になりそうな曲はほぼ全部完成させたんだ。少なくとも20曲、もしかしたら25曲くらいあるかもしれない。

ー ライアン・テダーが1曲だけプロデュースしていますが、それはなぜでしょう?

彼が『For You』をプロデュースしているのは、スケジュールに関するちょっとした誤解が原因で、僕が作業に立ち会えなかったからなんだ。ポールはレコーディングを中止するつもりはなかったから、彼のマネージメントが急遽ライアンとコンタクトを取ったんだよ。あの曲はその時に生まれたんだ。

ー ポール・マッカートニーのプロデュースを手掛けた今、次に仕事をしてみたいアーティストは?ボブ・ディラン?それともニール・ヤング?

どちらも大好きなアーティストだね。そういう機会に恵まれたら素晴らしいと思うよ。でもポールと仕事ができたことは、僕にとってこの上なく大きな経験だった。愛するアーティストの多くが既に亡くなってしまっているだけに、彼の作品に携わったことは僕の誇りさ。


以上になります。Rolling Stone誌、翻訳、ありがとうございます。
また、最後まで読んで頂いたリスナーの皆さんに、ありがとうございます。

0

Happy Birthday!Party&Hard Rock CAFÉ!Paul McCartney、Ringo Starr

Happy Birthday!Party&Hard Rock CAFÉ!Paul McCartney、Ringo Starr

7月7日は七夕でしたが、皆さん、どのようなお願い事をしましたか?「雨が止むように!」「地震が発生しないように!」
大雨、地震の被害に合われた方、日常に戻れる環境が整う事が出来るように願っています…
「ロトが当たりますように!」って…それはどなたの言葉?(笑)、当ブログをご覧の方は、これでしょうね。
「ポール来日!」「ポール元気で!」「ニューアルバム早く聞きたい!」でしょう。そのポール、どちらにおられるの?と思っていたら、七夕の前日7月6日はLondonに居りました。


孫のArthur Donald君も一緒にアビーロードの地域であるSt. John's Woodsにいましたね。

Paul McCartney&Arthur Donald St. John's Woods1

Paul McCartney&Arthur Donald St. John's Woods

Paul McCartney at St. John's Woods 1

Paul McCartney at St. John's Woods 2

ポールのブルーのジャケット、決まっていますね!ん!?このジャケット、先日も見たような…これですね。

La Petite Maison Paul McCartney1

La Petite Maison Paul McCartney2

La Petite Maison Paul McCartney3

La Petite Maison Paul McCartney4

これは4日に、超高級・セレブの街であるMayfair(メイフェア)にあるフランス料理のLa Petite Maisonで誕生日パーティを開いていたようです。

La Petite Maison 1

La Petite Maison2

La Petite Maison3

La Petite Maison4

La Petite Maison5

このお店、La Petite Maisonはポールのお気に入りのお店なのかな…以前も来店しています。
なかなかの高級店のご様子で…私には縁が御座いません…どちらかと言えば、こちらの方ですね。


リンゴ・スター(Ringo Starr)が毎年7月7日に開催しているバースデー・イベント<ピース&ラヴ>。この日に皆で“ピース&ラブ”と声を掛け合い、平和と愛を考えようとアピールするイベント。リンゴは今回、フランス・ニースのハード・ロック・カフェから参加。当日はリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド(Ringo Starr & His All Starr Band)にも参加するスティーヴ・ルカサー(Steve Lukather)らがリンゴとともにパフォーマンスも行っています。

ハードロック・カフェ ニース Ringo Starr1


ハードロック・カフェ ニース Ringo Starr2

リンゴ・スターのバースデー・イベント<ピース&ラヴ 2018> 映像がアーカイブ公開


Happy Birthday Sir Ringo Starr!
今回はフランスで開催されたようです。ん!?どうしてフランスって…今、リンゴはツアー中ですので、その関係かな…
7/06 Monte Carlo, Monaco — Sporting Complex
7/08 Lucca, Italy — Piazza Napoleone
ですので、モナコ→フランス・ニースのハードロックカフェでは距離が近い事もあるのでしょうね。


ハードロック・カフェ ニース Ringo Starr3

ファンと一緒に祝う10th PEACE&LOVEってイイですね。日本でのイベントは如何でしたでしょうか。

今はそれどころではない方もおられますが、今後、次のポールから何らかの発表もあるかもしれませんので、それを励みに日常の気持ちを取り戻しましょう。

該当の記事は見つかりませんでした。