FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
3

PETA、H&M、Paul McCartney~H&Mやザラ、モヘアの使用中止を表明

PETA、H&M、Paul McCartney~H&Mやザラ、モヘアの使用中止を表明

ポール・マッカートニー PETA

サー・ポール・マッカートニーCH,MBEはミュージシャンとして活動するだけでなく、菜食主義者であり、そして環境保護活動家でもあります。そのポールが支援している団体に「PETA」があります。




エッ!知っている!?ペーター?ん!?それはアルプスの少女ハイジのペーターの事ですね(笑)。
PETAとはPeople for the Ethical Treatment of Animalsで、「動物の倫理的扱いを求める人々の会」でアメリカの動物の権利運動団体の事です。そのPETAが告発し、アパレル業界から支持を得られています。そのニュースをご紹介します。




H&M

H&Mやザラ、ギャップなどの衣料品大手がこのほど相次いで、モヘア素材の使用中止に踏み切ると表明した。南アフリカの牧場で、毛皮がモヘア素材に使われるヤギの虐待が伝えられたことを受けた措置。

これに先立ち動物愛護団体のPETAは、南アフリカの12牧場でヤギが虐待されていると伝えていた。南ア農務省によれば、世界のモヘア素材の半分以上は同国で生産されている。
PETAのビデオには、牧場の作業員がヤギを引きずり回したり、乱暴に扱ったりする様子が映っている。作業員が毛刈りを手早く済ませようとして、ヤギにけがをさせることもあるという。
けがや喉の渇きで死ぬヤギもいるとされ、まだ意識のあるヤギの喉をかき切って殺す映像も公開された。


H&MはPETAの報告を受け、「動物たちを大切に扱うことは我々にとっての最重要課題」と強調、2020年までにモヘア素材の使用を恒久的に禁止すると表明した。

ギャップも5月3日、傘下のバナナリパブリックやギャップ、オールドネイビーといったチェーン店の製品について、来年からモヘア素材の使用を禁止すると発表。ザラを展開するスペインのインディテックスは、2020年までにモヘアの使用を段階的に中止する。
ウール系素材を巡っては、2013年にもPETAの報告を受け、大手各社がアンゴラの使用中止に踏み切っていた。


H&Mやザラ、モヘアの使用中止を表明 ヤギ虐待の訴え受け

モヘヤ アンゴラ山羊


以前、ダウン(羽毛・がちょう)においても問題視されていましたが、山羊でも同じような事があるとは…残酷です。ヨーロッパ羽毛協会のように動物愛護の視点を持って欲しいものです。

ヤギと言えば…こちらのアニメかな…「アルプスの少女ハイジ」

ハイジ

ん…でもヤギって…羊の毛を刈ったら同じ様に見えるので分かり難い…

モヘヤはアンゴラ山羊の毛です。アンゴラ山羊だからアンゴラじゃないの!?と思うのですが、アンゴラはアンゴラ兎の毛なんですね。では羊の毛は…これはウールですね。

「山羊(やぎ)」は二字の漢字・ひらがな二文字なのに、「羊(ひつじ)」は一字の漢字でひらがな三文字って…日本語っておかしいですね。でもヤギは山羊と字の通り、山のような高い所に登るのが好きです。羊は山登りは出来ません。

紙を食べるのは山羊、紙を食べずに草を食べるのが羊。毛がある動物がいるからと言って、なんでもかんでも紙をあげるのはヤメましょう。インクが含有されていますので消化出来ません。あっ!最近、奈良の鹿に紙を差し出す外国人観光客がいますがヤメて欲しいです。

さて…そろそろ、山羊と羊とモヘヤとアンゴラ、ウールの違い、分かりましたか…エッ!?余計にややこしくなったって…そうですね…でも、これは分かりますよね!

そうです!ポール・マッカートニー&ウイングス「メアリーの子羊(Mary Had a Little Lamb)」



Mary loves the lamb, you know
分かりますね…ポールの気持ち…

該当の記事は見つかりませんでした。