FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

違いが分かる!?ポールのリイシュー・4シリーズ

違いが分かる!?ポールのリイシュー・4シリーズ

2018年度のカタログ・リイシューとして4作品が再販される事をお伝えしましたが、この4作品地味なのです…最新アルバム(と言っても2013年発売)のNEWがあるにも掛からわず、話題性がイマイチなんですね…そりゃそうかもしれません。ボーナス・トラックも別Ver、デモ曲も追加にないオリジナルそのもの過ぎて、このアルバムを初めて買われる方は、このリイシュー盤を買われるのかな?

それでも家電製品でもそうですが、「買い替え」って方はおられると思います。
私がもっているWings Greatestはレコードと昔のCDですので最新の音質で聞いてみたい気持ちはありますが…その音質の違いが私に分かるのか?ん…違いが分かる◯◯ってわけにいくかな…


ゴールドブレンド


本来なら、そろそろポールのニューアルバム発表!と行きたい所ですが…音沙汰なし…どうなっているのでしょうね…そして、こちらもどうなるのでしょうか?
第10弾まで発売されたアーカイヴ・コレクションです。次のアルバムが気になる所ですが、これまでのアルバム別発売日をまとめておきます。(赤色は既にアーカイヴ発売済み)


McCartney / ポール・マッカートニー('70)2011年6月発売
Ram / ラム('71)2012年5月発売
Wings Wild Life / ウイングス・ワイルド・ライフ('71) 
Red Rose Speedway / レッド・ローズ・スピードウェイ('73) 
Band On The Run / バンド・オン・ザ・ラン('73)2010年11月発売
Venus And Mars / ヴィーナス・アンド・マース('75)2014年11月発売
Wings At The Speed Of Sound / スピード・オブ・サウンド('76)2014年11月発売
Wings Over America / ウイングス・オーヴァー・アメリカ('76)2013年5月発売
London Town / ロンドン・タウン('78)
Back To The Egg / バック・トゥ・ジ・エッグ('79) 
McCartney II / マッカートニーⅡ('80)2011年6月発売
Tug Of War / タッグ・オブ・ウォー('82)2015年10月発売
Pipes Of Peace / パイプス・オブ・ピース('83)2015年10月発売
Give My Regards To Broad Street / ヤァ!ブロード・ストリート('84) 
Press To Play / プレス・トゥ・プレイ('86)
Flowers In The Dirt / フラワーズ・イン・ザ・ダート('89)2017年3月発売
Off The Ground / オフ・ザ・グラウンド('93)
Flaming Pie / フレイミング・パイ('97)
Run Devil Run / ラン・デヴィル・ラン('99)
Driving Rain / ドライヴィング・レイン('01)
Chaos And Creation In The Back Yard /
   ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード('05) 
Memory Almost Full / 追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル('07) 
NEW / NEW('13)

こうして見ると、Wild&Red、London&Back、Give&Pressと2作品セット発売になりそうな感じがしますが、プレスまでかな…
私としては、カンボジア難民救済コンサートのアーカイブなんて言うのを期待しています。

2

ポール・マッカートニー2018年度カタログ・リイシュー4タイトルが5月発売

ポール・マッカートニー2018年度カタログ・リイシュー4タイトルが5月発売

私が初めて購入したポール・マッカートニー(ウイングス)のレコードは、Wings Greatestです。なぜ、そのレコードにしたかと言うのは、ベスト・アルバムであった事と、収録時間が54分もある事が帯に書いてあったからです。こんなに長い時間が収録されているアルバムはポールやビートルズ(ホワイトなど2枚組は除く)のレコードはありませんでしたので、お買い得感に魅了されたのでしょうね。その懐かしい「Wings Greatest」がレコードとして再発売される事が発表になりました。

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の2018年度のカタログ・リイシューとして、MPL/Capitol(日本はユニバーサル ミュージック)より4タイトルが5月18日に発売されます。作品は『NEW』、『Chaos And Creation In The Backyard』、『Wings Greatest』、『Thrillington』

ポール・マッカートニー2018年度カタログ・リイシュー4タイトルが5月発売


CD(輸入盤はデジパック、国内盤は初の紙ジャケット&SHM-CD仕様)価格:各2,667円+税
180グラム重量盤LP(黒盤)ダウンロード・カード封入価格:各4,000円+税
UNIVERSAL MUSIC STORE限定で180グラム重量盤のカラー・ヴァイナルLP、ダウンロード・カード封入・価格:各4,500円+税


ポール・マッカートニー2018年度カタログ・リイシュー4タイトルが5月発売カラーレコード


ん!?どこかで聞いたことがある販売パターン…って、そうですね。こちらです。

The Paul McCartney Archive Collection by MPL/CAPITOL/UME

カラーヴィニールorカラーレコード、どっちがどっち?


重厚なアーカイヴ・コレクション(略・AC)よりも、こちらの方が生産・販売しやすいのかな…カラーレコードと言うのも魅力なんですね…そう言えば、前回のアーカイヴ・カラー・レコード・ユニバーサル限定盤あるのかな…と思いユニバーサルHPを見てみると…限定盤ですがありますね。

で、今回のシリーズ、5月18日発売されますが、完売して在庫がなくなるのか?ん…限定と言いながら、まだ前回のシリーズも在庫があるって事は…

あるとおもいます

この流れで、この画像…ちと古かったかな…

そんな事よりも、このタイミングで、この4シリーズと言うのが意外というのか、なぜ?って感じですが、この4シリーズの共通点があります。それは、第10弾まで発売された重厚なACでは発売されていない事です。つまり、この4シリーズは重厚なACでは発売されない!?って暗示なのか?

それでもカラーレコードは見ても楽しい、飾って嬉しい、聞いて…

ひできカンゲキ

って…またしても、懐かしのフレーズ…

でもCapitolとして売り急いでいるとしても、それなら、あの重厚なACをもっと短期間で発表してくれた方が嬉しいですね。次回の重厚なACはまだかな…何かな…

0

マライア・キャリー来日決定!注目はVIP SS席 100,000円!話題は!?

マライア・キャリー来日決定!注目はVIP SS席 100,000円!話題は!?

マライア・キャリー来日決定!注目はVIP SS席 100,000円!話題は!?

昨晩に、この方の来日が発表となり、「ほ~」と思いましたね。その方は…マライア・キャリー!
マラリア・キャリーではありませんよ…これだと感染症のある寄生虫か…失礼…きゃりーぱみゅぱみゅでもありませんよ…ん!?彼女は先日、ケイティ・ペリーの来日公演時にツーショットを紹介しています。


ケイティ・ペリー きゃりーぱみゅぱみゅ

良いツーショットですね。しかも公演には定評のあるケイティ・ペリーの来日公演ですから盛り上がっていますね。衣装替え、デザイン、セットも他のアーティストと違います。
で…話を戻しまして、マライア・キャリーですが、話題はVIP SS席 100,000円(税込)がある事です。


The Number 1's Tour マライア・キャリー


ポールの2013年来日公演で初めて、VIP席と言うのがある事を知りました。ポールの場合は、サウンドチェック&本公演アリーナー前方で観れると言う魅力的な内容です。そしてグッズもVIPオリジナルである事も嬉しいですね。海外公演では更に料金が高くなりますが、ディナー付きとの内容も魅力的です。然しながら、公演によって食事の内容が異なり当たり外れあり。

今は色々なアーティストがVIP席を設けるようになりました。今回のマライアのVIP・SSは、ミート&グリート・写真撮影/アリーナ前方指定席/グッズ付きです!これはファンにとっては魅力的ですね。マライア程のビックアーティストが、日本で海外と同じようなVIPを設けている事は有り難い事ですね。
しかし、このような注意事項も…「マライア・キャリーとのミート&グリートは終演後を予定しているが、場合によっては変更の可能性もあり。」って…なんだ!?この案内は!?これでは、最後の最後までファンはハラハラしないといけませんね。


そのマライアですが、最近は激太りの事に注目されている事が多いのですが、私は昨年から、このポスターが気になっていました。
Lionel Richie: All The Hits With Very Special Guest Mariah Carey


ライオネル・リッチー マライア・キャリー


横になっている…と言うか、寝そべっていると言うか…誘惑していると言うか…悩ましいポーズですねよ…って…そんな話ではありません。
ライオネル・リッチーとの共演公演を2017年から行っているのですが、北米22公演の観客動員率が84%。14,000人のキャパに9200人と62%の時もあり苦戦している様子もチラホラ…
でも、ライオネル・リッチーとの共演来日公演だったら、更に魅力的だったと思うのですが。





でも、この公演の動画、座っている時間が多くて、動きが鈍い…ん…と言う感じもしますが…この体格ですので仕方がないのかな?日本公演は10月末ですので、まだ期間がありますし、日本公演の前にThe Number 1's Tour ・オセアニア公演(2月・5公演の予定が、国際契約の為に10月・4公演に変更)もあるので、かなりダイエットして来るのでは?と思っています。もしダイエットに成功したら、スゴイ話題になるでしょうね。

The Number 1's Tour


日本公演の広告はこれですが、The Number 1's Tourの画像は使わないのかな?いや、使えないのかな…?

マライア・キャリー2018来日




…って、結局、マライア・キャリーの体格の話になってしまいました(失礼)。

0

Unseen Photographs Of The Beatles Have Fetched £250K At Auction

Unseen Photographs Of The Beatles Have Fetched £250K At Auction

3,700万円あったら何を買いますか?
家?マンション?株?Bitcoin?スポーツカー?ダイヤ?世界一周?それとも「幸せ」か「ゆめ」?…NA~んて、有りもしない事から始まりましたが、エッ!?まさか…管理人さん…もしかして…ロト?宝くじ?競馬?が当たった!?NA~んて事ありませ~~~ん!でも3,700万円があったら、このような写真を購入される方もおられるのですね。


前のブログを見てから…

ビートルズの400枚以上の写真は…さて、How much!



ビートルズ 64年アメリカ公演 400枚以上の未発表写真がオークションへ3

ザ・ビートルズが初めてアメリカを訪れた際に10代によって撮影された300点を超える未公開写真がオークションで25万ポンド(約3700万円)で落札されている。

マイク・ミッチェルによる写真は1964年にワシントンD.C.とバルチモアで行われた有名なザ・ビートルズのライヴを撮影したものとなっている。『ガーディアン』紙によれば、413点のネガが25万3200ポンドで落札されたという。このうちの46点は以前に公開されている。

当時、マイク・ミッチェルは18歳で、1964年2月に放送された、かの有名な「エド・サリヴァン・ショー」のパフォーマンスに感銘を受けたという。「できるだけユニークなことを思いつかないか、ものすごく駆られたのです」

フラッシュは使えなかったため、マイク・ミッチェルはバンドはワシントン・コロシアムに到着した時に自然光でバンドを撮影している。9月に行われたバルチモア公演ではステージに上ることで、よりよい撮影ポジションを獲得できたという。

ビートルズ 64年アメリカ公演 400枚以上の未発表写真がオークションへ2

ビートルズ、当時10代の男性が撮影した写真が約3700万円の値をつけることに ~ NME JAPAN

ビートルズ 64年アメリカ公演 400枚以上の未発表写真がオークションへ1


落札金額としては、「35」でなくて、「25」万ポンド強ですので、当初の予定金額通りで順当なオークションと言えるのかな…413点のネガが3,700万円だから、1ネガ・9万円弱…ん…多くは買えないが、1ネガ位だったらお気に入りのネガを購入したいですね。

例えば…ポールの日本公演でSC時に、夫婦でボードを掲げた時にアップで撮影されたMJ・KIMさんのネガだったら購入したいです。
ん…購入出来なくても、MJ・KIMさんのPaul McCartney Photoを、じっくり見たいので、日本で個展でも開催して欲しいです!


主催金額は3,700万円!?それはちょっと…チャリティでは如何ですか?

2

March for Our Lives:Paul McCartney references John Lennon at march

March for Our Lives:Paul McCartney references John Lennon at march
銃規制要求デモにポール・マッカートニーが参加、凶弾に倒れたレノンをしのぶ

久しぶりのブログ更新は、このニュースから…

私たちの命のための行進1

CNN JAPAN

全米800カ所、数十万人が大規模デモ 銃規制求め行進
米首都ワシントンで24日、「マーチ・フォー・アワ・ライブズ(私たちの命のための行進)」と題して銃規制を求める大規模なデモが実施された。


私たちの命のための行進3


デモは、先月14日に銃乱射事件が起きたフロリダ州マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒らが主催し、数十万人が参加。全米の800カ所以上と国外でも、これを支持するデモが展開された。
ワシントンでは、連邦議会議事堂付近の会場を埋め尽くした参加者を前に、同校の男子生徒が事件で死亡した級友や教師の名前を読み上げた。


私たちの命のための行進4

別の生徒は、中間選挙を前に「権力者たちが震えているのが聞こえる」と述べ、銃規制に抵抗する「全米ライフル協会(NRA)」の支援を受ける政治家に対して「履歴書を用意しておいたほうがいい」と警告した。
NRAは同日、フェイスブックにメッセージを投稿。このデモについて「銃嫌いの富豪やハリウッドのエリートたち」が若者たちを操り、武器所持の権利を定めた憲法修正第2条を「破壊」しようとしていると批判した。


私たちの命のための行進2

公民権運動の指導者、マルチン・ルーサー・キング牧師の孫、ヨランダ・リネー・キングさん(9)も参加者の前に立ち、「私にも夢がある」「もうたくさんだ」と訴えた。
2012年に銃乱射事件が起きたコネティカット州の小学校の教師も参加し、当時は銃規制を訴えても変化がなかったと振り返った。


私たちの命のための行進5

トランプ大統領はフロリダ州の別荘で週末を過ごしているが、ホワイトハウスは声明で、表現の自由を定めた憲法修正第1条を行使する「勇気ある多くの若者」を称賛し、「子どもの安全を守ることが大統領にとって最優先だ」と述べた。
主催者らは、コロラド州のコロンバイン高校で銃乱射事件が起きてからちょうど19年となる4月20日にも授業ボイコットのデモを計画し、各地の高校生らに参加を呼び掛けている。



このニュースだけでも、もっと報道されるべくニュースだと思いますが、様々な方が参加されています。

March for Our Lives 1

March for Our Lives 2

March for Our Lives 3

2March for Our Lives

1March for Our Lives

そして、この方も…



MarchforOurLives ポール・マッカートニー

Paul McCartney references John Lennon at march4

米国現地時間24日、首都ワシントンでは数十万人規模の銃規制要求デモが行われているが、全米各地でも抗議活動が多発。ニューヨークで行われたアワ・ライヴス運動のデモにはポール・マッカートニーが参加した。「この辺りで親友の一人が銃の暴力によって殺された。これは私にとって重要なことなんだ」と、1980年に銃で殺害されたジョン・レノンをしのびつつ語った。

Paul McCartney references John Lennon at march3


デモ行進を報じたCNNとの短いインタビューで、マッカートニーは「We Can End Gun Violence(銃の暴力を根絶できる)」と書かれたTシャツを着用し、この抗議活動や銃規制を訴えるその他の活動が最終的に銃の暴力を根絶やしにすることが可能かどうか確信は持てないとしつつ、「私たちにできることはこれだ。だから私はここにいる」とCNNに語った。そして、ニューヨークのデモ行進に参加したのは「みんなを支持したかったから」と説明した。

Paul McCartney references John Lennon at march5


何千人という学生たちが銃による暴力の根絶と銃規制法の強化を求めて行ったデモ行進には数多くのアーティストやセレブリティが参加し、マッカートニーもその一人だった。

Paul McCartney references John Lennon at march1

Paul McCartney references John Lennon at march2

Paul McCartney references John Lennon at march6


首都ワシントンで行われたデモ集会には、アリアナ・グランデ、マイリー・サラス、デミ・ロヴァート、リン=マニュエル・ミランダなどが参加。さらにベン・プラット、ヴィック・メンサ、コモンがステージに登場して、銃暴力の被害者たちのスピーチの合間に音楽を披露した。スピーチを行った学生の中には、フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の襲撃事件の被害者たちもいた。

RawlingStone





この運動が一過性でなく継続した運動として続くことを願っています。

該当の記事は見つかりませんでした。