FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

Hoboken NA ゆめ参加

Hoboken NA ゆめ参加

当ブログの嬉しい事はアクセスや拍手、オフ会による交流などもそうですが、多くの方からのコメントも嬉しいことです。そして、USツアーに実参加された ゆうけい様、tawatawa様からNYから連絡を頂き、感謝しております。そして、USにお住まいの方からコメントを頂けるとは、これまた嬉しい限りです。

hobokenjin 様、NYの生々コメントを頂き、ありがとうございます。
そのコメントについて、更にその内容を楽しめるように、私の勝手な解説を付けてみました。



ポールが、言い訳した後気づいたのは、いつもはクールで汗かないような、もしくは目立たないシャツなのに、ブルーのシャツは、汗めだってたことです。

→ 9月27日のニューヨーク州にあるユニオンデールのナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアム公演(NYBC)の時ですね。今ツアーではブルー系のシャツを時折見掛けます。これまで鮮明な画像で脇部分に汗を書いている事を見掛けた事がありますが、公演参加で実際に目に出来るとは!
日本公演ではステージと観客席の間が離れすぎています。ところが、NYBCもそうですがUSの会場はステージが目の前!!必然的にポールがよく見える。これは最良ですね。


the Nassau Veterans Memorial Coliseum Paul McCartney


トーク中、ロンドンのチャーリングクロスと言ったら、キャーっと声援きたので、なんだ、君たちは道の名前聞いて興奮するのか、とコメント。

→ ファンの方が、キャー!って言ったのは、どうしてかな…?何でも反応するファンの特性?それともハリーポッターに関連している所に近いから?
チャーリングクロスって駅もあるのですね。でもポールが言った「チャーリングクロス」はCharing Cross Roadの事ですね。ポールは、ファンの反応に対して上手にユーモアで返しますね。


Charing Cross Road

Charing Cross Road ロンドン

アビーロードの近くですね。

Charing Cross Road map


そして、ミスターカイトの後で、昔はレーザー怖くてさ、レッドゼッペリンが使いだした時、危ないことするなと思った、と言って、だって、ゴールドフィンガーの映画よく見てるから、とのこと。

→ ジェームズ・ボンドがゴールドフィンガーにつかまって、レーザービームで焼き殺されようとするシーン!
しかも、ボンドの「あそこ」を狙っているのでは?こりゃ怖い!


GOLDFINGER007

そう言えば、レーザービーム光線って、相手を倒す秘密兵器だったな~子供の時に、そんな事を叫んで遊んでいたような…(笑)ポールってオモロイ事、言いますね!


気持ちが温かくなるポールのコンサート、飽きることってありません。そして、ステージに上がったカップルの女性は、私の後ろの列で、カメラマンキムさんと、PS さんが、アンコール前トーチ持って探しに来ていました。

→ この日、ステージに上った方がいたのですね。話題にならないので分かりませんでした。でも、わざわざキムさんもSPの方も探される!?そんなに目立っていたのですか?アリーナの中列位の座席?ところで、ステージに上がられる理由があったのでしょうか?
しかも、hobokenjin 様の後ろとは惜しい!!もしかして「私?」と思われませんでしたか(笑)。



と…勝手な解釈を追加致しましたが、まあ当たっているかどうかは別として、ポールのコメントで楽しめる方は羨ましい~!

該当の記事は見つかりませんでした。